阪急杯2020予想データ傾向分析

    2020/05/18

阪急杯 予想オッズ1番人気は?どんな馬が穴馬となって配当を押し上げるのかデータ傾向を見ていこう!

人気馬名予想オッズ
1ダイアトニック2.9
2フィアーノロマーノ3.7
3ステルヴィオ4.8
4マイスタイル7.8
5クリノガウディー8.7
6ライラックカラー21.8
7ジョイフル23.4
8ロジクライ27.1
9スマートオーディン27.5
10ラヴィングアンサー38.4
11ハッピーアワー41.0
12アンヴァル45.0
13レインボーフラッグ47.0
14ベストアクター54.1
15ストーミーシー169.9
16ディープダイバー240.7
17サフランハート591.9
18ニシノラッシュ629.5

阪急杯2020攻略データ

競馬予想に役立つ基本的なデータを検証してまとめてみました。

過去データ傾向分析

過去レースのデータ傾向から押さえておきたい重要ポイント

人気馬が好走しやすい

連対圏で見ると上位馬が堅実に走っている傾向。波乱が起きたこともあるが可能性としては低いと言えそうだ。

1~4番人気で3番人気は不振気味。逆に4番人気は相当な妙味を持つケースが多いと言えるだろう。

近年は波乱傾向になっているのは気になるが、とりあえず上位馬の組み合わせに注目してみる価値はある。

4~5歳馬が中心

充実期を迎える馬が多いせいか4~5歳馬の連対圏における好走が目立っている。

6歳以上はヒモで抑えておくというのが馬券のセオリーの1つとして念頭に置いておきたい。

意外と逃げ馬が盲点になりやすいため単騎が見込める時は注意しておくべきだろう。

レースラップに適合するタイプ

阪急杯

阪急杯は、阪神競馬場の芝1400mで行われるG2重賞レース。走るコースは内回りということで外回りより直線が短いのが特徴的だ。

過去のレースラップから消耗戦になりやすいため、G1レース高松宮記念へのステップレースとして注目しておきたいレースになる。

近年は持続性向が強まっているため、芝1400mでのスピード持続戦を得意としている馬を重視したいところ。

坂のある阪神競馬場ということで他に比較対象が少ないことから前年からのリピート好走にワンチャンスを期待してみるのも手。

エージェント馬体診断

業界トップエージェントが有力馬の状態を厳しくチェック!

ダイアトニック

メンタル面に課題を残す馬だが仕上がりに問題はない。

フィアーノロマーノ

近走の中では仕上がっている方で上積みが期待できる。

ステルヴィオ

やや緩さは残しているものの水準級の仕上がりにはある。

マイスタイル

キリっと仕上がっており久々を感じさせない。

クリノガウディ

トモの入りが甘いのでハネにくい印象がある。その点から距離短縮はプラス。

ジョイフル

トモを緩く見せているのが気がかり。いつもより坂で踏ん張れない可能性あり。

 -競馬予想データ傾向分析

error: 操作することができません!