アメリカジョッキークラブカップ2018穴馬予想に必須のデータ傾向

   

投資競馬は事実にもとづくデータ分析を特に意識してきました。

競馬業界は、とかく曖昧な情報であふれかえっているので使える情報というのは多くありません。

あいまいな情報をもとに予想しても、あいまいな結果が返ってくるだけで意味がない。

意味がないだけならいいが、思考のゆがみをもたらす原因となれば大幅な時間のロスを生み出すこともある。

こういう状況に慣れてしまうと何も理解してないのに結果だけでを見て因果関係を創りあげてしまう。

『いやーこの馬が強いと思ってたんだよ』

よくある光景ですが結果のみから事実を得る人が正しい情報にたどりつくことはありません。

そうなるともう何が正しいのかさえ分からないので、もう手当たり次第に予想して馬券を買うことしかできない。

そもそも今ある競馬の常識さえ間違っていることもあるので正しい知識を構築するだけも一苦労なわけです。

まずは予想する前に正しい情報を得られているか意識できなければ競馬での勝利は見えてきません。

AJCC22017データ傾向

AJCCことアメリカジョッキークラブカップは、中山競馬場の芝2200mで行われる古馬重賞G2レースになります。

一級古馬はお休みしている時期なのでG2大将と呼ばれるG1レースでは足りない馬が出走する傾向があります。

AJCCの歴代レースラップを比較すると2~3回ほど息を入れつつスピードを維持しゴールまで持たせていく。

そのようなレースなので極端なスローレースになった2015年が例外的な結果と言えるのかもしれません。

図の通り繰り返し加速と減速を繰り返すため折り合い性能は良いに越したことはないでしょう。

1番人気の好走率は良くないものの実績馬が勝つ傾向があり人気馬を重視するのが無難。

大体1ケタ人気で収まっていることから人気サイドから中波乱までの決着が配当ゾーンと考えたいところ。

前がラクしやすいレースなことから先行馬を軸にして馬券を構築するのが的中への近道になります。

2017年は休み明けのタンタアレグリアが勝ちましたが、基本的にはレースを使ってきた馬の方が好走しやすい傾向があります。

10連続プラス!無料情報はこちら

自分だけのオッズゾーンで高配当をつかめ!

1.ツイッターをフォロー

2.メールアドレス登録でお得情報ゲット!
無料競馬情報の詳細

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - G2予想