中山記念2018穴馬予想に必須のデータ傾向

      2018/02/19

どうも投資競馬歴5年になる張良です。もちろん初めは投資なんて意識してないもんでしたが投資と言われれば『まあ、そうかな』と思ってしまう流されやすい人間。

最初のうちはプロなら的中9割いけるだろと思ってたイタイ奴でもあった。もう思い通りでないと文句だらけの典型クレーマーという称号もあったっけ。

なぜ、プロなら9割という単語がでてきたのだろう。おそらくネット情報を見過ぎたせいなんだろう。しかも、かなり如何わしい系のヤツ。ありえない的中がズラリ並んでいると思考がマヒしてしまうようだ。

これだけ競馬への信念がゆがんでいれば勝てなくて当然だろう。現実的に起こりえないことを前提にしまったら何もかもがウソになる。もはや真実を突き止めることは不可能ではないだろうか。

そこから脱した今ようやく分かってきたことは、普段の生活でよくやる平均思考は投資では命とりになるということ。

たとえ1%の的中率だったとしても回収率100%オーバーの可能性を追える人が強いのだ。

これが平均思考だと危ないと判断するだろう。そんなのプロじゃないだろと。違う、ちがうんだ。プロこそ泥臭く勝つことを実践している人たちなんだと今なら言える。

冷静に考えてみよう。1番人気がよく勝つほど研究されたゲームで控除率20~25%を引かれる意味を。

どの馬番も同じ勝率なら予想力の勝負と言えるが、すでに十分な予想がなされている。そこから利益をだすにはどうするべきか?

この大局観が持てれば競馬ですべきことが分かる。やるべきことはレースと利益をもたらす重要な買い目を選定することだ!

この作業をゴールドマイニングが驚くほどカンタンにしてしまう。コツコツか、それともドカーンか、あるいは同時進行で運用していくか。

どのような使い方にも応えられるツールは他にあるとは思えない。

株は予測不可能なランダムウォークだと言われることもあるが、競馬はある程度予測できるからこそ誰にでもチャンスがあるのだと思う。

10連続プラス!無料の軸穴馬情報はこちら

自分だけのオッズゾーンで高配当をつかめ!

1.ツイッターをフォロー

2.メールアドレス登録でお得情報ゲット!
無料競馬情報の詳細

中山記念データ傾向

中山記念は、中山競馬場の芝1800mで行われるG2重賞レース。

中山記念は持続的なペースになりやすい傾向が見てとれる。2016年は、ドゥラメンテを始めとするトップホースが揃ったことで持続的ながらも瞬発力を発揮するレースとなった。

雨が降ると相対的に上がり3ハロン時計がかかってくるため体力を問われるレースになる。この点から中山記念は実力がモノをいうレースになりやすいと言えるだろう。

中山記念の勝ち馬で見ていくと関東と関西の差は見られず互角の結果を残していた。このレースでは、ほかの重賞レースよりも西高東低とはならない。

ただ、騎手で見ていくと関東騎手が優勢となっており、過去10年で3勝している横山典弘は注意が必要。関西騎手ではM.デムーロが2勝と中山競馬場を得意としている。

しっかり穴馬がいるか見極めていくのでツイッター公開をこうご期待あれ!

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - 競馬予想2018