多くの仲間と達成した公開予想10年プラス。次はあなたが才能を発揮する番です

公開予想10年をかけ勝てることを証明してきました。だからと言ってラクに勝ってきたわけではありません。

正直なところ気軽にオススメはできない。それは3つの変化が理由としてあります。

  1. 国内産馬のレベルアップ
  2. 気候的な変動
  3. スローペースによる着差減少

ほとんど差がつかない現状に対処するためには必要な役割を分担し、それぞれが専門性を高める必要がでてきました。

競馬予想は習得可能なスキルである。こう断言できるのは勝ち組をに共通する成功の法則を見つけたからです。

その偉大な法則は、必ず【データ分析】と【資金管理】が【8:2】で構成されていました。

しかし、忙しい現代人に必要なデータ分析技術と時間が足りていません。

JRA-VANを利用したとしても十分なデータとは言えないのが実情です。

そこで、人工知能を使った最新技術である『クラス・リビルド』を使い競馬を正しく把握するためのデータを整備しました。

中央競馬(JRA)では、ビッグデータよりスモールデータが中心になります。

競走馬は多くても40戦程度で引退するためデータとしては十分とは言えません。

JRAのシステムを見ても10の競馬場に20もの距離体系はデータの蓄積をより難しくしている。

それでも輸入中心だった90年代は能力差が大きく意外と困りませんでした。

しかし、今では内国産の品質が向上しており、レース条件ごとに高い専門性が要求されるようになっています。

ようやく適性を把握した頃にはピークアウトして引退なんてことは珍しくない。

いかに素早くスモールデータから有効なデータを得られるかがスピード勝負の時代に変わってきました。

みんなの投資競馬では、最も資金と時間のかかる【データ分析】を代行し、その実用性を証明しています。

そこにあなたの才能で買い目を最適化する。これが資金管理、すなわちマネーマネジメントになります。

あなただけに味方する投資法を構築することで競馬必勝法のように自動化することも夢ではありません。

こちらが【データ分析】を担当するので、あなたは【資金管理】に全力を注いでください。

JRAは混戦が基本、鉄板レース実はレア!

JRAは混戦を良しとするシステムから鉄板レースの出現率は高くありません。

確率的には上位人気で決まりやすいのですが、何度やっても同じ決着になるようなレースは少ないのです。

そのため本命党が勝つにはレースを厳選していくことが求められてくる。

本命党は、レアな鉄板レースだけを選び、少ない買い目で構築することが成功のセオリーになります。

本命レース、穴レース、絞って買う、広く流す、こういった戦術をレースに合わせられるのが投資競馬の特徴です。

あなたの強みがオッズゾーンを構築する

元AKB48の小嶋陽菜(こじはる)は、いわゆる一般的な予想はしていません。

それなのに2年連続プラス収支を達成しました。

これこそ投資システムの力です。こじはるの馬えらびセンスとそれに合う馬券の買い方がもたらした結果でした。

現代競馬に合った自分自身の強みを生かせるシステムを持てれば誰でも勝てることを証明しています。

データと自分の強みを組み合わせてこそ、あなたに長く利益をもたらすオッズゾーンになりえるのです。

競馬新聞でのデータ比較は面倒ですが、競走馬の能力が分かりやすい投資競馬ではオッズの価値感に見合った馬券の購入は難しくありません。

投資競馬のデメリット

投資競馬は一生モノです。自分の強みを生かすには努力や忍耐が必要なのは言うまでもありません。

自分の能力で勝ちたくない、資金管理なんて面倒だ!という人に投資競馬は合わないでしょう。

投資競馬の良い所は、あなたの能力に見合った対価を得やすいこと。

逆に競馬新聞やJRA-VANで能力を発揮できなかった人は投資競馬なら成功するかもしれません。

あなたの才能を生かす資金管理とは?

