京成杯2020予想データ傾向分析

    2020/05/18

京成杯 予想オッズ1番人気は?さっそく穴馬のデータ傾向から対策を考えていくことにしよう。

人気馬名予想オッズ
1スカイグルーヴ2.1
2ゼノヴァース4.1
3ヒュッゲ4.9
4ロールオブサンダー6.2
5ディアスティマ14.5
6ヴィアメント16.5
7ビターエンダー20.8
8キングオブドラゴン33.0
9クリスタルブラック34.4
10リメンバーメモリー66.4
11キムケンドリーム120.9
12チュウワジョーダン423.8

愛知杯2020競馬予想攻略

クセの強い投資競馬メンターが一般ルートでは手に入らない情報を元に競馬予想につながるヒントを提示します。

基礎データ傾向分析

過去レース分析は、データ分析の中で最も基本的なもので十分な価値はないものですが考察のネタとして見ていくことにします。

荒れモードに注意

1~2番人気の好走率は悪くない一方で5~7番人気あたりでも悪くない好走率を示していた。

堅いメンバーなのか、それとも混戦レースなのか見極めて馬券構築できるかが的中へのカギになりそうだ。

混戦なら思い切って穴目から入る方がメリットを確保しやすいレースと言えるだろう。

キャリア3~4戦がベスト

キャリア1戦の馬も参加してくる時期の重賞レースになるが、キャリアは3~4戦ある方が望ましいようだ。

まあ1戦馬は分かりやすいパフォーマンスを残していない限り買いづらいのでキャリアのある馬を選ぶことになる。

ペースの緩急がある2000mということもあり折り合い面でそういった結果になるのかもしれない。

前走レースの格に差がない

前走が未勝利からでも十分な好走率を示しておりレースの質を見極めて買うことを意識したい。

どのクラスでも差がないので前走着順が良い馬に注目するのが手堅い見方になると言えそうだ。

前走5着までが好走率の良い評価ゾーンになるのでレースレベルの高い馬を重視できるかがカギになる。

展開予測を可能にした合成レースラップ分析

よう、合成レースラップ競馬投資家G.Ra.Pだ。レースラップから分かる京成杯のポイントを挙げていこう。

京成杯

京成杯は中山競馬場の芝2000mで行われる3歳限定の重賞レース。

例年のレースラップ傾向を見ていくと3歳馬なりたてのわりに2回しっかり息を入れて走っているレースが多いなと感じました。

これからの飛躍を目指す若駒たちなのでハイペースにはなりにくい。まずは、しっかりと折り合っていけなければ話になりません。

そういった点から見ると距離経験のある馬というのは距離延長してきた馬よりも重視しておきたいですね。

とは言え、馬券に絡みやすいのはキャリア3戦の馬と少なめなので消し判断には使いにくい。

その割に時期的なものもあってか大物が出現するレースではないので地味にマイナス材料の少ない馬を買っていくべきでしょう。

将来的にはマイルを走るような馬でも好走することがあり距離適性だけでは判断できないので注意!

きちんとレースでのパフォーマンスによる判断で決めることをおすすめします。

京成杯 予想まとめ

過去のデータから逃げや追いこみといった極端な脚質は決まりにくい先行・差し勢から軸馬を探すのがベター。

あまり大きく荒れることはなく、小~中波乱がよくある決着パターンなので狙って獲るのは微妙に難しいレースと言えそう。

しっかりと軸馬が決まれば点数は絞れるが、取りこぼしたくないならボックス馬券を検討してみたらどうでしょうか。

立ち回りでカバーできるコースでもありレース運びの上手さも3歳戦では武器になると言えるでしょう。

 -競馬予想データ傾向分析

error: 操作することができません!