京成杯2021競馬予想AIオッズ診断と厚く買うためのラップギアデータ傾向

    2021/01/15

京成杯2021競馬予想はAI【デジタル】とエージェント【アナログ】の分析力を生かして賢く正しく稼ぐ側になろう。

投資競馬の現実的アプローチ

競馬で勝つ人ほど「買い目2割の法則」を利用している。配当の中心となる2割の買い目を意識する人ほどプラスになる傾向が見られた。

誰でも8割の馬券は当たったり負けたりを繰り返すだけ。これは、いわば神の法則として働いているため覆すことができない。

1と1を足すと2になる。この法則は人間が決めたわけではなく、ただ発見したに過ぎない。この世界は数々の発見で成り立ってきた。

平凡な8割を受け入れ小さい負けで済ますことが長期馬券戦略でのメリットにつながる。全買い目の2割で一気回収するイメージを持とう。

愛知杯2020競馬予想攻略

クセの強い投資競馬メンターが一般ルートでは手に入らない情報を元に競馬予想につながるヒントを提示します。

基礎データ傾向分析

過去レース分析は、データ分析の中で最も基本的なもので十分な価値はないものですが考察のネタとして見ていくことにします。

荒れモードに注意

1~2番人気の好走率は悪くない一方で5~7番人気あたりでも悪くない好走率を示していた。

堅いメンバーなのか、それとも混戦レースなのか見極めて馬券構築できるかが的中へのカギになりそうだ。

混戦なら思い切って穴目から入る方がメリットを確保しやすいレースと言えるだろう。

キャリア3~4戦がベスト

キャリア1戦の馬も参加してくる時期の重賞レースになるが、キャリアは3~4戦ある方が望ましいようだ。

まあ1戦馬は分かりやすいパフォーマンスを残していない限り買いづらいのでキャリアのある馬を選ぶことになる。

ペースの緩急がある2000mということもあり折り合い面でそういった結果になるのかもしれない。

前走レースの格に差がない

前走が未勝利からでも十分な好走率を示しておりレースの質を見極めて買うことを意識したい。

どのクラスでも差がないので前走着順が良い馬に注目するのが手堅い見方になると言えそうだ。

前走5着までが好走率の良い評価ゾーンになるのでレースレベルの高い馬を重視できるかがカギになる。

展開予測を可能にした合成レースラップ分析

京成杯2021

京成杯は中山競馬場の芝2000mで行われる3歳限定の重賞レース。

例年のレースラップ傾向を見ていくと3歳馬なりたてのわりに2回しっかり息を入れて走っているレースが多いなと感じました。

これからの飛躍を目指す若駒たちなのでハイペースにはなりにくい。まずは、しっかりと折り合っていけなければ話になりません。

そういった点から見ると距離経験のある馬というのは距離延長してきた馬よりも重視しておきたいですね。

とは言え、馬券に絡みやすいのはキャリア3戦の馬と少なめなので消し判断には使いにくい。

その割に時期的なものもあってか大物が出現するレースではないので地味にマイナス材料の少ない馬を買っていくべきでしょう。

将来的にはマイルを走るような馬でも好走することがあり距離適性だけでは判断できないので注意!

きちんとレースでのパフォーマンスによる判断で決めることをおすすめします。

競走馬のパフォーマンスは安定していなかった

競走馬は毎レース一定のパフォーマンスをだしている。そう思いこんでいる人は多いのではないだろうか。

最新のAIデータ分析では、パフォーマンスが安定していることの方がずっと少ないという結果がでている。

これは意外な結果などではない。ずっと知性のある人間だって隙あらばラクをしようとしているではないか。

競馬で勝ちたいと願う人が週末の馬券のために十分に準備しているとは限らないように。

この事実を踏まえるなら「競走馬が何らかの事情で能力を発揮できない可能性」を考慮した資金管理が必須になる。

そこに確率的な事実も念頭に入れておく。たとえば、1~5番人気で8割

一番リスクの少ない買い方は「ボックス」である。ただ、レース毎コストが高く利益になりにくいという点で乱用できない。

ほかにも「流し馬券」「フォーメーション」を適切に使うためには、どれだけレースを理解しているかで決まってくる。

ターゲットにするべき目標は「適切に買えている」かどうか。資金の削減や馬券的中を重視しすぎるのは逆効果でしかない。

予想オッズ上位馬の追い切り診断

トップの相馬眼を持つエージェントが人気馬を診断する!

グラティアス

大きめの馬格ながら神経の通りが良い。ハーツクライ産駒にしては薄目。
その分キレの良さを生かせるアウトラインに仕上がったことで末脚のキレが期待できる。

プラチナトレジャー

ズブズブとした追い切りから距離は伸ばしていってもこなせていけそう。
使いつつ芯が入ってきた印象。ブルードメアがクロフネの影響も感じられた。

タイソウ

筋肉が厚めにでやすいモーリス産駒の中では適切で可動域が大きい。
ムダにアクションが大きいは坂路からもうかがえる。
予想力を錯覚することで永続的な負けが保証される

一般的に言われている予想力とは競馬新聞の利用を前提にしている。そうであるなら予想力に頼るほど利益がでなくなるのは当然だろう。

この世界を1つの平面で語れないように、たった1つの見方で正しく競馬をとらえられるわけがないのだ。

この三次元の世界を二次元で表現しようとすれば、実際には幾つもの構図を知っておかないと正確性を欠いてしまう。

あなたは競馬新聞という限られた二次元の情報をもとに現実的な対処を求められている。それは予想力でカバーできない。

投資競馬のロボアドバイザーAIは3つの指数や補完技術を用いて三次元を表現することに成功している。10年継続プラスで証明はなされた。

現実をシミュレートするには今ある情報では圧倒的に不足しているが、3Dアドバンテージの大きさを体感すれば問題にはならないことも分かるはずだ。

あなたが幼稚園に混じれば天才かのように見える。そういう圧倒的な利益を生み出すフィールドに投資しなければならない。

その計算式は実にシンプル。【AI+エージェント+あなたの強みを生かした資金管理=あなたの永続的利益ゾーン】

一般的な手法では、あなたはの予想力を生かせてなかった可能性が高い。あなたの報酬がどこに埋められているかAIを利用して発掘していこう。

 -競馬予想データ傾向分析