東京新聞杯2020予想データ傾向分析

    2020/05/18

東京新聞杯 予想オッズ1番人気は?さっそく穴馬のデータ傾向から対策を考えていくことにしよう。

人気馬名予想オッズ
1レッドヴェイロン2.5
2ヴァンドギャルド3.8
3プリモシーン6.2
4サトノアーサー7.2
5レイエンダ9.2
6クリノガウディー12.2
7シャドウディーヴァ18.1
8ケイアイノーテック20.3
9ケイデンスコール23.1
10ドーヴァー54.0
11モルフェオルフェ93.4
12キャンベルジュニア122.2
13クルーガー134.5
14スウィングビート283.3
15ロワアブソリュー561.2
16ゴールドサーベラス791.3

東京新聞杯2020データ傾向

東京新聞杯

東京競馬場の芝1600mで行われる古馬重賞G3レース。気を抜くと波乱が起きるイメージが強いレースですね。同コースの安田記念には直結しない印象があります。

東京新聞杯のレースラップを比較すると基本ペースが上がらないレースと考えていいでしょう。

近年は特にスローペース化の傾向が強くでている点は馬券戦術において注視しなければなりません。

ここ2年は逃げ馬が勝利しているように位置を取れるタイプの方が馬券の軸馬には無難。

過去の人気オッズを見ると5番人気の成績が良いことから中心視できれば1つ上の配当を的中させることができます。

スローペース感が強まれば枠も内めの方が良い傾向がでてきており合わせて考えておきたいところ。

力関係がコロコロと変わりやすいマイル路線だけにニューイヤーSを好走してくるような馬にもチャンスがあります。

東京新聞杯2020予想まとめ

近年はそれほどペースも上がらないためスッと好位で競馬できる馬が理想的だと感じました。

基本的に穴のでる余地は大きいだけに昨年の好走したリピーターを警戒しつつ思い切った馬券を組んでみるのも面白いかもしれません。

道中のレースラップが緩むケースもあるため自在性のある馬か、上がりの3ハロンタイム勝負に実績がある馬を選びたいところ。

ここをステップにする上がり馬も多いため、中途半端な実績馬よりも新味を期待してみるのも1つの手でしょう。

冬場でも良馬場であれば高速タイム決着になるのが近年の傾向。特に瞬発力のある馬を重視してみることも考えておいて損はなさそう。

 -競馬予想データ傾向分析