投資競馬の始め方 - プラス回収率にするためのルール

投資競馬って何なの?

みんなの投資競馬では、『競馬理論』『投資理論』『人工知能(AI)レースレーティング』『エージェント』『マインドセット』という5つから構成されています。

代表である伊藤 雄二の目標は、一生に一度の高配当に引き合わせる情報を提供すること。

実際に1000万円オーバーの払い戻しを受けた方も少なくないため、あなたの才能をフルに発揮することができます。

投資の世界では年間の利回りが10%なら大成功の部類ですが、資本がオッズに与える影響力が大きい競馬ではそう単純にはいきません。

そのため、コツコツと勝つだけでなく、普通では手が届かない信じられないような配当を得るという信念が投資競馬にはあります。

そのオッズゾーンを主戦場とするために、あなたの優れた資質やスキルを活用する必要があると成功者の法則から学びました。

その理由は、私とあなただけの強みを発揮した時にだけ信じられないような配当がもたらされるからです。

これこそ、あらゆる文献をあさり成功者にあてはまる法則でした。それは世界的な企業に共通していることでもある。

マイクロソフトにはゲイツとアレンいました。ビル・ゲイツだけが有名ですが実力を支えるパートナーもいたのです。

IT革命のジョブズにはウォズニアック、7兆円の資産を持つバフェットにはマンガー、ソニーには盛田と井深、ホンダには本田と藤沢がいました。

彼らの高い能力を生かすには、余計な時間に追われないためのパートナーが必要だったのです。

あなたの能力は、競馬新聞やJRA-VANを活用するだけでは十分に生かしきれていませんでした。

あまりに「余計な情報」というノイズやデータを取り除いたりなどの雑多な作業に時間を追われていたからです。

そういった面倒なことは私たちが引き受けることで、あなたは能力をフルに生かした馬券構築に取り組めるようになります。

何もかも自分の能力だけで賄おうとすれば、おのずと成功から遠ざかっていくことは間違いありません。

 

みんなの投資競馬の特徴とは?

みんなの投資競馬では、競馬で勝ちたい人が全員で協力して今までにないレースレーティング技術を創り上げてきました。

優れた馬を見つける競走馬エージェント、確かな実力を持つネット予想家が持つ優れたノウハウを理論化したのです。

そして、競馬を勝ちやすくする方程式にたどりつくことができました。

データ分析【8割】+ 資金管理【2割】 = あなただけのオッズゾーン構築

あなたは、資金管理という2割の軽い負担だけで健全な競馬予想を手に入れることができます。

競馬新聞やJRA-VANを利用するより良質な情報をえることができ、かつ短時間で済んでしまうのも大きな特長の1つ。

そして、9割の方が回収率の向上を実感している! 経験の少ない初心者や時間のない会社員の方に喜ばれています。

予想屋と違うポイント

  • 結果を残してきた選りすぐりの専門家集団
  • 独自データマイニング技術を確立
  • 小資金からのステップアップが可能
  • 投資の基本が身に付く
  • 自分だけの競馬必勝法に取り組める

資金管理とは何か?

資金管理とは、英語で言えば【マネーマネジメント】になります。

競馬では、『馬券戦術の策定』『買い目の抽出・カスタマイズ』『資金配分』『収支管理』を意味します。

優秀な予想家の意見は似ているのに買い目となると違ったものになり、そしてそれは回収率の差となって現れてくる。

このような事例が意外と多いことに気づいたことで資金管理の重要性に注目するようになりました。

つまり、この資金管理こそ、あなたの強みが最大限に発揮されるポイントだということです。

たとえば、あなたが血統に詳しいのなら、その深い見識から見出した買い目を抽出・カスタマイズする。

え、それって予想でやることでしょ?と思われるかもしれないですが、それは大きな間違いです!

