投資競馬の始め方 - プラス回収率にするためのルール

投資競馬って何なの?

みんなの投資競馬では、『競馬理論』『投資理論』『人工知能(AI)レースレーティング』『エージェント』『マインドセット』という5つから構成されています。

代表である伊藤 雄二の目標は、一生に一度の高配当に引き合わせる情報を提供すること。

実際に1000万円オーバーの払い戻しを受けた方も少なくないため、あなたの才能をフルに発揮することができます。

投資の世界では年間の利回りが10%なら大成功の部類ですが、資本がオッズに与える影響力が大きい競馬ではそう単純にはいきません。

そのため、コツコツと勝つだけでなく、普通では手が届かない信じられないような配当を得るという信念が投資競馬にはあります。

そのオッズゾーンを主戦場とするために、あなたの優れた資質やスキルを活用する必要があると成功者の法則から学びました。

その理由は、私とあなただけの強みを発揮した時にだけ信じられないような配当がもたらされるからです。

これこそ、あらゆる文献をあさり成功者にあてはまる法則でした。それは世界的な企業に共通していることでもある。

マイクロソフトにはゲイツとアレンいました。ビル・ゲイツだけが有名ですが実力を支えるパートナーもいたのです。

IT革命のジョブズにはウォズニアック、7兆円の資産を持つバフェットにはマンガー、ソニーには盛田と井深、ホンダには本田と藤沢がいました。

彼らの高い能力を生かすには、余計な時間に追われないためのパートナーが必要だったのです。

あなたの能力は、競馬新聞やJRA-VANを活用するだけでは十分に生かしきれていませんでした。

あまりに「余計な情報」というノイズやデータを取り除いたりなどの雑多な作業に時間を追われていたからです。

そういった面倒なことは私たちが引き受けることで、あなたは能力をフルに生かした馬券構築に取り組めるようになります。

何もかも自分の能力だけで賄おうとすれば、おのずと成功から遠ざかっていくことは間違いありません。

 

みんなの投資競馬の特徴とは?

みんなの投資競馬では、競馬で勝ちたい人が全員で協力して今までにないレースレーティング技術を創り上げてきました。

優れた馬を見つける競走馬エージェント、確かな実力を持つネット予想家が持つ優れたノウハウを理論化したのです。

そして、競馬を勝ちやすくする方程式にたどりつくことができました。

データ分析【8割】+ 資金管理【2割】 = あなただけのオッズゾーン構築

あなたは、資金管理という2割の軽い負担だけで健全な競馬予想を手に入れることができます。

競馬新聞やJRA-VANを利用するより良質な情報をえることができ、かつ短時間で済んでしまうのも大きな特長の1つ。

そして、9割の方が回収率の向上を実感している! 経験の少ない初心者や時間のない会社員の方に喜ばれています。

予想屋と違うポイント

  • 結果を残してきた選りすぐりの専門家集団
  • 独自データマイニング技術を確立
  • 小資金からのステップアップが可能
  • 投資の基本が身に付く
  • 自分だけの競馬必勝法に取り組める

資金管理とは何か?

資金管理とは、英語で言えば【マネーマネジメント】になります。

競馬では、『馬券戦術の策定』『買い目の抽出・カスタマイズ』『資金配分』『収支管理』を意味します。

優秀な予想家の意見は似ているのに買い目となると違ったものになり、そしてそれは回収率の差となって現れてくる。

このような事例が意外と多いことに気づいたことで資金管理の重要性に注目するようになりました。

つまり、この資金管理こそ、あなたの強みが最大限に発揮されるポイントだということです。

たとえば、あなたが血統に詳しいのなら、その深い見識から見出した買い目を抽出・カスタマイズする。

え、それって予想でやることでしょ?と思われるかもしれないですが、それは大きな間違いです!

資金管理に適用することが正しく、それがプラス収支をもたらす唯一の利用法になります。

そう、ほとんどの人はデータ分析と資金管理がゴチャ混ぜになっているのです。だから強みがなく勝つこともない。

私は、独自技術【クラスリビルド】から抽出された各クラスの実力馬を活用することで作業をよりカンタンにしてきました。

一部にだけ存在する高い付加価値を持った馬だけに集中することができるため利益効率はさらに向上します。

 

