根岸ステークス2022予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

      2022/07/05

根岸S予想に関するデータ傾向を探っていく上で価値あるデータだけを絞り込んでいきます。

根岸Sデータ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1番人気が好走しやすい
  2. 上がり馬が激走しやすい
  3. 関西馬の好走が圧倒的
  4. 6歳以上は6番人気以降で妙味あり
  5. 牝馬の好走は期待できない
  6. 逃げ馬に厳しいレース

基本データ該当馬

ソリストサンダー、タガノビューティー、ヘリオス、オメガレインボー、クロパラントゥ、スリーグランド、テイエムサウスダン

展開予測を可能にした合成レースラップ分析

根岸S2021

根岸Sは、東京競馬場のダート1400mで行われるGレース。フェブラリーステークスの前哨戦としても知られています。

過去のレースラップを比較すると、良馬場になれば淡々とした持続または消耗型のレースになりやすく地力が問われる印象。

その点から実績馬を中心にした馬券構築が無難だと思います。ただ、穴馬の台頭もあり上がり馬には気を付けた方がいいかも。

意外と追いこみが利くレース。逃げ馬は苦戦しているので残り目は期待しすぎない方が吉でしょう。

勝ち馬の主力は4~6歳馬、それ以下となると7~8歳馬という高齢でも馬券に絡むシーンはあり注意したところ。

前走から距離延長馬より短縮馬の方が成績が良い傾向があることは覚えておきたいポイントです。

近年は外国産馬の好走も目立っており困ったら馬券に加えておくのも良さそうです。

根岸S予想まとめ

ダート1400mは、関西より(京都、阪神、中京)で主流のレース条件であるため、軸馬にしろ穴馬にしろ関西馬から適性馬を見つけるのが近道。

もちろん東京競馬場に変わることになることからレース条件への適性が分かる馬の方が無難になります。

関東馬の場合は、この東京ダート1400mで実績を残している馬が人気になるためオッズ妙味は少ないかもしれません。

波乱の要素が少ないと見るなら少点数でトリガミを避けた馬券を構築することも考える必要があるでしょう。

G1レース前という時期的に実力馬が集まりやすいものの、ここで仕上げ切ることはないという点が波乱ポイントになります。

寒い時期で仕上げが想定より甘くなることもありますので馬体重を見てリスクヘッジすることも考えてくださいね。

シン・競馬新聞

 

AI競馬新聞なら自分の能力で勝てる

いまのネットマーケティングでは、ラクして儲けようとする人たちが一斉にカモられるようになりました。

そういう導線の広告を出すことがカンタンになっており、悪質業者が後を絶ちません。

そういう負の連鎖にハマるとカンタンには逃れられないのがターゲティング広告の恐ろしさと言えるでしょう。

私もかつてはカモの一員でした。何百万円と失ったからこそ分かった学びがあります。それは、

努力の成果を最大化するものなら存在する

ということでした。

この世界で本当の成果を生み出しているのは、「0を1にする」ようなものではなく、「1を2にも3にもする」ものだったのです。

少しの努力で最大の成果を得る。これが最も理にかなった優良サービスに巡り合うためのコツと言えるでしょう。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

競馬予想はデータ分析の質に比例することが分かってきました。しかし、今日まで99.9%の競馬予想はデータ分析が行われていません。

自動でデータ分析をしてくれるAI競馬新聞があれば、初心者でもUMAJOでも少しの努力で最大の成果を得ることも可能になりました。

AI競馬新聞には、業界最高エージェントが競走馬のデキや適性を助言してくれたり、プラス収支を達成しているメンターの見解を知ることができます。

このようなクラウドの仕組みを持つAI競馬新聞は、多くの専門家が質の良い情報を共有することで品質を高めてきました。

競馬の税金裁判になった高額的中に結びつくアルゴリズム化に成功した唯一のサービスになります。

シン・競馬新聞 - 専門紙を補完する予想サポート

 - 競馬予想AI