日経新春杯2020予想データ傾向分析

    2020/05/18

日経新春杯の予想オッズ1番人気は?馬券を当てるために基礎データ分析をご覧ください。億り人を輩出した投資競馬システム創始者であるメンター伊藤がご案内します。
メンター伊藤
メンター伊藤
人気馬名予想オッズ
1レッドジェニアル3.0
2アフリカンゴールド3.6
3タイセイトレイル4.5
4メロディーレーン6.7
5サトノガーネット7.1
6レッドレオン11.5
7モズベッロ18.7
8ロードヴァンドール34.6
9マスターコード53.2
10チェスナットコート65.5
11プリンスオブペスカ89.8
12エーティーラッセン120.6
13サイモンラムセス407.0
14スズカディープ503.6

日経新春杯2020競馬予想攻略

クセの強い投資競馬メンターが一般ルートでは手に入らない情報を元に競馬予想につながるヒントを提示します。

基礎データ傾向分析

過去レース分析は、データ分析の中で最も基本的なもので十分な価値はないものですが考察のネタとして見ていくことにします。

好走するタイプ

過去のレースから4~5歳馬が好走の中心であり、なかでも4歳馬の勝率が高い傾向が見られる。

年齢が上がるごとに期待値は下がっており、7歳以上になるとヒモに絡める程度の低い好走率となっていた。

あまり奇をてらうよりも成長力と勢いがあるフレッシュな4歳馬を馬券の軸馬にするのがセオリーと言えそうだ。

負担重量から狙う

ここで飛躍を狙う馬が多く出走する傾向があるため斤量でみると54~56.5kgあたりがベターな好走タイプになる。

過去に実績があり57kgなど背負う馬は衰えがでやすいのか好走率は低い傾向となっていた。

この点からも実績よりもノビシロの大きい馬を選ぶべきだと言うことができる。

上がり馬に注目

前走2~3勝馬クラスの出走馬が前走G1レース出走馬より連対しており底知れぬ上がり馬はヒモに入れておくのが好ましいようだ。

特に成長ラインに乗った4歳馬は注目しておく必要がある。逃げ馬が残るケースは少なくないため追い込み馬より重視したい。

牡馬と牝馬の好走率では牝馬の方が優位なデータ傾向がでていた。関東馬は好走率では不利になりやすいことも考慮しておこう。

展開予測を可能にした合成レースラップ分析

よう、合成レースラップ競馬投資家G.Ra.Pだ。レースラップから分かる日経新春杯のポイントを挙げていこう。

日経新春杯2020決着タイム予測:2.25.5

長距離レースにありがちな息の入りがマチマチなパターンがでており、どういった展開になるのか予測はカンタンではない。

大体2~3回ほど息を入れるためにペースダウンするため、しっかり折り合える長距離に実績がある方が狙いやすくなる。

また、厳しいペースになりにくいことから、長距離に実績がなくても折り合えれば対応することは難しくないようだ。

右下に下がっていくレースラップの波形から上手く脚を残しつつ瞬発力を発揮できることも好走要因の1つになる。

日経新春杯2020予想ポイント

ここから飛躍する馬が活躍する傾向が強いことから、4歳の有力馬がいるようなら素直に評価したいレースです。

ここでパフォーマンスを上げてくる馬がいたり、逆に期待ハズレに終わることもあったりと能力が試されるレースになりやすい。

自己条件を勝ったばかりでも好走するケースが増えており、頭打ちの5歳以上の実績馬よりフレッシュな4歳を選ぶ方がいいケースもあります。

過去の実績で買うというよりも、これから飛躍していく馬がどれなのか意識すべきレースと言えるでしょう。

実績馬がいる構成では無理せず、上がり馬が多い構成では積極的に配当妙味を追っていきたいレースです。

最強エージェントの有力馬診断

各方面にコネクションを持ちアーモンドアイの不調を見抜いた最強相馬エージェントが有力馬を診断します。

レッドジェニアル

久々でも問題なく仕上がっている。まだ薄い面を残しているものの、少しずつ背中と腰が良くなったことで負荷の高い競馬にも耐えられるようになってきたようだ。今の馬体から見れば京都競馬場がベストコースなのは間違いない。
エージェント
エージェント

 -競馬予想データ傾向分析

error: 操作することができません!