一流の投資家に共通するルール

株式と競馬で勝っている人には共通のルールが存在していました。これは、ある意味で真理と呼べるかもしれません。

競馬で勝てない人は勝った人に学んでなければ勝てないのは当たり前。東大生でも負けるわけですから。

投資競馬では成功者の原理原則を集めノウハウとして利用することで多くの成功者を生み出してきました。

一流になるほど予想を重視しない

一流投資家が予想に頼らなくなるのは、長期的な安定をもたらすのは予想力ではなくバリュー(価値)だと気づいたから。

購入対象が価値を十分に含んでいるなら短期的には負けたとしても長期では勝ちやすいことを経験則で知っていました。

競馬で予想が良しとされているのは、今あるツールでは予想するという選択肢しかないからという理由に尽きます。

競馬予想してみれば分かりますが、どんなに頑張っても予想イメージ通り決まるレースなんて多くはありません。

だから、本当に予想力だけで競馬に勝とうとすれば購入できるレース数はかなり少なくなってしまう。

競馬は予想しづらいからこそ高配当がもたらされるのが魅力なのに予想力では対応することができないのです。

競馬で勝つ一番の近道は、オッズ以上に価値ある馬を認識して他人より的確に長く買い続けること

競馬で勝つために必要なのは「予想力」ではありません。この意識を変えるのが遅くなればなるほどチャンスは遠のいていくでしょう。

ナイーブなメンタルがチャンスを破壊する

一流の投資家だけでなく何か成功したことがある人はこぞって「失敗することを歓迎する」ようになります。

それは、失敗しようとしないこと自体が間違いを続けることを許容してしまうから。

私たちが好きな「安定」というのは右肩上がりで成長した時にだけ出現する一時的なオアシスに過ぎない。

かつての日本も高度成長の中で安定した生活が出現しました。それを重視した結果、今では30年も成長せず失われ続けています。

これは、ほとんどの人はリスクを取ろうとせず、本当は「斜陽」でも見かけ上の安定を選んでしまうことを証明しています。

だから、電話が線でつながりダイヤルで回していた時代から進歩していない競馬新聞で予想して勝てるのだと錯覚してしまう。

競馬は負けるものですが致命的な負けでなければ挽回のチャンスはいくらでもあります。それだけの爆発力があるからです。

しかし、ほとんどの人は「安定重視」がゆえに見かけの安定を求めてコツコツと負けるような馬券を買い続けてしまうのです。

バリューを意識するにはデータ分析が必須

競馬新聞ではレースの価値を把握することができないためバリューを意識して馬券を買うことが容易ではありません。

そもそも、競馬ではデータ分析の手法がないため、どう価値をつけていくのかまず考える必要があります。

一番多いのは計算式が唯一存在するベイヤー(スピード)指数系ですが、ハイペースでこそ生きる指数なので今の日本に合っていない。

そこで投資競馬では、新たにレースレーティングを独自開発することで1つ1つのレースに価値をつけていくことに成功しました。

その成功例はトップにある高配当馬券やレーティングファイルの無料ダウンロードにより証明し続けています。

公営ギャンブルの中で唯一動物を扱っている競馬だからこそ能力通りに走るとは限らないため合理的に判断することが必要不可欠になります。

自分の強みを認識し育てる

自分の強みが分かるようになれば自然と競走馬の強みを意識するようになっていく。人も競走馬も適性を生かすことが利益への近道です。

その強みを生かせる範囲内の馬券を十分に上手く買うこと。これが資金管理(マネーマネジメント)の基本になります。

なぜか誰にでも合う普遍的な買い方が存在すると考えている人がいるのですが初心者ならではの幻想なので捨てて下さい。

一流の投資家ほど自分自身にとってカンタンなことを上手くやることを心掛けてきました。決して無理はしません。

最も重要なのは、自分の能力の輪をどれだけ大きくするかではなく、その輪の境界をどこまで厳密に決められるかにある。

自分自身にとってカンタンなことをとびきり上手くやるように意識するだけで投資はどんどん上達していきます。

正しい思考と振るまいを早いうちに習慣化する

人間はマイナスをだし続ける不利益な行動でさえも習慣化することができてしまうことを知っているでしょうか。

たとえば、太ると分かっていても間食がやめられないことって日常生活では普通に起きていることです。

これを投資に置き換えると少しの甘い考えで損失を生み出すマシーンになりえるということ。

人はマイナスになる行動でも習慣化されてしまえば許容できてしまう。これは一度固定されると意識せずに直せません。

習慣とは非常に軽いものであり、普段はその存在にさえ気付かない。だが一度意識すると、非常に重く断ち難いものであることがわかります。

正しい行動を意識するには「成功のマインドセット」を毎日30分でもセルフチェックするようにすること。

そして、行動に移して実践する。知識としてあるだけでは真の改善はもたらされることはありません。

日常生活では意識してこなかったことが投資では致命傷になりうるからこそ自分自身を変えるんだという強い意志が必要になります。

時代遅れになった信念を入れ替える

あまり良くないイメージで捉える人がいますが「信念を入れ替える」ことを「過去の自分を否定する」かのように受け取るからでしょう。

変化が早い現代社会では、信念をアップデートできない人は成長できない人と見られ、そして不利益を被るだけの存在にしかなれない。

もし、いま自分自身がドン底で未来が明るくないと思うのなら自分の信念が間違ってはいないか疑ってみる必要があります。

おそらく、ほとんどのケースでは間違っている。なぜなら古臭いOSの上では古臭いソフトウェアしか動かないからです。

競馬で勝てないのなら、いま自分の中にある常識を疑ってみる。そして、その間違いを立証するために色々と挑戦することが大切です。

競馬は予想力で勝てる。もし、これが間違っていたら?今後ずっと負け続けることに太鼓判を押すようなことになりかねない。

あるはずもない理想を追い求めて予想屋をハシゴしてようやく「自分の幻想だった」と気付いた時にはすべてが手遅れかもしれません。

物の見方は1つではない。競馬はギャンブルですが投資のように買うことができ、株は投資ですがギャンブルのように破滅することができる。

投資の世界で思い込みや先入観ほど危ういものはありません。一度フラットな視点に戻り俯瞰でモノを見るように現状分析をしてみましょう。

公開日: