シンザン記念2022予想データ傾向分析

  

シンザン記念予想に関するデータ傾向を探っていく上で価値あるデータだけを絞り込んでいきます。

基本データ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~2番人気が好走しやすい
  2. 関東馬でも互角の走り
  3. 牝馬の連対率が高い
  4. キャリア7戦以上は絶望的
  5. 前走着順は掲示板組が中心
  6. 10着以下の巻き返しは期待薄

基本データ該当馬

ラスール、ビーアストニッシド、ウナギノボリ、レッドベルアーム、ショウナンアメリア、ソリタリオ

シンザン記念2022競馬予想攻略

1番人気の好走率は4割程度と高くない。勝率は1~2番人気が良いが連対圏では幅広い人気の馬が好走していた。

特定できそうなのは9番人気以内で、それ以下になるとキャリアや様々なファクターの影響でカンタンにはいかない。

単勝回収効率は穴馬の方が良いためシンプルに狙えるなら単勝と複勝で馬券を買っても良さそうだ。

1~4枠まで注目したいが、特に1~2枠の好走率は高めにでていた。勝率では目立たないものの穴馬が入りやすくヒモに抑えたい。

外枠は逃げ・先行できるタイプならカバーがしやすい。馬群の後ろで脚をタメる差し・追込みは内枠でないと厳しいようだ。

枠順で重視する買い目が変わってくると考えれば、どういった枠に入りレースを進めるかの予測はしておく必要がある。
 

好走馬が分かるレースラップ分析

シンザン記念

シンザン記念のレースラップを比較すると800m通過地点でペースが大きく緩む傾向が見られる。

2017年は重馬場だったことから上がり3ハロンタイムを要すレースとなり、また2016年のようにパターンから外れたラップを示すこともあるようだ。

まだ若さが残る3歳馬のレースということで過去の傾向に沿わない例外的なレースになることも覚えておいて損はないだろう。

ゴールに向けて加速していく脚が有利になりやすいことから前走で3ハロンタイムの良い決め手に優れた馬には注目しておきたい。

中盤800mのレースラップは緩みやすく逃げ・先行が息を入れやすい展開になる。ラスト1ハロンは落ちるため差しも利くが中団まででレースをしたい。

一週前の追い切り診断

実質な追いきりが多い一週前を重視して診断します。

レッドベルアーム

軽快な走りを披露しており上積みが期待できる。

ウナギノボリ

連戦しているが追い切りの動き良く疲れは見られない。

AI競馬新聞

 

AI競馬新聞 - 競馬を投資にする必須ツール

AI競馬新聞は、激走馬を絞り込むことで配当アップに貢献します。

軸馬だけでなく穴馬だって特定してしまう。

たとえ馬券がハズレても小額で爆発力のある馬券を買うことを可能にする。

68,990,600円【有馬記念2008】

手堅い本命馬だけでなく穴馬の特定もおまかせください。

馬柱データをグラフ化したことで出走馬の比較をカンタンにします。

さらに世界初の逆解析レーストレーシング技術で買うべき馬に集中することができる!

なんと、この勝ち組ツールが基本無料で利用できます。

無料版では、レース発走30分前から約10分間隔で順次情報公開中。

10年以上プラス収支を継続したノウハウを体験してください。

そして、最後には業界トップエージェントのパドック診断まで抜かりなし!

その一部は、ツイッターでも公開しているので要チェックですよ。

今までの競馬予想を過去のものにする革新的な近未来ツール。

あなたの馬券だけでなく人生をも変えるかもしれません。

AI競馬新聞 & パドック診断

 -競馬予想AI

error: 操作することができません!