資金管理に適用することが正しく、それがプラス収支をもたらす唯一の利用法になります。

そう、ほとんどの人はデータ分析と資金管理がゴチャ混ぜになっているのです。だから強みがなく勝つこともない。

私は、独自技術【クラスリビルド】から抽出された各クラスの実力馬を活用することで作業をよりカンタンにしてきました。

一部にだけ存在する高い付加価値を持った馬だけに集中することができるため利益効率はさらに向上します。

 

投資競馬の利益獲得ロジック

よほどの本命党でもいざ利益が作れるようになると穴党に走りだします。もちろん、そのチャレンジはすべきです。

その時に意識するようになることでもっと回収率は向上していくかもしれません。

回収率を作る2割の買い目を意識する

投資競馬では、的中率にこだわるのではなく、馬券を当てた時の最大利益にこだわってきました。

「競馬は的中率100%を目指すと控除率を引かれて残る回収率75%になる」

最も安全な方法で回収率5%を上げると的中率は50%に半減しました。それほど回収率1%の価値は尊く重いものなのです。

だからこそ利益を伸ばすコツが必須になる。そして、それは今ここで明らかにすることができます。

それは、回収率を形成する2割の買い目を意識すること。

どんな人でも、回収率に貢献している買い目は2割程度しかないのです。

もし、2割でなく5割の人がいるとすれば、それは本来得ていたはずの利益を逃している可能性が高いでしょう。

そう、何の考えもなく的中率を高くすると獲得できたはずの利益を逃してしまうことがあるのです。

みんなの投資競馬では、軸馬と穴馬と分けて考えることで重視すべき買い目を明らかにしようとしてきました。

8割の買い目を最小限に抑える

残り8割の買い目も同じく重要であり軽視してはいけません。

なぜなら、『買い目を抑える』『投資額を抑える』などリスクヘッジをかけられるポイントだからです。

そう、投資競馬は、『2割の攻め』と『8割の守備』という馬券の買い方を基本としてるわけです。

このバランスは投資競馬でのみ通用する最もシンプルな購入ルールと言えるでしょう。

このフレームに、あなただけの強みを反映させることで干渉の少ない自分だけのオッズゾーンを築くことができる。

何回も試行錯誤することになりますが、それをやるだけの価値があります。

もしかしたら購入を自動化できる競馬必勝法が見つかるかもしれないのですから。

シンプルな購入ルールの策定

投資競馬のメリットは、なんといっても自分の強みに集中できること。

最も費用と時間のかかるデータ分析は当方が負担するため、あなたは資金管理に時間のほとんどを使うことができます。

あなたのオッズゾーンを構築するために、あなたが得意とする、たった1つのファクターを見つけて下さい。

この得意とは回収率で良い結果をだせるファクターという意味になります。

JRAは十分な情報を提供していないことから、私のデータ分析で全てを解き明かせるわけではありません。

それでも少量の真実により十分な配当を得ることができますし、あなた次第でさらに配当を引き上げることもできる。

このことにじっくりと取り組むだけで購入ルールが確立できれば、それをルーティン化して自動購入することも可能でしょう。

競馬予想におけるルーティン。それはプラスにするための手順を踏んで馬券を買うことを意味しています。

このルーティンを使えば、あやふやで気まぐれな感情に振り回されず【勝利のプロセス】を実行し続けることができる。

このプロセスこそ、あなただけに味方する競馬必勝法になりうるもの。

それに挑戦して持続的な利益を手に入れるか、それとも笑い飛ばして無視するかはあなた次第です。

ファクター事例

  1. 初心者の見方
  2. 外厩
  3. 指数
  4. パドック
  5. 返し馬
  6. 枠順
  7. 馬場読み
  8. 関係者の思惑
  9. レース展開
  10. レースラップ
  11. オッズの動き
  12. 血統
  13. 関係者の思惑
  14. 脚質
  15. 斤量
  16. 天候
  17. 気温
  18. 調教
  19. コース適性
  20. 騎手
  21. 馬主
  22. 生産者
  23. 厩舎
  24. 上がり3ハロンタイム
  25. 自分の経験・感性
  26. 投資理論の応用

 

思考を変えてメンタルを強化する

競馬はシステム的に負けて当たり前でありプラス収支にできる人が優秀すぎるだけです。

そのプラス収支の人たちも初めはどん底を経験するほど負けていたことは想像に難くありません。

では、なぜ繰り返される負けから這い上がりプラスに転じることができたのでしょうか。

そのヒントは、北米証券監督者協会(NASAA)による統計データにありました。

このデータにより「ワクワクするほどポジティブに投資できる人が最もプラスになりやすい」ことが分かったのです。

つまり、投資で損しても悲観することなく前向きさを保ち、自身に訪れる利益を信じてやまない人が勝っていた!

