【東京新聞杯2019予想】データ傾向と対策

      2019/02/05

東京新聞杯 予想オッズ1番人気はインディチャンプ!さっそく穴馬のデータ傾向から対策を考えていくことにしよう。

東京新聞杯データ傾向

東京競馬場の芝1600mで行われる古馬重賞G3レース。気を抜くと波乱が起きるイメージが強いレースですね。同コースの安田記念には直結しない印象があります。

東京新聞杯のレースラップを比較すると基本ペースが上がらないレースと考えていいでしょう。

近年は特にスローペース化の傾向が強くでている点は馬券戦術において注視しなければなりません。

ここ2年は逃げ馬が勝利しているように位置を取れるタイプの方が馬券の軸馬には無難。

過去の人気オッズを見ると5番人気の成績が良いことから中心視できれば1つ上の配当を的中させることができます。

スローペース感が強まれば枠も内めの方が良い傾向がでてきており合わせて考えておきたいところ。

力関係がコロコロと変わりやすいマイル路線だけにニューイヤーSを好走してくるような馬にもチャンスがあります。

東京新聞杯まとめ

近年はそれほどペースも上がらないためスッと好位で競馬できる馬が理想的だと感じました。

インディチャンプが1番人気ですが、これからの飛躍を期待が込められたオッズだと思います。ポテンシャルは高いのですが過信は禁物でしょう。

いまのところ牝馬のテトラドラクマが2番人気ですが本当にこの人気になるのでしょうか。なかな不思議な感じですがオッズはまだ動きそうです。

3番人気は兄弟は重賞レースを走り仔だしの良さが抜群のエリモピクシーの仔レッドオルガでした。

確実にオープン入りを果たすというのは並大抵のことではありません。スローペースでは要注意の馬でしょう。

基本的に穴のでる余地は大きいだけに昨年の好走したリピーターを警戒しつつ思い切った馬券を組んでみるのも面白いかもしれません。

JRA-VANネクスト+人工知能=投資競馬

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - G3予想