愛知杯2018予想データまとめ

      2018/01/12

従来の競馬予想とは正反対と言えるぐらい考え方が違うのが投資競馬。

競馬歴の長い人になると一般的な信念、たとえば的中率は高いほど良いといった信念は投資競馬では重視していません。

こういった信念の違いを乗り越え、さらに信念を入れ替えてもらうには投資競馬にじっくり取り組んでもらうしかないでしょう。

競馬はシステム的に負けるようにできています。これは頭で分かっているつもりでも感情レベルで認識してる人は少ない。

そういう人が馬券で負けるとどうなるか。信念は感情により強化されるため現実的に不可能に近い論理を勝つにはコレしかないと考えてしまうのです。

本当の競馬を知りたいのなら負けを受け入れること。最初は負の感情で苦しいかもしれないですが負けることは当たり前だと思えればラクになります。

それを経験をすると足を引っ張ってきた古くさい信念から解放され負けないようにするための施策というステップに移れます。

現実的に可能なことを論理に沿って行動していくことが投資競馬の基本であり、それは誰もがプラス収支に近づける唯一のプロセスだと考えています。

愛知杯データ傾向

2016年から高速馬場へと変貌したことで、それ以前のレースラップはガラリと一変しています。

愛知杯のラップパターンに一貫性がなく毎年のように変化するため展開を予測することは非常に困難と言わざるを得ません。

その点から見れば配当が荒れやすいというのは全く自然なことであり何が好走するか分からない!

基本的に関西馬が有利なものの2017年のように関東馬が穴をあけることもあり軽視は禁物。

あまりセオリーらしいデータが少ないのは体調変動が大きい牝馬という理由もありそうです。

格下でも近走で見所ある競馬をしていれば好走することもあり思い切った穴狙いが吉にでるかも。

愛知杯2018予想見解

愛知杯を当てにいくのなら10番人気までをボックス買いするなど割り切った狙いがベター。

たとえ軸馬が決まったとしても手広く流していかないとヒモ抜けなんていう事態もありえます。

もし穴馬の組み合わせでソコソコありそうな感じがするのなら思い切って高配当を狙っていくのも面白そう。

あまりセオリーが通用しないレースだからこそ馬券戦術を重視してファクター買いするのもいいかもしれないですね。

10連続プラス!無料情報はこちら

自分だけのオッズゾーンで高配当をつかめ!

1.ツイッターをフォロー

2.メールアドレス登録でお得情報ゲット!
無料競馬情報の詳細

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - G3予想