人間は利益より損しないことを重視してしまうことはノーベル賞を受賞したプロスペクト理論により明らかにされています。

この性質のおかげで長いこと勝つ見込みの少ない馬券なのに買い続けるという矛盾が成立してしまうのです。

これは本能なので意識できなければ負けるための馬券を自動購入し続けることになってしまう。

人は論理的に行動しているというのは誤解であり、ほとんどの人は馬券を買いたいから買っているに過ぎません。

それは、食べたいから食べる、眠りたいから眠ると同じ原始脳による欲求に応えているだけなのだから勝てるワケないんです。

そして、それはゴミを捨てるかのように自動操縦された無意識の思考で行われているので止めることができません。

そこから抜け出すためには、まず自分が間違っていることを認めて「成功者のマインドセット」を手に入れ習慣とする必要があります。

成功者が必ず持つマインドセット「成功は失敗の友」

馬券で負けると落ち込む人がほとんどではないでしょうか。負けに慣れた私でも連敗を重ねれば気分が落ち込みます。

それが人間であり感情を殺すことなんてできません。だから自分でコントロールするための考え方を身に着ける必要がある。

負の感情にとらわれた時はどうするべきか? 結局、勝つためにやるべきことを100%やるしかないのです。

なぜ負けたのか、しっかりと敗因を分析して次につなげていく作業をしていくのみ。

投資や企業経営テクニックの1つに『素早く小さく負ける』というのがあります。

こうすることで原因究明が分かるようになり長期的に見れば小さな損失で抑えることができる。

それとは正反対の考え方もあります。

『もうイヤだ。寝て忘れてメンタル回復しよう!』

馬券で負けている人がよくやっていることです。せっかく原因究明の機会を得たのに自ら台無しにしてしまう。

これこそ本当の大損と言えるのではないでしょうか。せっかく勝利につながる貴重な負けを買ったのに台無しにするんだから。

やるべきことをやっていれば逆転のチャンスがあることは先人の勝ち組を見れば明らかなこと。

エジソンは1万通りの負けを知ったことで最終的には勝ちに転じました。自ら負のサイクルを作り出してはいけません。

後天的な努力で勝利が決まる!

