チューリップ賞2018穴馬予想に必須のデータ傾向

      2018/02/28

Pocket

元AKB48のこじはる予想は3年連続プラスにならなかった理由はどこにあったのかを検証してみました。

その結果わかったこと、それは自分の馬券購入ルールを素直に実行しなかった可能性が高いということでした。

今まではオッズと実績を比較してバリュー感のある馬を選んでいたのに、オッズを意識しすぎたのか穴馬のリスクを取りすぎた気がします。

自分の価値感に逆らった結果プラスになりやすかった馬券購入ルーティンは崩壊し大幅マイナス収支で3年目を終えました。

今までよりもリスクをとる必要があったのはAKB卒業と関係があるのかもしれません。

こじはる予想の3連単5頭ボックスは長期的な視点で番組が設定したものだと思いますが、それが幸運にも彼女のバリューと結びついて結果を残すことができたという事実は注目できます。

これは大した知識がなくても1つの気づきを得れば競馬で勝てることを証明しているからです。そう長期的な視点を持つことで競馬必勝法に近づくことができるのです。

競馬で勝つための手法は確かに存在する。この圧倒的な事実にワクワクしない人はいないでしょう。そうでなければ投資競馬の税金裁判など起きなかったはず。

重要なのは自分の能力と何が絡めば勝ちやすい手法が生まれるのか。そのヒントを提供するのがゴールドマイニングを軸とした投資競馬になります。

あなたの可能性は自身が試さない限り開花することはありません。自分だけの馬券購入ルーティンができれば競馬はより楽しくなり人生がより充実したものになると思います。

チューリップ賞2017データ傾向

チューリップ賞は、阪神競馬場の外回り芝1600mで行われるG3重賞レース。桜花賞トライアルレースとしても知られた名物レースになります。

ハイレベルな出走馬がそろった2016年のチューリップ賞は1:32.8という速い時計がでており本番さながらの勝ちタイムで決着した。

これは芝の育成や天候にも左右される話なので一概には言えませんが1分33秒台ならハイレベルと見ていいかもしれません。

阪神ジュベナイルフィリーズ⇒トライアルレース⇒桜花賞と阪神競馬場の芝1600mという一貫性のある条件で行われるため混戦メンバーでなければ堅い決着になりやすい。

近年は関東馬が穴馬として活躍する傾向はあるものの、無理して穴を狙っていくかは混戦具合で決まってくると言えるでしょう。

10連続プラス!無料の軸穴馬情報はこちら

自分だけのオッズゾーンで高配当をつかめ!

1.ツイッターをフォロー

2.メールアドレス登録でお得情報ゲット!
無料競馬情報の詳細

競馬予想の公開から10年プラス達成しました。

システムアナリストとして独自のデータ分析手法【ゴールドマイニング】を開発し能力の高い馬をリスト化。そこに競走馬エージェントの馬体適性理論を組み合わせることで回収率の向上に成功しました。

独自理論から生まれたアナログとデジタル手法の双方向から競馬の利益につながる情報を提供します。

Pocket

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - G3予想