きさらぎ賞2020予想データ傾向分析

      2019/10/01

きさらぎ賞 予想オッズ1番人気はメイショウテンゲン!さっそく穴馬のデータ傾向から対策を考えていくことにしよう。

きさらぎ賞データ傾向

きさらぎ賞は、京都競馬場の芝1800mで行われる芝1800mのG3レースになります。ここから皐月賞で好走するシーンも近年では見られます。

ここからクラシックで活躍する馬も少なくないことから今後を見据える上でも重要なレースと言えるでしょう。

きさらぎ賞のレースラップは、ゆったりと1000mを通過したのちにゴールに向かって加速していく傾向があります。

2015や2016年のようにゴール前まで止まらないこともあり、しっかりと前で運べる好位タイプを軸馬にするのがベター。

2017年のような雨馬場にならない限り消耗戦にはなりにくいことから、展開的に見て追い込み一手の馬は割り引かざるを得ません。

極端な脚質で比べると逃げ馬の方が馬券圏内に残るチャンスが高いことから穴がでるなら前に行く馬を狙う方がいいでしょう。

スピードの持続力を試されることから前走2,000mからの参戦馬の好走率が高いデータ傾向は納得がいくところ。

前走2000m戦だった馬5勝と勝ち切る傾向が強く、過去の優勝馬ではサトノダイヤモンドやルージュバックが該当しているようにポイントの高いデータになります。

前走2000m組は前走着順が3着以内までが狙い目となり、特に前走1着馬は素直に信頼すると好結果につながりやすい。

その次に芝1800m組が好走している点からスピードだけでは乗り切れないコースだということが分かりますね。

きさらぎ賞と相性がいい血統といえばディープインパクト産駒。もともと京都競馬場を得意としていることもあり信頼性の高い血統と言えます。

特に芝1800~2000m戦で4着以内に入った経験のある馬は好走する傾向が強く覚えておきたいポイントです。

きさらぎ賞まとめ

基本的に堅い配当になりやすい低オッズレートレースなので穴目からは入りづらいかな。ただ、今年は大きく抜けた馬はいない印象があります。

その点で人気馬を中心にしても妙味あるオッズが見つかるかもしれません。競馬ストリームのパドック配信ではエージェントのオススメがあれば参考にして欲しいですね。

重賞レース勝ち馬を母に持つディープインパクト産駒のメイショウテンゲン。確かに血統的なスケールがありサドラーズウェルズ牝系から成長力も十分。

ここで勝てるようならクラシックでも面白い馬になるかも!?本格化は秋という可能性もありますが手薄なメンバーだけに期待してみたい一戦です。

ファイルダウンロード

 

JRA-VAN NEXTデータファイル

7兆円の資産を形成した最強の投資法「バリュー投資」で投資競馬を始めるためのJRA-VAN NEXT専用データファイルはこちら!

JRA-VAN NEXTはこちら

▼インストール方法
メニューの右側にある「設定」⇒「バックアップ・復元」からファイルを選び復元して下さい。

“JRA-VAN NEXTデータ分析ファイル” をダウンロード JRA-SecretFile.bak – 15903 回のダウンロード – 2 MB

更新のお知らせ

メールアドレスを登録しておくとファイル更新などを通知します。

スプリンターズS的中!重視して買える喜びの声ゾクゾク

 - 競馬予想データ傾向分析