愛知杯2022予想データ傾向分析

  

愛知杯予想に関するデータ傾向を探っていく上で価値あるデータだけを絞り込んでいきます。

愛知杯データ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~2番人気でも過信できない
  2. 6番人気以下もチャンスがある
  3. 7歳馬以上になると厳しい
  4. 前走5着以内を重視したい
  5. 前走が自己条件組の好走率が高い
  6. 距離短縮組が狙い目

基本データ該当馬

ルビーカサブランカ、ホウオウエミーズ、アンドヴァラナウト、アナザーリリック、クールキャット、ソフトフルート、デゼル

データ傾向分析

過去レース分析は、データ分析の中で最も基本的なもので十分な価値はないものですが考察のネタとして見ていくことにします。

好走するタイプ

中京競馬場の開催レースでは1番人気の好走率は良く、2~4番人気はオッズメリットが低いデータ傾向が見られた。

5歳馬が好走の中心を占めており、他の年齢馬はやや苦戦が見られ、7歳以上ではあまり妙味はなくなる。

中京コースでは追い込み馬の活躍が目立っており差し優勢の傾向が見られたことは覚えておきたい。

穴馬は格上挑戦馬から

前走2勝馬クラスからの連対率の良さからハンデキャップレースの斤量差を上手く生かすケースが目立つ。

重賞レースでもパフォーマンスを上げてこれるかは未知数な部分も多く機械的に組み込むのがベターか。

過去に重賞レース実績がある馬なら重視して狙ってみると馬券配当がハネ上がりそうだ。

好走馬が分かるレースラップ分析

2016年からの中京開催から高速馬場へと変貌したことで、それ以前のレースラップはガラリと一変していることに留意したい。

基本は加速ラップの傾向を示しているが、その中盤では毎年のように変化するため展開予測は困難が伴う。

ただ、じわじわと加速していく中盤レースラップは小倉競馬場での開催では顕著になるようだ。

その点から見れば配当が荒れやすいというのは全く自然なことであり基本は手広く買う意識を持っておきたい。

スピードとスタミナのバランスを問われやすいという点で芝1800mで勝った経験があるか重視すること。

愛知杯予想ポイント

近年の愛知杯は1番人気が活躍しやすいものの相手を選ぶのが難しいレースになります。

2勝級からの激走も十分に考えられることから、どう馬券を構築すべきかに時間を割くべきでしょう。

たとえ軸馬が決まったとしても手広く流していなかったせいでヒモ抜けなんていう事態もありえます。

単勝や複勝などシンプルな馬券を組み合わせて手堅い配当と最大配当を両立する買い方が理想的。

1番人気が絡む点からオッズメリットの確保が難しくなることも予想できるため割り切った買い方も考えておこう。

一週前の追い切り診断

実質な追いきりが多い一週前を重視して診断します。

アイコンテーラー

未勝利馬を相手に軽快な走りは当然。陣営としても試金石な出走だろう。

シゲルピンクダイヤ

追い切りは動けるがレースに行くとクセの強い馬になる。

ソフトフルート

順調な調整で追いきりの動きも問題はない。

デゼル

終い重点で瞬発力のある所を見せている。

マリアエレーナ

追い切りの動きは上々で上昇ムードが漂う。

アンドヴァラナウト

しっかり疲れを取って仕上がりも早い。飛躍の年となるか。

アナザーリリック

神経の良い俊敏な動きを見せて好調がうかがえる。

マジックキャッスル

加齢による気勢不足か追い切りにメリハリ感がない。前向きさが欲しい。

AI競馬新聞

 

AI競馬新聞 - 競馬を投資にする必須ツール

AI競馬新聞は、激走馬を絞り込むことで配当アップに貢献します。

軸馬だけでなく穴馬だって特定してしまう。

たとえ馬券がハズレても小額で爆発力のある馬券を買うことを可能にする。

68,990,600円【有馬記念2008】

手堅い本命馬だけでなく穴馬の特定もおまかせください。

馬柱データをグラフ化したことで出走馬の比較をカンタンにします。

さらに世界初の逆解析レーストレーシング技術で買うべき馬に集中することができる!

なんと、この勝ち組ツールが基本無料で利用できます。

無料版では、レース発走30分前から約10分間隔で順次情報公開中。

10年以上プラス収支を継続したノウハウを体験してください。

そして、最後には業界トップエージェントのパドック診断まで抜かりなし!

その一部は、ツイッターでも公開しているので要チェックですよ。

今までの競馬予想を過去のものにする革新的な近未来ツール。

あなたの馬券だけでなく人生をも変えるかもしれません。

AI競馬新聞 & パドック診断

 -競馬予想AI

error: 操作することができません!