投資競馬の始め方 - プラス回収率にするためのルール

投資競馬の基本ルールはこうです。こちらが競馬予想で80%を占めるデータ分析を行います。

あなたは、残り20%の「資金管理」に集中してください。そこには、「マインドセット学習」も含まれています。

自動購入型AIの開発をやめた理由

みんなの投資競馬は、独自のデータ分析技術を用いることで好走馬の絞り込みを行います。

馬券の最小構成である「軸馬」と「穴馬」で買えるようにリスクを極限まで抑えることを重視してきました。

以前に流行った単純な期待値で買うだけの馬券購入は、いずれ過当競争のもとに高い確率で破綻すると予想しています。

その理由は、オッズはバランスを取ろうとし続けるからです。期待値1を割った馬券を買い続けたらそこで終わり。

現在はレース直前の変動が大きいため、自動マイナス製造機に早変わりするリスクがハネ上がっています。

最終的に利益を分けるのは「自分の強み」や「経験」です。時間を味方につけたアドバンテージほど強固なものはありません。

今の競馬にオッズの歪みはなく、昔より情報が均一化したことで見過ごされた素質馬がいることもめっきり少なくなりました。

それだけに、どこを重視するかが利益に直結するポイントになっているのは言うまでもありません。

よく見せかけた破綻前提のソフトウェアもありますのでハイリスクを覚悟する必要があります。

あらゆる勝ち筋をラーニングし可能性を導きだす

オッズ計算と過去データの勝率から期待値で買うことは理想的に見えます。しかし、現実はそんな単純ではない。

なぜなら、実は勝率というのはシチュエーションや環境により変化するのが当たり前だからです。

それゆえ、たとえ正しく期待値の高い買い目を買えていてもマイナスになる可能性は十分あるのです。

このフェイズシフトの感知は人には知覚できませんが、データ分析に特化した独自のAI技術で検出することを可能にしました。

投資初心者でも運用できた競馬予想プロトタイプデータ
データマイニング

そのパターンを読み取り、クラス能力を再編成した「クラスリビルド技術」がロボアドバイザーに搭載されています。

もちろん、競走成績を重視するので完璧にはいきません。競走馬の性質上、レースを走るごとに能力が明らかになるからです。

このレースパターンには競走馬の個性も理解する必要があるため、競走馬エージェントの協力が必要不可欠でした。

エージェントも関係者にアドバイスする立場から、投資競馬のデータの有効性に気づいてもらうことができました。

期待値が高くても自滅する理由

どんなに期待値があっても、それを扱う人に問題があれば利益がもたらされることはありません。

有名なラルフ・ビンスによる実験「ギャンブラーの誤謬」で明らかにされた通り、敵は自分の中にいる。

その敵とは「バイアス」のことです。人間の本能とも言うべき「バイアス」は正しく買うことを困難にさせてきました。

この認知機能を意識してコントロールすることが最初の目標になります。これは、人生をより良くする方法でもある。

そのための考え方は「マインドセット」にあります。人は判断をする時に「ラベル」を通して対象を見ています。

競馬はギャンブルという「ラベル」によって認識していますが、実際は人生にもギャンブル要素があります。

株取引にもありますし、銀行預金でさえ存在している。物事を正しく認識するには、一度「ラベル」を剥がす必要があるのです。

そのプロセスを行い、確かな物の見方ができるようになると本当の価値が分かるようになる。それを体験してください。

>> 投資競馬理論をもっと知りたい方はこちら

基本的なマインドセット学習

タップして表示する

優位性が利益を生み出す源泉になる

マインドセットを実践していくと、今までリスクに見えていたものが実はチャンスだったと気づき始めます。

競馬はリスクが高いため、負ける要素を1つ1つ潰していくことが最終的には勝つことにつながると分かったはずです。

何も学習していない人が競馬で勝てる可能性は、ほぼゼロに等しい。幾重ものワナが待ち構えているわけですから。

予想力が必要と思っている人がほとんどだと思いますが、投資における予想力はタブー視されてきました。

競馬は、1~5番人気を買えば80%は的中します。でも、この意味を本当に理解できる人は少ないでしょう。

競馬である程度は予想できることは証明されているため完全に否定するものではありません。

予想力に優位性はないが、「最低限として身に着けておくべきものではある」という考え方です。

これから単純な仕事がAI化されていく中で個性が評価される時代に変わっていきます。

今後の人に問われる価値は、プラスアルファとして何ができるかの「優位性」であり、そこから利益がもたらされていく。

投資競馬では予想という単純な仕事だけでなく、自分の強みを育てていくことを重要視するのは利益にかなうからです。

投資や競馬の勝ち方は直感に反しているため、表面的な数字を追っていくとカンタンに間違えます。

投資競馬理論を学んだ方なら理解できますが、このワナを回避することは、そう簡単な話ではなかったりする。

だから、自分の強みを追究するに専念して、自分だけのオッズゾーンを手にすることを意識してください。

データ分析【8割】+ 資金管理【2割】 = あなただけのオッズゾーン構築

資金管理の基本

20世紀で最大の発見と言わしめたアインシュタインの「複利」理論を上手く使うことで利益は伸びていきます。

ただ、これはリスクを取りすぎればアッというまに破綻します。投資では総資金の1%を運用するのが一般的です。

2%でリスクを取りすぎているという研究報告がありますので、もっと大胆に考えていた人は気を付けてください。

投資において致命的な損失をだすと取り戻す労力は高くなります。大きく勝つことより、小さく負けることを重視すること。

投資で成功しない人は、このあたりが曖昧で感情的に設定されることが多く、リスクを取りすぎだと認識できていない。

だから、投資がギャンブルのように見えてしまう。逆に、そこをしっかり理解し対処していくことでギャンブルは投資になりえます。

こうした知識の差は本当に大きく覆すことのできない差となって結果に表れてくる。でも、多くの人が気づいていない。

資金管理の敵は、「不意の連敗」という名のドローダウンです。これは誰にでも起こるため浮き沈みがあって当然です。

某氏が8%で上手くいっていた理由は、「3連単になれていなかった」人が多く、オッズに歪みが生じていたから。

よく買われるオッズ、そうでないオッズ、そしていくつかの買い目を抜いてプラスになるなら買えばいいだけ。

そういう時はリターンも大きくなるため、そのぶんリスクを取ることもできますが、今となっては厳しくなるのも当然です。

あとは見た目の数字に惑わされないこと。ここの理解しきれていないと全て台無しにしかねません。

投資競馬理論は1万ページあるため、全て紹介できません。そのため、重要なポイントだけをまとめたものを販売しています。

投資や競馬だけでなく、数学や経済などの原理法則を組み込んでおり、論理アドバンテージでプラスにしてきました。

長期になるほどチャンスが巡ってくるため、誰でも自分に合った手法で稼ぎだすことを可能にしています。

>> 投資競馬理論をもっと知りたい方はこちら

馬券の買い方【論理編】

タップして表示する

馬券の買い方【券種編】

タップして表示する

馬券の買い方【補完編】

タップして表示する

公開日:
最終更新日:2021/05/07

error: 操作することができません!