プロキオンステークス2022予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

   

プロキオンS予想で知っておかないと大損するかもしれない馬券的中のポイントを挙げていきます。

データ分析の質は競馬予想力に比例する!最も基本となる過去レース分析に焦点を当てた統計分析を行います。

プロキオンSの完全データ攻略

プロキオンSは、中京競馬場のダート1400mで行われる重賞レース。近年の配当は堅めで期待しても中波乱まで。

ただ、競走馬への負担が大きい夏場に行われることから体調の上げ下げが起こりやすい。この暑さでも実力を発揮できる体調であるかの確認も怠らないようにしよう。

初開催の小倉競馬場のダート1700mでの施行では、変則開催で起きてきた波乱に注意したいところ。

4~5歳馬は、5番人気までが好走の主力であり、6番人気になると好走率が落ちている。この点から、6歳馬以降は穴馬として活用すべきだろう。

接戦のレースという点から前走着順にはこだわる価値がある。1~3着と好調な馬の好走率が高く、4着以下になると好走率が落ちる傾向が見られた。

好走馬の実績では、オープンクラスの勝利が最低条件と言える。ただ、昇級初戦やコース初経験などの初物の激走には注意が必要だ。

プロキオンSの好走血統で見ていくとミスタープロスペクター系・サンデーサイレンス系の王道の他にボールドルーラー系も頑張っており、この血統背景を持つ馬を重視したい。

データポイント
  1. 1~5番人気が好走する
  2. 大波乱になるケースも存在する
  3. 4~6歳馬が好走の中心
  4. 牝馬が頑張っている
  5. 脚質による差が少ない
  6. 前走が自己条件からでも通用する

今年のような小倉での変則開催になると大波乱になっていたこともありデータが通用しない可能性もある。
牝馬の出走数は少ないものの、その割に頑張って好走している点から軽視は禁物と考えたい。
前走3勝級からでも通用することが多いが、中2週以下だと好走率がガクンと落ちるので気を付けたい。

データ傾向からの激走候補馬

ゲンパチルシファー、サンライズノヴァ、ユニコーンライオン、サンライズウルス、メイショウウズマサ、メイショウフンジン、ラーゴム

1位ゲンパチルシファー(予想オッズ7番人気)

距離を伸ばして好走してきたことや距離実績が希薄な点を考慮するとデータのバックボーンは弱く過信できない。

ただ、先行力があり以前より成長が見えている点を考慮すると無下に扱うこともはばかれる所だ。

2位サンライズノヴァ(予想オッズ10番人気)

G1レースを主戦場としているため着順が悪く見えるのは当然でそこだけで判断するのは危険だろう。

確かに8歳と高齢なので復活を見込みにくい年齢であり、初コースと距離ともなれば食指は動きにくい。

3位ユニコーンライオン(予想オッズ5番人気)

G1レースである宝塚記念で2着に好走して以来1年ぶりの出走となる。しかもダートなので一叩き感がでるのは仕方のないところ。

以前にダートを使って大敗していることを考えると脚元の影響を考慮した出走と言えるのかもしれない。

4位サンライズウルス(予想オッズ2番人気)

最近のレースでは序盤に行き脚がつくようになり立ち回りセンスの向上が顕著に見られるようになった。

それでも小回りコース向きかと言われると微妙な所ではあるがカバー能力は以前より期待できそうだ。

5位メイショウウズマサ(予想オッズ4番人気)

昨年は波乱の一員となったプロキオンS3着馬でスピード能力の高さは裏付けられている。

逃げ馬ということでマークが強い時は凡走しやすいだけにレース展開がカギを握っていることは間違いない。

ラップウェーブ分析は配当アップに効果大

プロキオンS2021

過去のレースラップを見ると右肩上がりの持続戦になりやすいことが分かる。

3~4コーナー手前で一息つけるのが特徴で1400m実績が生きやすいことは間違いない。

意外と牝馬が好走するレースだが、この一息ポイントを上手く活用してるのだろう。

体力的にはマイルをこなせるぐらいの余裕がある方が安心して買うことができる。

実力のある馬が好走しやすいレースラップという点から人気馬から検討していくのが無難だ。

シン・競馬新聞

 

AI競馬新聞なら自分の能力で勝てる

いまのネットマーケティングでは、ラクして儲けようとする人たちが一斉にカモられるようになりました。

そういう導線の広告を出すことがカンタンになっており、悪質業者が後を絶ちません。

そういう負の連鎖にハマるとカンタンには逃れられないのがターゲティング広告の恐ろしさと言えるでしょう。

私もかつてはカモの一員でした。何百万円と失ったからこそ分かった学びがあります。それは、

努力の成果を最大化するものなら存在する

ということでした。

この世界で本当の成果を生み出しているのは、「0を1にする」ようなものではなく、「1を2にも3にもする」ものだったのです。

少しの努力で最大の成果を得る。これが最も理にかなった優良サービスに巡り合うためのコツと言えるでしょう。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

競馬予想はデータ分析の質に比例することが分かってきました。しかし、今日まで99.9%の競馬予想はデータ分析が行われていません。

自動でデータ分析をしてくれるAI競馬新聞があれば、初心者でもUMAJOでも少しの努力で最大の成果を得ることも可能になりました。

AI競馬新聞には、業界最高エージェントが競走馬のデキや適性を助言してくれたり、プラス収支を達成しているメンターの見解を知ることができます。

このようなクラウドの仕組みを持つAI競馬新聞は、多くの専門家が質の良い情報を共有することで品質を高めてきました。

競馬の税金裁判になった高額的中に結びつくアルゴリズム化に成功した唯一のサービスになります。

シン・競馬新聞 - 専門紙を補完する予想サポート

 - 競馬予想AI