投資競馬は先天的な資質は関係なく後天的な努力の方が重要になります。

特別なセンスなんていらないですし天才である必要もありません。

むしろ、誰よりも優れた競馬予想家になろうとすると競馬で勝つための原則からは遠ざかってしまう。

私にふさわしい能力がないと一度でも思ってしまえばカンタンに努力を怠るようになるからです。

あなたが東大生より勉強ができなかったとしても投資競馬では勝てるかも知れません。

その可能性を追求できるかはあなたの心持ち1つです。

競馬で勝つために必要なのは、『期待値を生かすために長期戦略を実行する』こと。

30年前までは競馬場やウインズで馬券を買いにいくのが普通だったので勝って帰りたい人であふれていました。

その中で勝ち続けた人がとった馬券戦略をご存じでしょうか。それは

『実力馬の人気が落ちた理由を把握できた時に買う』

というものでした。長ければ何か月も平気で見送り自信のある馬だけで勝負していくだけ。

これで大勝ちできるわけではないものの、自身の能力を冷静に見極めている点で見事な戦略と言えるでしょう。

投資競馬はいくらから始められるのか

実験的にレース数と投入資金を抑えて検証したところ、1レースの最低金額として500円は必要だと感じました。

この最低額を基準にすると1日4レースで1年間に必要な資金は約20万円になります。

この金額には払い戻しも含まれるため、もう少し小さくても始めることは可能かもしれません。

このような小額投資でも利益が見込めるのは、AI技術クラスリビルドにより買うべき対象が把握できるから。

軸馬と穴馬の最小構成でもプラス収支を達成してきたからこそできる芸当と言えます。

もちろん資金が多いほど有利になりますので、投資サイズが大きくなれば3連単での運用で利益拡大のチャンスが見込めます。

投資競馬の基本戦略

投資競馬では〝余計に負けないこと”を戦略の土台として理論体系が作られてきました。

ほとんどの人は短期的な視点のせいで買い過ぎているため「損失>利益」という構図になっていることに気づいていません。

ただし、勝つためには損をだすような勝ちに行く投資も行う必要があります。そのために普段から余計に負けないことが大事になる。

そこでは自分自身を100%理解していなければなりません。どのようなレースが得意で利益になるパターンはあるのか。

データで見るのは競走馬だけではありません。自分自身の経験をデータを通して見つめていく冷静さが求められてきます。

投資経験はズバ抜けて価値が高いものです。株式投資では、この経験を得るために多くの人が損失をだしてきました。

なぜこれを行うのか1つ1つ明らかにしていくことで株式でも通用する良質経験を手にすることができます。

あらゆる技術をリスクヘッジのために活用する

全レース買ってマイナスにならないのは圧倒的なオッズ優位性を確保できた時だけです。

競馬は情報格差が少ないため意図的に作りだしたという事例は見たことがありません。

3連単の発売当初はよく買われる目とそうでない目に分かれる、いわゆる『オッズの歪み』が発生している状態でした。

そのため予想せずに買い方だけでプラスにできる時期がありましたが、今では市場の成熟と通用控除率の見直しで是正されています。

そこで私が目指したのは、レースと買い目が厳選できるリスクヘッジ型の投資競馬でした。

結局のところ回収率を作る重要なレースは購入したうちの2割に過ぎません。

そこに効率よくアクセスできれば少ない資金とレースでも爆発的な収益が可能になる。これが投資競馬の理想です。

一般的な競馬予想法で負ける人の戦略

株・FX・競馬に関わらず負ける人の戦略は共通していることに気づきました。

それは、1~数レースという短期間で資金のほとんどをつぎ込んでしまうこと。さらに酷くなると熱くなって負債を作ってしまう。

このような有り金を突っ込むだけの馬券では手法が生み出す期待値を生かすことができません。

これなら1レース100円単位の豆券戦略の方が遥かに優秀です。少なくとも長期的な視野でプラスにするための行動ですから。

投資競馬では『小さく負ける』ことを推奨してきました。特に変化の速い競馬では価値あるテクニックと言えます。

負けが込んできたら投資サイズを小さくし何かエラーがあるのかを見直す。一般の人は、まずやらないと思います。

自分自身の許容範囲を超えた資金を賭けるというのは、まさにギャンブルであり漫画の世界でしか成功はありえません。

また、安易な安全思考から生まれるリスクを避けるだけの戦略も最悪です。

日本は極度の安全思考にとらわれた結果、20年間も経済成長せず世界から取り残されました。

その結果、会社の給料は減り、税金だけが右肩上がりという状況が生まれました。この身近な教訓を生かすべきでしょう。

リスクとは自分の手の内でコントロールするもの。それを放棄すれば自身の成長は止まり利益も失われ衰退が始まるのです。

株式投資の平均サイズは資金の2%

世界的に投資家たちに用いられるのが年間資金の1~5%を1回の購入で使うという資金管理法になります。

年間資金10万円なら1回の馬券購入は2,000円までにする。資金が減っても増えても2%という購入ルールを守っていく。

これを守ることで連敗への耐性、逆境からの巻き返し、退場せずにチャンスをものにする環境を手に入れました。

ただ、競馬は株式よりも予測が可能なため、自信度や得意パターンに適したルールを別に用意してもいいかもしれません。

しっかりとした購入ルールを事前に決めておけば不必要な負債を背負うなんてことは避けられます。

これはギャンブルバイアスが強い人には物足りなく感じるようですが、どちらが正しいかは自分自身で決めてください。

50%の損失と50%の利益はイコールではない

数字の意味を感覚で処理する人はいたって健常者の思考ですが投資においては落とし穴になります。

資金の50%を失ったら何%の利益をだせばカバーとなると思いますか?

