【日経新春杯2019予想】データ傾向と対策

      2019/01/16

日経新春杯の予想オッズ1番人気は?さっそく穴馬のデータ傾向から対策を考えていくことにしよう。

日経新春杯データ傾向

日経新春杯のレースラップを見ていくと、レース途中2~3回ほど息を入れいくアップダウンがあり全体時計は2分24~25秒と極端に遅くありません。

こうした展開になる理由として、この時期に出走してくるメンバーの勝利への本気度が高いことが挙げられます。

ここで賞金を加算しておきたい実績馬が出走してきたら注目しておきたいところ。

何回かのアップダウンを繰り返すため折り合い下手な馬では引っ掛かることも少なくないため長距離の経験は豊富な方が狙いやすいレース。

日経新春杯と同じく2400m前後の距離で好走実績のある馬を重視した方が良さそうです。

若い4歳馬の勝率が良く、3着までの馬券圏内率を見ると4~5歳馬を中心に狙っていく方がムダがなさそう。

前走が自己条件から出走してくる馬が勝つことも少なくないことから実績と適性を重視して馬券検討を進めていくのが良いでしょう。

日経新春杯 予想オッズ

掲載までおまちください。

日経新春杯 予想まとめ

ここから飛躍する馬が活躍する傾向が強く、いかにも年始のレースという印象が強いレース。4歳の有力馬がいるようなら素直に評価したい。

自己条件を勝ったばかりでも好走するケースが増えており、頭打ちの5歳以上の実績馬よりフレッシュな4歳を選ぶ方がいいケースもあります。

そのため競走馬の能力や素質をしっかりと把握して検討したいところ。人工知能(AI)クラスリビルドなら軸馬・穴馬候補がすぐに見つかります。

G2というグレードの高いこともあり実績馬が中心も勢いのある若手の台頭をイメージできるか、そこから始めるのがいいでしょう。

JRA-VANネクスト+人工知能=投資競馬

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - G2予想

最速30日間で身につく究極マインドセット【無料購読】


競馬予想力だけで勝とうとするほど負けてしまうのには科学的な根拠があった!

絶対的な差がつく『究極の思考』を手にいれて最終的には今なでになかったAI搭載の投資競馬システムを活用した最新の競馬予想を習得していただけます。

どのような情報か確認する