共同通信杯2018穴馬予想に必須のデータ傾向

   

馬券収支を安定させるコツは各クラスに存在する強い馬を買うこと。

このクラスごとにいる強い馬は、いわば数百数千からなる良質な上澄みであり数はそんな多く存在しません。

その下位にいく馬ほど展開に左右されたり馬場状態など各ファクターの影響を受けるため不確定要素が大きくなります。

もし月ごとにプラス収支を目指すのであればクラス最強馬に投資することが最善の道と言えるでしょう。

少しランクを落としてレースメンバー間の最強馬を買うという手もありますが、その場合は安定性は下がるためオッズ読みが重要になります。

オッズから見て割に合うのか、そういった視点を持つことができれば強力なリスクヘッジとなって回収率を支えてくれるはずです。

投資競馬のゴールドマイニングを活用していくことで競馬新聞よりも強固なイメージを創る手助けとなるでしょう。

共同通信杯データ傾向

共同通信杯は、東京競馬場の芝1800mで行われる3歳限定のG3重賞レース。

過去のレースラップを比較していくと上がり3ハロンタイムを競うようなレースになりやすいことが分かります。

良馬場では上がり3Fで33秒台前半~34秒前半といった速い上がりを使える瞬発力タイプを軸馬にするのがベター。

まず消耗戦にはならないことから先行組を中心に馬券を組んでいくのが馬券構築のセオリーと言えます。

前走のレースで上がりタイムが1位の馬に注目して判断していきたいところ。

共同通信杯の好走血統はディープインパクト産駒が中心となっています。特に近年はサンデーサイレンス系で占められており他の追随を許していません。

勝ち馬を見ていくと東西ほぼ互角のデータから素質馬であれば所属に関わらず評価したいレース。

ただし、騎手は関東所属が優勢なことから騎手にこだわってみるのも面白いかもしれません。

特に蛯名騎手は、過去10年で4勝と抜群の相性を誇っているように関東のベテランジョッキーに注目してみると良いでしょう。

共同通信杯の穴馬は?

過去のレースを見ると1~2番人気が好調で堅めの配当で決着しています。

予想オッズでは2戦2勝のハーツクライ産駒グレイルが単勝1倍台に支持されており今年も堅いイメージ。

上位人気もディープインパクト産駒を始めとするサンデーサイレンス系が支持されておりデータ傾向からも無理な穴狙いは禁物でしょう。

それでも配当を押し上げる穴馬がいるか検証して分かったことがあればお知らせするつもりです。

10連続プラス!無料情報はこちら

自分だけのオッズゾーンで高配当をつかめ!

1.ツイッターをフォロー

2.メールアドレス登録でお得情報ゲット!
無料競馬情報の詳細

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - G3予想