これを聞くと感覚的に50%という人が多いのですが、実際は100%の利益をださないと取り戻したとは言えません。

そう、利益を作るということは2倍の労力が必要であり、だからこそリスクコントロールの必要性が叫ばれるわけです。

いかに負けないかに集中することで自動的に勝つための行動を浮き彫りにし、今までの悪習を無理なく改善できました。

こういった地味な作業では大きな利益は生まないものの、投資の8割に影響力を持つため軽視すれば負けやすくなります。

利益拡大は自分の強みとイコールである

この社会では役職や特別な資格といった強みで給料が決まってきますが、それは投資の世界でも同じです。

あなたが会社に採用された時には履歴書や学歴などのデータ分析を通して判断が行われました。

そして、入社してからは自分の強みを最大限に発揮した人が出世していくことで見合った利益を手にするのです。

このように実力世界における利益拡大では、自分の能力が発揮することが独自の優位性を築くことにつながります。

今まで血統に詳しかったけど従来の競馬予想で生かせない人は相当数に上りました。

それは、私から見れば当然の結果です。なぜなら、競馬予想の8割を占めるデータ分析が十分ではなかったから。

ほとんどの場合、過去レースのデータ傾向とファクターからの見方がリンクできていませんでした。

それを統合的に行い評価として表記するのがクラスリビルドという世界に1つの技術になります。

投資競馬の環境に移っただけで劇的な変化を遂げた方もいますので、すでに得意分野を持っている人は有利と言えるでしょう。

時間の短縮という利益は必ず手に入る

物事に習熟するというのは必ず時間が必要になります。投資家では5~10年が目安になるそう。

投資競馬での一番の利益は時間です。1年目で慣れ、2年目ではやりたいことが分かってくるでしょう。

あなたの時給が2,000円であるなら、どれくらいのお金を節約できるでしょうか?

また、一番コストと時間が必要な『データ分析』で一定の成果が期待できる恩恵も利益と言えます。

しかし、世界的にデータサイエンティストは不足しており、AIと合わせて伸びていく分野ですが日本は成長していません。

参考:総務省

この分野でいち早く技術を確立できた恩恵は、あなたの利益にも直結し今までにないチャンスをもたらす可能性であふれている。

MITのウィンストン教授が研究してきたAIは多くの産業に影響を与えています。

これから『AIを使役できないものは失職と賃金の低下を恐れ続けることになる』という警告も聞かれるようになりました。

これから訪れる一大転換期ではAIを味方につけた人が価値ある人生を手にします。

あなたの価値を最大化するためAIが生み出す時間を有効活用してください。

あらゆる券種を活用する

どう買うのが最適か、この答えはAIでもだせないというのが私の結論です。

なぜなら、そこには創造性が必要であり、1つの答えにしか示さないということに疑問を持っているから。

3連単の数だけ決着パターンがあり、その中でどれが可能性が高いかは分かるでしょう。

しかし、可能性1%の買い目が自分にとっての最大のチャンスだったとしたら?

そこで可能性が低いからと買わなかったことを後悔するに決まっています。

だからこそ、あらゆる券種を買うことでリスクヘッジしつつチャンスを最大化することを考えてきました。

どれが最適かなんて考えは捨てて後悔しない行動を心掛けられるのは人間だけ。AIには到底マネできません。

ゲームのように楽しめる人は強い

何度もコインを投入してゲームを上手くなろうとする人なら投資競馬で挫折することはありません。

最初は下手でも多くの失敗を糧に自己成長を遂げ、あなたはAIを手下のようにてなづけるでしょう。

そもそも、競馬もソーシャルゲームも当たりが必ずあるという点でシステムは似たようなものであり対価が違うだけ。

ゲームはいくらつぎ込んでも未来への投資にはなりませんが、投資競馬はよりよい未来を引き寄せることができます。

お金は道具に過ぎません。しかし、ほとんどの人は上手く扱えないからこそ上手く扱おうとする人にはチャンスが生まれてくる。

そのためにはポジティブでいることが欠かせません。たとえ、損をだしても一時の損失と思えるようになるまで修練する必要があります。

投資競馬は自己変革をアシストする

人間は生存競争で生き残るために必要としたバイアスが、現代の投資においては裏目にでるという皮肉な目にあっています。

その負けやすい体質を変えなければ期待値を生かすことはできません。本来の才能に関わらず負け続けていくでしょう。

これは投資に限った話ではなく、人生の成功そのものに関わる話でもあります。

特に感情的な判断は最悪であり、可が不可となり、不可が可となる矛盾をカンタンに乗り越えてしまう。

他人では許容できない言動も、愛する人なら許容できるようなバイアスは人を本質から遠ざけます。

あなたは見かけで人を判断して本質を見抜いたような気分になりますが、その分析のほとんどは正しくありません。

そして、そのことに疑問を抱いてきた人は一体どれほどいるでしょうか。

投資競馬は最も安全で手軽にできる自己変革のきっかけとなるツールと言えます。

広い分野の理論と技術が結びついてできており、必要なノウハウを少しずつ吸収することができる。

投資初心者のスタートアップに最も適しており、ローリスクで小さな投資で投資経験を積むことができます。

公開日:
最終更新日:2019/09/24