根岸ステークス2020予想データ傾向分析

    2020/05/18

根岸S予想オッズ1番人気は?さっそく穴馬のデータ傾向から対策を考えていくことにしよう。

人気馬名予想オッズ
1コパノキッキング1.9
2ミッキーワイルド3.4
3モズアスコット6.6
4ワイドファラオ10.3
5ワンダーリーデル12.2
6ダノンフェイス17.6
7スマートアヴァロン23.6
8カフジテイク31.3
9テーオージーニアス45.7
10ドリームキラリ52.4
11アードラー76.5
12ブルベアイリーデ93.4
13ヨシオ122.1
14サングラス379.9
15ノボバカラ507.7
16テーオーヘリオス708.1

根岸S2020データ傾向

根岸S

根岸Sは、東京競馬場のダート1400mで行われるGレース。フェブラリーステークスの前哨戦としても知られています。

過去のレースラップを比較すると、良馬場になれば淡々とした持続または消耗型のレースになりやすく地力が問われる印象。

その点から実績馬を中心にした馬券構築が無難だと思います。ただ、穴馬の台頭もあり上がり馬には気を付けた方がいいかも。

意外と追いこみが利くレース。逃げ馬は苦戦しているので残り目は期待しすぎない方が吉でしょう。

勝ち馬の主力は4~6歳馬、それ以下となると7~8歳馬という高齢でも馬券に絡むシーンはあり注意したところ。

前走から距離延長馬より短縮馬の方が成績が良い傾向があることは覚えておきたいポイントです。

近年は外国産馬の好走も目立っており困ったら馬券に加えておくのも良さそうです。

根岸S2020予想まとめ

ダート1400mは、関西より(京都、阪神、中京)で主流のレース条件であるため、軸馬にしろ穴馬にしろ関西馬から適性馬を見つけるのが近道。

もちろん東京競馬場に変わることになることからレース条件への適性が分かる馬の方が無難になります。

関東馬の場合は、この東京ダート1400mで実績を残している馬が人気になるためオッズ妙味は少ないかもしれません。

波乱の要素が少ないと見るなら少点数でトリガミを避けた馬券を構築することも考える必要があるでしょう。

G1レース前という時期的に実力馬が集まりやすいものの、ここで仕上げ切ることはないという点が波乱ポイントになります。

寒い時期で仕上げが想定より甘くなることもありますので馬体重を見てリスクヘッジすることも考えてくださいね。

 -競馬予想データ傾向分析