東海ステークス2022予想データ傾向分析

    2022/01/12

東海S予想に関するデータ傾向を探っていく上で価値あるデータだけを絞り込んでいきます。

東海Sデータ攻略

データ傾向分析

過去レース分析は、データ分析の中で最も基本的なもので十分な価値はないものですが考察のネタとして見ていくことにします。

1番人気馬が強い

チャンピオンズカップから臨戦過程に入れやすいG2レースということもあり一線級が好走するケースが目立っている。

基本的に堅い傾向が見られるため穴馬から入るには厳しいレースと言えるだろう。人気馬を中心に考えたい。

その中でも成熟を迎える5歳馬の活躍が顕著。意外なのは7歳馬以上が健闘していることだろう。

ただし、ダートG1レースからの参戦であることが条件となっており実績馬であることが求められるようだ。

関東馬が善戦している

勝率では関西馬が上も連対率では関東馬の好走率が良く健闘している点は強調しておきたい。

逃げ・先行馬が好走の中心となっており追い込みになると厳しいレースになるケースが目立っていた。

意外と前走3勝クラスからの好走率が見劣らないため素質馬なら割り引く必要はないと考えたいところ。

距離実績は1700~2000mで4勝以上が好走に必要な目安となっている。格下の激走にも注意しておきたい。

展開予測を可能にした合成レースラップ分析

東海

過去のレースラップを比較すると平均的な持続レースラップに落ち着くケースが多いようだ。

一線級の実績馬ならバテるレースにはならないため位置を取れる馬の方が有利にレースを運びやすい。

やはりデータ傾向の通り、基本は前めでレース運びできる馬の方が凡走リスクは低いと言えるだろう。

ゴール前では速力を求められることも差し馬が不利になりやすい要因となっている。

前に行って脚が使える馬なら問答無用で買い目に入れておくのが無難と言えそうだ。

東海S予想まとめ

チャンピオンズカップの好走馬が参戦することもあり、また人気を集めるが一度馬体を緩めるためか凡走するケースも見られます。

あくまで本番は先にあるという目線でこのレースを見ていくのが正しい見方と言えるのかもしれません。

馬券は堅い馬券を中心に荒れそうなパターンの馬券もトリガミにならない程度に購入しておくといいでしょう。

軸馬は決まりやすいものに相手が混戦で選びづらいというケースでは単系馬券を増やすなどして対応しよう。

AI競馬新聞

 

AI競馬新聞 - 競馬を投資にする必須ツール

AI競馬新聞は、激走馬を絞り込むことで配当アップに貢献します。

軸馬だけでなく穴馬だって特定してしまう。

たとえ馬券がハズレても小額で爆発力のある馬券を買うことを可能にする。

68,990,600円【有馬記念2008】

手堅い本命馬だけでなく穴馬の特定もおまかせください。

馬柱データをグラフ化したことで出走馬の比較をカンタンにします。

さらに世界初の逆解析レーストレーシング技術で買うべき馬に集中することができる!

なんと、この勝ち組ツールが基本無料で利用できます。

無料版では、レース発走30分前から約10分間隔で順次情報公開中。

10年以上プラス収支を継続したノウハウを体験してください。

そして、最後には業界トップエージェントのパドック診断まで抜かりなし!

その一部は、ツイッターでも公開しているので要チェックですよ。

今までの競馬予想を過去のものにする革新的な近未来ツール。

あなたの馬券だけでなく人生をも変えるかもしれません。

AI競馬新聞 & パドック診断

 -競馬予想AI

error: 操作することができません!