10年の公開予想で勝てることを証明。あなたの才能とAIを生かせば利益が伸びる!

競馬予想はスキルです。なぜなら【データ分析】と【資金管理】が【8:2】で構成されており努力で習得できるからです。

データ分析は最も重要ながら不得意な人がほとんどでしょう。忙しい現代人に必要なデータ分析技術と時間が足りてないのが現実です。

その問題は、人工知能を使った独自のデータ分析技術『クラス・リビルド』で解消することができます。

中央競馬(JRA)は、ビッグデータではなくスモールデータが中心。だから、データ分析は最難度であり容易とは言えません。

そうなる理由は、10の競馬場に20の距離体系という複雑なシステムにあります。波乱は意図して起こされている!?

ここ20年で海外で活躍するようになった国産馬は飛躍的にレベルアップしてきました。

競走馬の品質が向上した現代競馬では、各競馬場それぞれの距離で高い専門性が要求されるようになっています。

しかし、競走馬の成績は多くても40戦程度と統計的には不十分。ようやく得意条件を把握した頃には引退してしまう。

それだけにスモールデータから有効なデータを得られた時の恩恵は計り知れない。

現代馬券はデータ分析なくして勝ちは見えてきません。このデータ分析に特化したのが投資競馬AIシステムになります。

その点、地方競馬はかなり当てやすい。転戦を含めてもレース条件は圧倒的に少ないためデータ価値が中央より高くなるからです。

当たりやすい、ゆえにオッズが低い。それでも安定した本命投資が好きな方は地方競馬が最適な選択肢と言えます。

あえてJRAなら能力差の大きい2歳戦を中心にする戦術が有効。混戦レースを避ける安全第一が本命投資の成功法則です。

JRAは混戦が基本、鉄板レースはレアな存在!

JRAは混戦を良しとするシステムなので鉄板レースの出現率は高くない。実は多く見られないレアなレースなのです。

本命党は必然的に購入レース数が激減することになる。これは予想力で何とかなる問題ではないというのがポイント。

JRAのシステムに逆らうのは非効率を意味するからです。それよりも買う価値のある組み合わせを狙う方が実は安全だったりする。

そう、多くの人は安全を買ったと思い込んでリスクを背負いこんでいるケースの方が圧倒的に多いのです。

ほとんどの人は安全を好みながら、よりよい配当を得ようとする。本命投資で利益を出すには安全重視でなくてはならないのに。

一貫して本命投資の原則を守れる人はどれだけいるでしょうか。いや、この原則すら知らない人がほとんどかもしれない。

そのまま原則無視で馬券を買い続ければ何が起こるか。気づかないうちにジワジワと安定して負ける土台ができています。

そうなる前に正しい競馬の知識とデータ分析情報を一刻も早く手に入れなければなりません。