フェアリーステークス2020予想データ傾向分析

    2020/05/18

フェアリーS予想オッズ1番人気は?馬券を当てるために必要なデータ傾向を検証していこう!

フェアリーS2020競馬予想攻略

クセの強い投資競馬メンターが一般ルートでは手に入らない情報を元に競馬予想につながるヒントを提示します。

基礎データ傾向分析

過去レース分析は、データ分析の中で最も基本的なもので十分な価値はないものですが考察のネタとして見ていくことにします。

穴馬が激走しやすい

1・3番人気の成績は悪くない一方で、2ケタ人気でも同等の活躍を見せており波乱が期待できるレース。

穴馬の特定をすることができれば、人気馬のとの組み合わせで爆発力のある配当を得ることも十分に可能なのだ。

こういったオッズゾーンを狙う時にレースレーティングは最高の結果を導くためのレースとなる。

2Aクラスがいればまず安泰だが、もし穴馬ゾーンで存在するようなら単勝・複勝もリスクヘッジで買っておきたい。

外枠は不利になりやすい

内枠に比べて6~8枠は勝率が低く勝ち馬がでにくいデータ傾向を示していた。

逃げ・先行ならカバーもできるが、差し・追込みでは割り引いて考えておくのが吉だろう。

ただ、内枠もゴチャつきやすいデメリットがあるため人気馬では脚質の方を重視した方が良さそうだ。

関東馬が優勢なレースなので競走馬だけでなく騎手もコース相性が試されると考えたい。

新馬・未勝利組も通用する

このレースの特徴的と言えるのが、いわゆる0勝クラスからの馬でも好走できる点にある。

これはフェアリーSの出走馬レベルの低さに起因していることでもあり、軸馬が決まれば手広く買うがセオリーだ。

どの馬がパフォーマンスアップしてきそうか、そのラインを上手く見極めることが配当アップにつながってくる。

展開予測を可能にした合成レースラップ分析

よう、合成レースラップ競馬投資家G.Ra.Pだ。レースラップから分かるフェアリーSのポイントを挙げていこう。

基本的にマイルレースはレースラップの波形が綺麗なものだが、このレースでは随分バラついており高配当を生み出す波乱の要因になっている。

それだけキャリアの浅い馬が出走しやすいレースだと言えるだろう。しっかりと乱ペースに対応できる成熟の高さも好走要因の1つになりえる。

しっかりスタートを決めてポジションを取り良い形で直線を迎えられるイメージができる馬を中心に馬券を構築すべきだろう。

上手く立ち回れるだけでワンチャンスがあるコースということを考えれば重視すべき馬がレースレーティングを通して見えてくるはずだ。

最強エージェントの有力馬診断

各方面にコネクションを持ちアーモンドアイの不調を見抜いた最強相馬エージェントが有力馬を診断します。

フェアリーS2020予想まとめ

1番人気の成績は悪くないのに波乱のケースが多く伏兵をいかにして見定めるかが重要になる一戦。キャリアの浅い馬でも好走できるため手広く流すのが吉と言えそうです。

枠順で見ていくと近年は2~4枠からの好走馬で占めており不利覚悟で最内を狙って走るような馬がいないかチェックしておきたいところ。

2ケタ人気が平気で突っ込んでくるレースなので必至こいて今からディープな分析を続けていくことにします。

シンプルに単勝や複勝で攻めるか、それとも手広く買って高配当を拾い上げるか。そういった馬券戦術が有効なレースと言えそうですね。

 -競馬予想データ傾向分析