チューリップ賞2020予想データ傾向分析

    2020/05/18

チューリップ賞 予想オッズ1番人気は?どんな馬が穴馬となって配当を押し上げるのかデータ傾向を見ていこう!

人気馬名予想オッズ
1レシステンシア1.8
2クラヴァシュドール3.3
3ウーマンズハート6.1
4スマイルカナ8.8
5マルターズディオサ10.1
6チェーンオブラブ18.8
7シャンドフルール38.1
8ショウリュウハル70.2
9ピーエムピンコ83.9
10イズジョーノキセキ127.9
11スマートリアン148.2
12モズアーントモー215.8
13メデタシメデタシ350.0
14フルートフルデイズ632.1

チューリップ賞2020攻略データ

競馬予想に役立つ基本的なデータを検証してまとめてみました。

過去データ傾向分析

過去レースのデータ傾向から押さえておきたい重要ポイント

1番人気馬が好走する

2歳G1レースの阪神ジュベナイルフィリーズと同じ舞台ということもあり1番人気が堅調。

そのぶん相手関係は分散されやすいため、重視すべき相手を探せるかが回収率向上のカギになる。

馬券は当てやすいものの、しっかりと利益を生み出すとなるハードルは低くないと言えるだろう。

前走G1レース組が中心

上記と同じ理由で前走G1レース組が好走しており1番人気に逆らいにくい構図が浮かび上がってくる。

その他はどこからでも好走の目はあるため1勝馬であっても油断できない。素質判断がキモになると言えそうだ。

キャリアは6戦を超えていると好走は厳しい傾向が見られる。底を見せているような馬の激走は期待しづらい。

近年は関東馬の連対率が良い傾向が見られるだけに馬連重視も面白いだろう。

レースラップに適合するタイプ

チューリップ賞

チューリップ賞は、阪神競馬場の外回り芝1600mで行われるG3重賞レース。桜花賞トライアルレースでも重要なステップレースになる。

過去のレースラップでは、トライアルらしく中盤は緩むことも少なくないことから決め手が求められるケースを想定しておきたい。

脚質的には逃げは少し不利になることが多く追い込み馬の方が優勢となっている。脚を余す心配のない舞台と言えるだろう。

またマイル経験のない距離延長組は不利になりやすい。スピードだけで乗り切るには厳しい舞台と言えるからだ。

ただ、差し・追込み馬なら水が合うケースも考えられるためマイルになって良さがでる馬なら軽視しすぎないようにしよう。

 -競馬予想データ傾向分析

error: 操作することができません!