【東海ステークス2019予想】データ傾向と対策

   

東海S予想オッズ1番人気は インティ!さっそく穴馬のデータ傾向から対策を考えていくことにしよう。

東海Sデータ傾向

東海Sは、中京競馬場のダート1800mで行われる古馬重賞G2レースになります。

ローテーションが近いチャンピオンズカップから参戦する馬も少なくないレースで、ここで好走した馬はフェブラリーステークスでも要注意と言えるでしょう。

2月末に行われるG1フェブラリーステークスのステップレースとして近年は注目を集めるようになりました。

東海Sの歴代レースラップを比較すると息を入れるポイントが2回あり、その2回目は1400m地点と他場よりもゴール前で緩むのが特徴的。

そのため先行や好位馬が馬券に絡みやすく王道スタイルのレース運びが理想的と言えます。

1番人気の好走率が高いことから実績上位の1番人気であれば軸馬として理想的でしょう。G1レースの好走歴があれば理想的です。

ただ、2~3着では格下馬が入り込む余地があり、それなりに波乱の余地もあるレース。2017年は3連単で40万オーバーの配当になっており思わぬ波乱を目にすることもあるレース。

基本的には実績馬に敬意を払いつつも思わぬ穴馬がいないか色々なファクターから検討してみよう!

東海S予想オッズ

人気 馬名 予想オッズ
1 インティ 2.0
2 チュウワウィザード 3.4
3 アンジュデジール 4.7
4 スマハマ 8.5
5 クインズサターン 13.8
6 ミツバ 21.5
7 アポロケンタッキー 31.7
8 グレンツェント 40.1
9 コスモカナディアン 59.1
10 サルサディオーネ 104.2
11 メイショウスミトモ 113.7
12 アスカノロマン 116.5
13 モルトベーネ 160.8
14 マイネルバサラ 227.4
15 アングライフェン 281.5
16 カゼノコ 299.3
17 タムロミラクル 482.5
18 シャイニービーム 738.9
19 サングラス 2364.5

東海S予想まとめ

チャンピオンズカップの好走馬が参戦することもあり、また人気を集めるが一度馬体を緩めるためか凡走するケースも見られます。

あくまで本番は先にあるという目線でこのレースを見ていくのが正しい見方と言えるのかもしれません。

馬券は堅い馬券を中心に荒れそうなパターンの馬券もトリガミにならない程度に購入しておくといいでしょう。

軸馬は決まりやすいものに相手が混戦で選びづらいというケースでは単系馬券を増やすなどして対応しよう。

JRA-VANネクスト+人工知能=投資競馬

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - G2予想