シルクロードステークス2023予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

   


シルクロードSで知っておかないと大損するかもしれない馬券的中のポイントを挙げていきます。

データ分析の質は競馬予想力に比例する!最も基本となる過去レース分析に焦点を当てた統計分析を行います。

シルクロードSデータ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~4番人気が好走しやすい
  2. 6番人気以降は好走率が低い
  3. 関西馬が勝ちまくり
  4. 4~6歳馬が好走の中心
  5. 斤量53kg以上の牝馬に妙味あり
  6. 先行馬が圧倒的に好走する
  7. 前走重賞からの参戦馬が安牌

基本データ該当馬

ナムラクレア、トウシンマカオ、ウインマーベル、キルロード、グルーヴィット、シャインガーネット、マッドクール

展開予測を可能にしたレースラップ分析

シルクロードS2021

京都競馬場の芝1200mで行われるハンデキャップ重賞レースになります。高松宮記念までのスタートアップレースに注目!?

シルクロードSのレースラップを比較すると、ゆっくりとした消耗戦になっていました。

京都コースの直線はフラットということもあり急激にスピードが鈍るということはありません。

そのため、しっかりと末脚を発揮できる馬が台頭するシーンも少なくないことからスピードがあれば十分というわけではない。

そういった点から騎手の駆け引きも好走を分ける重要なポイントになると言っても過言ではないでしょう。

過去の勝利騎手を見れば武豊をはじめとするリーディング経験や上位ランカーが勝利しています。

シルクロードSは、斤量差がつくハンデキャップレースということもあり、荒れやすい傾向が見え隠れします。

とは言っても軽いハンデ馬の好走率は低く、最低でも54kg以上の実績馬から選ぶ方が確実です。

1番人気よりも2~4番人気馬の方がメリットがあるため基本的な戦術データとして覚えておきたいところ。

好走の中心になるのは5歳馬、枠順は1~4枠が近年では有利な傾向として見られます。

シルクロードS予想まとめ

近年はペースが上がらず逃げ先行有利な前残りのレースになりやすい傾向が見られます。

あまりに緩むと瞬発力レースになり差し向きといったこともありますが数は多くありません。

実績馬が有利な傾向も重いハンデを背負い、しかも休み明けという有力馬は疑ってみる必要があります。

このレースで仕上げてくることはないため意外と凡走することも考えられるためです。

人工知能で見ても短距離は差がつきにくく強さを発揮しづらい距離。毎回好走馬が変わることを想定して馬券を組み立てていこう!

シン・競馬新聞

 

自己最高配当を更新する人が続出する理由

シン・競馬新聞は独自AI技術によりレースを指数で視覚化しました。

アテになる指数として開発されたことでオッズを動かすこともあるんです。

さらに直前情報までカバーすることで馬券に重要な馬がまる分かりに!

ギリギリまで攻めるから小額で万馬券を獲ることも珍しくありません。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

競馬予想はデータ分析の質に比例することが分かってきました。しかし、今日まで99.9%の競馬予想はデータ分析が行われていません。

自動でデータ分析をしてくれるAI競馬新聞があれば、初心者でもUMAJOでも少しの努力で最大の成果を得ることも可能になりました。

AI競馬新聞には、業界最高エージェントが競走馬のデキや適性を助言してくれたり、プラス収支を達成しているメンターの見解を知ることができます。

このようなクラウドの仕組みを持つAI競馬新聞は、多くの専門家が質の良い情報を共有することで品質を高めてきました。

競馬の税金裁判になった高額的中に結びつくアルゴリズム化に成功した唯一のサービスになります。

AIデータ解析による競馬新聞はこちら

 - 競馬予想AI

error: 操作することができません!