東海ステークス2020予想データ傾向分析

    2020/05/18

東海S予想オッズ1番人気は インティ!さっそく穴馬のデータ傾向から対策を考えていくことにしよう。

人気馬名予想オッズ
1インティ2.0
2スマハマ5.0
3エアアルマス5.0
4ヴェンジェンス5.5
5キングズガード13.4
6アングライフェン13.9
7モズアトラクション16.2
8コマビショウ46.2
9ヒストリーメイカー56.6
10ビルジキール152.3
11コスモカナディアン284.8
12ロードアルペジオ359.0
13メイショウウタゲ450.0
14ヒロブレイブ465.2
15アイファーイチオー520.2
16マイネルクラース775.0

東海S2020競馬予想攻略

クセの強い投資競馬メンターが一般ルートでは手に入らない情報を元に競馬予想につながるヒントを提示します。

基礎データ傾向分析

過去レース分析は、データ分析の中で最も基本的なもので十分な価値はないものですが考察のネタとして見ていくことにします。

1番人気馬が強い

チャンピオンズカップから臨戦過程に入れやすいG2レースということもあり一線級が好走するケースが目立っている。

基本的に堅い傾向が見られるため穴馬から入るには厳しいレースと言えるだろう。人気馬を中心に考えたい。

その中でも成熟を迎える5歳馬の活躍が顕著。意外なのは7歳馬以上が健闘していることだろう。

ただし、ダートG1レースからの参戦であることが条件となっており実績馬であることが求められるようだ。

関東馬が善戦している

勝率では関西馬が上も連対率では関東馬の好走率が良く健闘している点は強調しておきたい。

逃げ・先行馬が好走の中心となっており追い込みになると厳しいレースになるケースが目立っていた。

意外と前走3勝クラスからの好走率が見劣らないため素質馬なら割り引く必要はないと考えたいところ。

距離実績は1700~2000mで4勝以上が好走に必要な目安となっている。格下の激走にも注意しておきたい。

展開予測を可能にした合成レースラップ分析

よう、合成レースラップ競馬投資家G.Ra.Pだ。レースラップから分かる東海Sのポイントを挙げていこう。

東海S

過去のレースラップを比較すると平均的な持続レースラップに落ち着くケースが多いようだ。

一線級の実績馬ならバテるレースにはならないため位置を取れる馬の方が有利にレースを運びやすい。

やはりデータ傾向の通り、基本は前めでレース運びできる馬の方が凡走リスクは低いと言えるだろう。

ゴール前では速力を求められることも差し馬が不利になりやすい要因となっている。

前に行って脚が使える馬なら問答無用で買い目に入れておくのが無難と言えそうだ。

東海S予想まとめ

チャンピオンズカップの好走馬が参戦することもあり、また人気を集めるが一度馬体を緩めるためか凡走するケースも見られます。

あくまで本番は先にあるという目線でこのレースを見ていくのが正しい見方と言えるのかもしれません。

馬券は堅い馬券を中心に荒れそうなパターンの馬券もトリガミにならない程度に購入しておくといいでしょう。

軸馬は決まりやすいものに相手が混戦で選びづらいというケースでは単系馬券を増やすなどして対応しよう。

 -競馬予想データ傾向分析