愛知杯2025予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

      2024/01/18

愛知杯2025予想で知っておかないと大損するかもしれない馬券的中のポイントを挙げていきます。

データ分析の質は競馬予想力に比例する!最も基本となる過去レース分析に焦点を当てた統計分析を行います。

愛知杯データ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~2番人気でも過信できない
  2. 6番人気以下もチャンスがある
  3. 7歳馬以上になると厳しい
  4. 前走5着以内を重視したい
  5. 前走が自己条件組の好走率が高い
  6. 距離短縮組が狙い目

データ該当馬

ミッキーゴージャス、コスタボニータ、セントカメリア、ルージュスティリア、ウインピクシス、アレグロモデラート、フラーズダルム

データ傾向分析

過去レース分析は、データ分析の中で最も基本的なもので十分な価値はないものですが考察のネタとして見ていくことにします。

好走するタイプ

中京競馬場の開催レースでは1番人気の好走率は良く、2~4番人気はオッズメリットが低いデータ傾向が見られた。

5歳馬が好走の中心を占めており、他の年齢馬はやや苦戦が見られ、7歳以上ではあまり妙味はなくなる。

中京コースでは追い込み馬の活躍が目立っており差し優勢の傾向が見られたことは覚えておきたい。

穴馬は格上挑戦馬から

前走2勝馬クラスからの連対率の良さからハンデキャップレースの斤量差を上手く生かすケースが目立つ。

重賞レースでもパフォーマンスを上げてこれるかは未知数な部分も多く機械的に組み込むのがベターか。

過去に重賞レース実績がある馬なら重視して狙ってみると馬券配当がハネ上がりそうだ。

馬券の買い方を絞るレースラップ診断

愛知杯2025予想

2016年からの中京開催から高速馬場へと変貌したことで、それ以前のレースラップはガラリと一変していることに留意したい。

基本は加速ラップの傾向を示しているが、その中盤では毎年のように変化するため展開予測は困難が伴う。

ただ、じわじわと加速していく中盤レースラップは小倉競馬場での開催では顕著になるようだ。

その点から見れば配当が荒れやすいというのは全く自然なことであり基本は手広く買う意識を持っておきたい。

スピードとスタミナのバランスを問われやすいという点で芝1800mで勝った経験があるか重視すること。

愛知杯2025予想まとめ

近年の愛知杯は1番人気が活躍しやすいものの相手を選ぶのが難しいレースになります。

2勝級からの激走も十分に考えられることから、どう馬券を構築すべきかに時間を割くべきでしょう。

たとえ軸馬が決まったとしても手広く流していなかったせいでヒモ抜けなんていう事態もありえます。

単勝や複勝などシンプルな馬券を組み合わせて手堅い配当と最大配当を両立する買い方が理想的。

1番人気が絡む点からオッズメリットの確保が難しくなることも予想できるため割り切った買い方も考えておこう。

■今週の重賞レース
京成杯日経新春杯

URA競馬新聞

 

競馬で勝てる、たった1つのロジック

競馬予想で勝つ方法はこれしかありません。それは【現在」をデータ分析すること。

過去データを見て予想が上手くいくわけないのです。なぜかって!?そのシンプルな理由を今から解説します。

それは、省略された過去データで予想しているからです。現在を構成する情報が何か考えてみてください。気温や風の変化、馬場や競走馬の変化、調教師や騎手の心理的な変化もお互いに作用しています。

それなのに、ギリギリまで削り取られたデータだけで予想するのだから上手くいくわけがない。つまり、その逆をいけば競馬で勝つことができるわけです。

そう誰も手をつけられなかった当日のデータ分析で変化に沿って馬券を構築すること。現在を知るデータ分析のハードルは高いです。なぜなら、理論から構築する必要があるからです。

あえて前人未踏の地に踏み込むことにしました。そのために1億円と10年の研究を必要としました。そして、ついにAIを取り込んだアプリを完成させることができました。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

詳しくは下記サイトをご覧ください。あなたがもし、このシステムを使いこなすのであれば、再現性のあるリターンを手にすることができるでしょう。

中央競馬サイト【Umapp】スマホAI攻略速報アプリはこちら

 - 競馬予想AI

error: 操作することができません!