根岸ステークス2018穴馬予想に必須のデータ傾向

   

投資競馬で重視するのは的中率ではなく特定率になります。

軸馬・穴馬の特定率が上がれば回収率を最大化できるからです。

無駄な買い目も省けるので一石二鳥なのですが実力が伴わないとリスクヘッジ効果がありません。

独自手法ゴールドマイニングは軸馬・穴馬を特定する時に最大限の力を発揮します。

利益の薄い的中率よりもズッシリ重い配当を得られる特定率どちらに価値があるのか。

ただ的中率を上げたところで安全とはならないのが競馬予想の面白さではないでしょうか。

根岸Sデータ傾向

根岸Sは、東京競馬場のダート1400mで行われるGレース。フェブラリーSの前哨戦としても知られています。

過去のレースラップを比較すると、良馬場になれば淡々とした持続または消耗型のレースになりやすい。

意外と追いこみが利くレース。逃げ馬は苦戦しているので残り目は期待しすぎない方が吉でしょう。

勝ち馬の主力は4~6歳馬、それ以下となると7~8歳馬という高齢でも馬券に絡むシーンは珍しくありません。

前走から距離延長馬より短縮馬の方が成績が良い傾向があることは覚えておきたいポイントです。

近年は外国産馬の好走も目立っており困ったら馬券に加えておくのも良さそうです。

激走馬が特定できれば配信したりツイッターで公開するかもしれません。

10連続プラス!無料情報はこちら

自分だけのオッズゾーンで高配当をつかめ!

1.ツイッターをフォロー

2.メールアドレス登録でお得情報ゲット!
無料競馬情報の詳細

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - 競馬予想2018