日経新春杯2021競馬予想AIオッズ診断と厚く買うためのラップギアデータ傾向

    2021/02/05

日経新春杯2021競馬予想はAI【デジタル】とエージェント【アナログ】の分析力を生かして賢く正しく稼ぐ側になろう。

日経新春杯2020競馬予想攻略

クセの強い投資競馬メンターが一般ルートでは手に入らない情報を元に競馬予想につながるヒントを提示します。

基礎データ傾向分析

過去レース分析は、データ分析の中で最も基本的なもので十分な価値はないものですが考察のネタとして見ていくことにします。

好走するタイプ

過去のレースから4~5歳馬が好走の中心であり、なかでも4歳馬の勝率が高い傾向が見られる。

年齢が上がるごとに期待値は下がっており、7歳以上になるとヒモに絡める程度の低い好走率となっていた。

あまり奇をてらうよりも成長力と勢いがあるフレッシュな4歳馬を馬券の軸馬にするのがセオリーと言えそうだ。

負担重量から狙う

ここで飛躍を狙う馬が多く出走する傾向があるため斤量でみると54~56.5kgあたりがベターな好走タイプになる。

過去に実績があり57kgなど背負う馬は衰えがでやすいのか好走率は低い傾向となっていた。

この点からも実績よりもノビシロの大きい馬を選ぶべきだと言うことができる。

上がり馬に注目

前走2~3勝馬クラスの出走馬が前走G1レース出走馬より連対しており底知れぬ上がり馬はヒモに入れておくのが好ましいようだ。

特に成長ラインに乗った4歳馬は注目しておく必要がある。逃げ馬が残るケースは少なくないため追い込み馬より重視したい。

牡馬と牝馬の好走率では牝馬の方が優位なデータ傾向がでていた。関東馬は好走率では不利になりやすいことも考慮しておこう。

展開予測を可能にした合成レースラップ分析

日経新春杯2021

日経新春杯2020決着タイム予測:2.25.5

長距離レースにありがちな息の入りがマチマチなパターンがでており、どういった展開になるのか予測はカンタンではない。

大体2~3回ほど息を入れるためにペースダウンするため、しっかり折り合える長距離に実績がある方が狙いやすくなる。

また、厳しいペースになりにくいことから、長距離に実績がなくても折り合えれば対応することは難しくないようだ。

右下に下がっていくレースラップの波形から上手く脚を残しつつ瞬発力を発揮できることも好走要因の1つになる。

予想オッズ上位馬の追い切り診断

トップの相馬眼を持つエージェントが人気馬を診断する!

アドマイヤビルゴ

[box style="comment"] 小柄な体格でもパーツには幅があるので小さく見えないし非力感もない。
外観は3歳から大きな変化はないものの追い切りは集中力が高く精神的には充実している。
[/box]

ヴェロックス

[box style="comment"] 完成度が高い馬だったので3歳から大きな変化は見られず仕上がりは良好。
追い切りはノビノビと走っており、、あとはメンタリティ次第といったところ。
[/box]

ダイワキャグニー

[box style="comment"] 古馬になって良い意味で力むような所もないので距離延長は気にならない。
少し体は増えてきそうだが、しっかり動けていたので丁度いいくらいか。
[/box]

サンレイポケット

[box style="comment"] デキが安定している馬で大きな変化はないが追い切りはしっかり動けている。
極端な馬場でなければレース条件を問わないのがこの馬の強みと言えるだろう。
[/box]

高配当

 

人生一変の高配当TOP5

68,990,600円【2008年 有馬記念】

AIアドバイザーがリアルタイムにパドック診断。10万馬券だって当たり前にように拾い上げる!あなたの配当を最高にする激走馬をエージェントと一緒に見つけないか?
メンター伊藤
メンター伊藤

10万馬券連発!?激走パドック診断Liveはこちら

 -競馬予想AI

error: 操作することができません!