弥生賞2020予想データ傾向分析

    2020/05/18

弥生賞 予想オッズ1番人気は?どんな馬が穴馬となって配当を押し上げるのかデータ傾向を見ていこう!

人気馬名予想オッズ
1ワーケア2.0
2サトノフラッグ2.7
3オーソリティ4.5
4ブラックホール8.7
5ウインカーネリアン29.3
6パンサラッサ32.3
7オーロアドーネ46.1
8メイショウボサツ70.7
9アラタ73.2
10ディヴィナシオン95.9
11ヴィズサクセス109.3
12エンデュミオン120.3

弥生賞2020攻略データ

競馬予想に役立つ基本的なデータを検証してまとめてみました。

過去データ傾向分析

過去レースのデータ傾向から押さえておきたい重要ポイント

オープン勝ちの人気馬が堅実

オープン勝ちの実績がある1~2番人気が順当に好走している。当てはまらない場合は気をつけたい。

10番人気以下の好走を見つけるのは容易ではなく人気馬からの流し馬券が無難な馬券になる。

2勝馬からの参戦では、京都か東京競馬場の1勝級を勝ち上がった馬の好走傾向が強く注目したい。

キャリア6戦まで

キャリア7戦以上になると能力的に底を見せているタイプが多く浮上する余地が少ない。

中距離の実績がない馬も分が悪い傾向が見られる。マイル経験までの馬は過信禁物と見ておきたい。

キャリア6戦以内でオープンでの好走実績が欲しいところ。クリアできている中から重視する馬を見つけるのが無難だろう。

レースラップに適合するタイプ

弥生賞

弥生賞は中山競馬場の芝2000mで行われるG2重賞レース。皐月賞と同じ舞台で行われるトライアルレースに指定されている。

過去のレースラップから前半は緩やかなペースになりやすい。ここで全力という陣営が少ないぶんペースの紛れは起こる前提で考えた方が良さそうだ。

レースラップは緩急がつくこともあれば、ダラダラとスローペースで続くこともあり、このあたりは陣営の思惑次第と言ったところだろう。

総合力よりも上がり3ハロンタイムの良い馬に絞って買うことも考えてみる価値はある。2回息が入ることもあり中距離の経験はあった方がいい。

折り合いがつくか、実力が圧倒的に上であれば好走する余地は生まれてくるだけにケースバイケースで判断したいところ。

エージェント馬体診断

業界トップエージェントが有力馬の状態を厳しくチェック!

サトノフラッグ

まだ薄く見せており緩さを残しているが下地は良いものを持っている。本質的には広いコースの方が適している。

ワーケア

コンパクトに見せる体形で大物感はないものの大きな欠点もないタイプ。トライアルでは重視したいタイプ。

オーソリティ

しなやかさには欠けるが骨格はしっかりしておりタフな馬場の方がより動ける体躯バランスをしている。

ブラックホール

まだ薄目に見せており仕上がり自体は早いタイプ。ある意味では本気度が高いと言える仕上がり具合。

パンサラッサ

個々のパーツは悪くないが全体的な連動性になるとアンバランスさが生じてくる。現状スローペースで恵まれないと。

ウインカーネリアン

もっと薄目の方が走れる点で暑い時期が合っていそう。

 -競馬予想データ傾向分析

error: 操作することができません!