東京新聞杯2018穴馬予想に必須のデータ傾向

   

Pocket

今の馬券の買い方では勝てないから穴馬を狙うというのは無謀に近い戦略です。

なぜなら、何のスキルも伴わない穴馬狙いというのはハイリスク・ローリターンをもたらすからです。

本命馬券を買うよりも回収率が落ちやすくなることは人気別の好走データを見れば明らかな事実としてある。

的中率も回収率も落ちる穴狙いで成功するには好走馬の特定率を上げるしか道はありません。

そのためには競馬関係者よりも競馬に詳しくなる必要があります。

競走馬の成績のみならずコースデータ・調教などあらゆるファクターの数字を頭に叩き込んでいく。

そういったデータから好走の目がありそうな馬を絞り込むことができなければ話にならない。

穴狙いというのはセンスというアヤフヤなものではなくデータを十分に活用できなければ成功できません。

私の投資競馬ではデータマイニング技術を使い金脈馬としてリスト化することに成功しています。

そこから馬券を構築していくことで資金・時間をムダにせず回収率の底上げを計ることができます。

東京新聞杯データ傾向

東京競馬場の芝1600mで行われる古馬重賞G3レース。気を抜くと波乱が起きるイメージが強いレースですね。

東京新聞杯のレースラップを比較すると基本ペースが上がらないレースと考えていいでしょう。

近年は特にスローペース化の傾向が強くでている点は馬券戦術において注視しなければなりません。

ここ2年は逃げ馬が勝利しているように位置を取れるタイプの方が馬券の軸馬には無難。

過去の人気オッズを見ると5番人気の成績が良いことから中心視できれば1つ上の配当を的中させることができます。

スローペース感が強まれば枠も内めの方が良い傾向がでてきており合わせて考えておきたいところ。

力関係がコロコロと変わりやすいマイル路線だけにニューイヤーSを好走してくるような馬にもチャンスがあります。

10連続プラス!無料情報はこちら

自分だけのオッズゾーンで高配当をつかめ!

1.ツイッターをフォロー

2.メールアドレス登録でお得情報ゲット!
無料競馬情報の詳細

Pocket

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

 - 競馬予想2018