投資競馬で毎月プラス収支にする方法

      2019/11/26

競馬で毎月プラスにする最も手軽な方法は、的確にレースの性質を見極め本命戦のみに投資することです。

毎月プラス収支を達成する基盤は本命投資にしかありません。なぜなら、人気が下がるほど競走馬にある「気まぐれさ」を排除できないから。

人気が下がるのは好走できるシーンが極端に限定されていからであり、それが穴馬を特定できない要因になっています。

競走馬の戦績は多くても40戦程度しかなく、さらに消耗していくことから安心して買える手法は少ないと考えるべきでしょう。

本命投資は、突出したスモールデータを用いて行うものであり、だからこそ的確に判断ができるかが成功の分かれ目になるのです。

そこで安心安全を担保できるのは競走馬のポテンシャルだけ。競走馬のポテンシャルはファクターの影響で上下するのが当たり前です。

相手が弱いと判断できるレース自体がレアであることから毎週馬券を買っている時点で本命投資を理解して行っているとは言えません。

毎月あるとも限らないため、ある程度めぐりあわせの要素もでてくるものだと理解して実践していく必要があります。

 

競走馬の本質を理解しておくこと

競走馬の脳は、常に身の安全をモニタリングし、これからの快楽について考えています。

「これおいしいからもっとちょうだい」とか「これ嫌いだからやりたくない」などの好き嫌いに支配されているんですね。

もちろん、適切な教育をすれば反復行動を覚えたりと行儀よくできますが、人間のような目的意識を持ちあわせることはありません。

ほとんどの競走馬は胃潰瘍があるという話から、競馬そのものに快楽を感じている馬は果たしてどれだけいるでしょうか。

おそらくイヤイヤ走っているというのがイメージできると思います。本気で走っていない馬が多くいても不思議ではない。

たまに未勝利で終わった馬が地方競馬で連勝することで移籍前以上の能力を発揮するケースは決して珍しいことではありません。

競走馬の気まぐれさをできるだけ排除するために「能力差のあるレースの人気馬」を見極めて買うことを徹底して下さい。

能力差で資金管理をする

極端な話をすれば未勝利クラスにオープン馬がいるのなら大勝負するだけの価値があります。もちろんハズレてもいいように余力を残すのが基本。

そういう馬を認識するのは初心者であっても判断が可能でしょう。なぜなら着差をつけて勝っていたり持ち時計が良かったりするからです。

能力は高いのに着差をつけようとしない馬もいるため、そのような馬を買う時は不利を受けにくい枠番かも気にした方がいいでしょう。

馬は群れて行動するため十分な着差をつけることが少ないと言われています。その点の判断も本命投資の成否を握っています。

色々な可能性を考慮できるようになるには経験が必要になるため最初はレートを上げ過ぎないことに注意して下さい。

超高速馬場は好位馬を重視

芝にしろダートにしろタイムのでやすい高速馬場はレースの決着パターンを増やすため位置取りで着順が決まることが少なくありません。

どんな名馬でも上がり3ハロンタイムには限界があるため、馬場と位置取り次第では負ける可能性がでてくるというわけです。

スローペースになるほど騎手の着順意識が重要になるけどアテにすると痛い目にあうためレースセンスのある馬を選ぶのが無難。

あまりにスローペースになるとスピード能力が高すぎるがゆえに折り合いを欠くこともあるので敬遠するのも1つの手になります。

本命投資の難易度はデータ分析力に比例する

本命投資を理解し、レースの質を理解し、競走馬のことを理解しているなら本命投資で勝つことは容易になるでしょう。

1番人気馬が中心になるため安定感がありメンタル面にも好影響が期待できます。

本命投資で十分な余剰金ができれば、一気に利益的になるため今まで目が行かなかった穴馬が気になり始めます。

その時は、収支を分けて管理することをオススメします。そうすることで守るべき投資ルールも分けて管理できるからです。

事前に専用プランを立てておくことが大切。こうなったら買わないという条件もしっかり明記しておいて下さい。

脳内ですべて混在させてしまうと馬券購入するたびに目的意識がブレてしまい判断力に悪影響を与えかねません。

自分の都合で資金を増減させないこと。負けを早く取り戻したいから倍賭けしてしまう、これはギャンブルであり投資ではありません。

あくまで周りとの能力差を基準に投資額を設定するべきです。なぜなら、それでしかリスクヘッジしようがないから。

リスクヘッジができない賭け方は全てギャンブルであり投資とは呼べない。ただの思いつきで投資額を決めてしまうと結果は最悪になります。

目を向けるべきはプロセスであり利益ではありません。プロセスが正しく機能してこそ再現性のある利益がもたらされるからです。

本命投資を理解していない、レースの質を理解していない、競走馬を理解していない。これで勝つのは無理です、諦めましょう。

競馬で勝つのは予想力があるだけの人ではありません。しっかりと下準備ができている人が利益を手にするのです。

URA競馬新聞

 

競馬で勝てる、たった1つのロジック

競馬予想で勝つ方法はこれしかありません。それは【現在」をデータ分析すること。

過去データを見て予想が上手くいくわけないのです。なぜかって!?そのシンプルな理由を今から解説します。

それは、省略された過去データで予想しているからです。現在を構成する情報が何か考えてみてください。気温や風の変化、馬場や競走馬の変化、調教師や騎手の心理的な変化もお互いに作用しています。

それなのに、ギリギリまで削り取られたデータだけで予想するのだから上手くいくわけがない。つまり、その逆をいけば競馬で勝つことができるわけです。

そう誰も手をつけられなかった当日のデータ分析で変化に沿って馬券を構築すること。現在を知るデータ分析のハードルは高いです。なぜなら、理論から構築する必要があるからです。

あえて前人未踏の地に踏み込むことにしました。そのために1億円と10年の研究を必要としました。そして、ついにAIを取り込んだアプリを完成させることができました。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

詳しくは下記サイトをご覧ください。あなたがもし、このシステムを使いこなすのであれば、再現性のあるリターンを手にすることができるでしょう。

中央競馬サイト【Umapp】スマホAI攻略速報アプリはこちら

 - 投資ノウハウ

error: 操作することができません!