クイーンカップ2020予想データ傾向分析

    2019/10/01

クイーンカップ予想オッズ1番人気はクロノジェネシス!さっそく穴馬のデータ傾向から対策を考えていくことにしよう。

クイーンCデータ傾向

クイーンカップは、東京競馬場の芝1600mで行われる3歳牝馬G3重賞レース。あまり桜花賞には直結しない傾向があります。

例年のレースラップ比較から極端ではないにしろ上がり3ハロンタイムが求められる競馬になりやすいことが分かります。

基本的にペース対応力に優れた軸馬を探すのがクイーンカップ攻略のセオリーと言えるのではないでしょうか。

前走のレースで上がり3ハロンタイムが1位の馬に注目しておいて損はしないでしょう。

また、極端な消耗戦になる可能性が低いため先行できる馬の好走率が高くなっていることも合わせて考慮しておきたいところ。

こうした傾向から好走血統がサンデーサイレンス系に偏るのは当然といった雰囲気があります。

これにプラスしてノーザンダンサー系が父母ともに入っている馬の好走率は近年になるほど高かくなってきました。

どちらも主流血統なので当たり前のように感じますが該当する馬は素直に購入しておくという手も考えられます。

クイーンCの穴馬は?

上位人気馬と5~8番人気の穴馬という組み合わせが多く期待できるのは小~中波乱といった印象があります。

人気馬だけで決まることも多いことから実績馬は素直に評価してから重視するか判断してください。

まだキャリアの浅い組み合わせになる時期だけに穴馬が眠っている可能性は高いかもしれません。

クイーンC予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1クロノジェネシス1.8
2ビーチサンバ3.0
3ミリオンドリームズ5.3
4レッドベルディエス12.9
5マジックリアリズム18.8
6カレンブーケドール26.0
7マドラスチェック30.2
8ミディオーサ32.2
9ジョディー40.3
10アークヴィグラス64.1
11ロカマドール378.0

クイーンC予想まとめ

上位人気馬が好走する傾向が強いレースなため軸馬は1~4番人気の中から選びたいレース。

あまり追いこみ一手では届かないケースが多いため好位グループから狙うのがセオリーと言えます。

前走で芝1600mを勝ってきた馬の好走傾向が強いため重賞レースでのマイル経験は強みになります。

500万クラスで負けての巻き返しというパターンも少なくないことから脚を余して負けた馬や東京競馬場で相性の良い馬はヒモに入れてきたいところ。

桜花賞に直結するようなレースではないですが東京コースでのG1レースは多いため好走馬には注目しておいて損はないでしょう。

ファイルダウンロード

 

JRA-VAN NEXTデータファイル

7兆円の資産を形成した最強の投資法「バリュー投資」で投資競馬を始めるためのJRA-VAN NEXT専用データファイルはこちら!

JRA-VAN NEXTはこちら

▼インストール方法
メニューの右側にある「設定」⇒「バックアップ・復元」からファイルを選び復元して下さい。

“JRA-VAN NEXTデータ分析ファイル” をダウンロード JRA-SecretFile.bak – 15912 回のダウンロード – 2 MB

更新のお知らせ

メールアドレスを登録しておくとファイル更新などを通知します。

スプリンターズS的中!重視して買える喜びの声ゾクゾク

 -競馬予想データ傾向分析