競馬で勝った経験がない人たちは「馬券が当たれば勝てる」と思いこんでいます。

極端な的中思考になると利益度外視で馬券の的中を追うため長期的に勝つチャンスは激減します。

すべてのレースで資金全損は避けたいからと許容範囲を超えた買い目を購入すると長期的にはロスにしかならない。

特に3連単の運用では起こりがちで、どのように買うかは事前に用意する資金管理システムに任せるべきです。

どういった購入ルールなら満足な成果がでるか、まずはじっくりと腰をすえて試行錯誤してください。

すべてを当てようとするのではなく、どのシーンで買うべきかに集中するのが成功の秘訣。

いくつかの的中パターンを持つようになれば損益バランスも分かってくるようになるはず。

『損は小さく、利益は大きく』

これが投資に共通する理想的な資金管理モデルになります。

資金管理を支える3つの投資モデル

投資競馬では主に3つの投資モデルを活用しています。

ファクター投資

1つ、または複合的な要素で成り立つ最も得意なファクターをもとに買い目を決めていく手法。

自分の強みを生かした買い目を決められるためシステム化しやすいメリットがある。

例1)血統:条件に該当する血統を持ち好走確率が高そうな馬の買い目を重視する。

例2)馬場:前残りバイアスが顕著なことから逃げ先行の買い目を重視する。

バリュー投資

競走馬のバリュー(能力価値)から期待できる結果とオッズとの乖離がある買い目を重点的に買う手法。

投資競馬ではクラス・リビルド、一般的なものでは能力指数が価値を判断するための指標となる。

しっかりとプランニングできれば長期戦略との相性が良く戦略的に馬券を狙い撃ちできるのがメリット。

グロース投資

競走馬のグロース(成長)傾向を読み取りオッズが甘いうちに重視して買う手法。

その逆に成長期待が過剰なオッズを形成することがある。その時は逆張りして他を重視するといった戦術も取れる。

どちらかと言えば後者の方が活用するシーンの方が多いものの競走馬の成長に注目しておくメリットは十分だろう。

損小利大モデルでは2割の買い目が回収率を形成する

最大利益を狙う投資モデルではリスクを引き受けて利益の上積みを狙うため的中率は低くなりがちです。

たとえ的中率が高い人でも、その中身を見ると8割の買い目は大勢を決めるようなものではなかったりする。

およそ2割の中~大ヒット的中で利益を形成しており、それが勝ち組に共通している事実として分かってきました。

このことから、どんな達人でも8割は平凡な結果であり、残り2割の中で非凡さを発揮していると言えます。

もし利益を形成する2割のパターンを意識できるなら、利益の拡大はそう難しいことではなくなるでしょう。

これは競馬で利益を作るための数少ない真理であり覚えておいて損はありません。

戦略やルールを決めるメリット

戦略やルールを決めること買うべき理由が明確になる。これは思考パターンの切り替えにも役立ちます。

本命集中型【短期・資金大】

確実性の高い馬を対象とした馬券。情報流通が盛んな現代では見過ごされた実力馬はいないと考える人に合う。

JRAは混戦になりすい仕組みから楽勝するような鉄板馬はそう多くない。穴馬券の資金源と割り切った運用するのもアリ。

一発回収型【長期・資金小~大】

レースでは事前に予想できない出遅れや不利といった不確定要素の影響で波乱になることがある。

そういうレースを当てるには不利を受ける前提で対処するのが主な対処法。

AIデータ導入による意思決定が勝利を呼び込む!

人間は0か1か、そういう考え方をする傾向があります。

たとえば、的中率が低ければプラス回収率でも価値はない。こういった思考です。

しかし、データ分析で見てみる現実の世界では圧倒的な勝ちを収める人ほど的中率が低いことが分かっています。

つまり、的中率が低いから価値はないという価値感は、将来において成功と縁のない人生を歩む可能性を高めてしまう。

しっかりと中身を見れば実現可能だと分かることでも、人は勝手にラベルを貼り判断してしまうクセがあります。

この意識変革はカンタンではありません。なぜなら、人間の脳は快適でいようとラクをしたがるから。

そして、この性質が投資で失敗する最大の理由になります。

AIを使うとなぜ成功しやすいのか?それは「0と1」のプロフェッショナルだからです。

最近の研究では宇宙は0と1からできているとも言われるように、AI活用の可能性は底が見えてきません。

AIがもたらすデータを使うことで人の意志決定力は高まり成功をグッと引き寄せることができます。

JRA-VAN NEXTとのコラボでリーズナブルな環境を提供

競馬新聞を見るだけでは競走馬の適性は分かりません。少なくともJRA-VANを利用してさらに分析する必要があります。

こういった部分に多大な時間とコストをかけられる人だけがチャンスを得ているのが現実です。

しかも、投資競馬ソフトは数十万以上する高額なソフトウェアや月額10,000円以上の高額ツールが珍しくありません。

みんなの投資競馬は、実績のあるJRA-VAN NEXTとコラボすることで安価に利用できる環境を整えてきました。

ただし、現在300名さま限定となりますので、お早めにお申し込みいただく必要があります。

(お申し込みページの表示が重たい時は時間を置いてください)

※11月に募集再開を行いたいと思います。

【データ分析】+【資金管理】の高配当カスタマイズ馬券

データ分析をもとにユーザーの強みを反映した馬券カスタマイズで的中させた特大万馬券の高配当がこちら!

1位 有馬記念2008年【68,990,600円】

ド肝を抜く約6,900万円の的中!今だとこんなにつかないでしょう。

サイバーエージェントの社長は馬連での的中でしたね。

2位 宝塚記念2014年【7,543,200円】

3連単フォーメーション馬券のお手本のような的中です。

3位 桜花賞2008年【7,002,920円】

やはり少点数ならフォーメーション

4位 京都12R2010年【6,136,800円】

これもフォーメーション