阪急杯2018穴馬予想に必須のデータ傾向

      2018/02/19

最近はオッズ妙味を追求すべく能力との乖離の把握に力を注いできました。

少しリスクがあって怪我をしてもリターンが見込めれば問題ないのですが的中安定派のこともあり上手く的中率とのバランスが取れるポイントを探しています。

完璧な人間がいないようにサラブレッドも欠点があって当たり前ですから、あとはどのくらいのオッズなら許容できるかという問題になっていく。

1つぐらいの欠点なら大目に見ないと買う馬が少なくなり、その欠点が足を引っ張ることもあるのでオッズと相談するのが現実的な判断と言えます。

どういう馬を上手く避けるべきか、この視点もなければ回収率は上がってきません。ある意味では危機管理能力が問われると言っても過言ではなく長期視点で考え最適なプランを考えていければと思います。

10連続プラス!無料の軸穴馬情報はこちら

自分だけのオッズゾーンで高配当をつかめ!

1.ツイッターをフォロー

2.メールアドレス登録でお得情報ゲット!
無料競馬情報の詳細

阪急杯データ傾向

阪急杯は、阪神競馬場の芝1400mで行われるG2重賞レース。走るコースは内回りということで外回りより直線が短いのが特徴。

例年のレースラップを比較すると緩やかな消耗戦になることからG1レースである高松宮記念で問われるスタミナを確認するには良い舞台といえます。

基本的に上り3ハロンタイムの時計を要しますが、2016年のように馬場のデキが良ければ速いペースでも大きく減速することはない様子。

こうなると前が止まりにくくなり意外と差しが利いてこないというケースもでてくるはず。阪神競馬の開幕週になるため馬場のデキには注目しておくとレースをイメージしやすくなります。

阪急杯は、前年で好走した馬のリピート傾向が強くでており、過去にサンカルロが最多4回好走していることから合う馬にはトコトン相性が良さそうなレース。

たとえ自己条件でも阪神1400mを得意としている馬がいれば注目しておいても損はなさそうですね。阪急社の好走馬は関西馬が多く関東馬の出番はあまりなさそうです。

上がり3ハロンタイムを要するレースラップから先行・差しを中心に馬券を組み立てていくのがベターでしょう。しっかり穴馬がいるか見極めてツイッター公開するか決めていきます。

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - G3予想