自己成長を加速させる方法

    2021/04/12

何か問題が起きたとき、仕事で成長できない人が犯しがちな罠があります。

それは問題の原因を自分の外側に求めて、その解決を周囲の人に委ねようとするマインドセットを持っていることです。

この「他責のマインドセット」を持っていると、問題解決する気にならず、自分は悪くないと肯定することで負け体質になっていく。

一方で、もしあなたが「自責」のマインドセットを持てれば、これまでは「どうせ無理」と諦めがちだったことに対して、自分が貢献できる部分がわずかながらでも見えてきます。

こと投資においては「根拠のない期待」は「砂漠での雨ごい」に等しい。

いたずらに変化を待つのではなく「今、自分にできることは何か?」「自分がどんなアクションを起こせば、問題を解決する糸口になりえるか?」を考えるマインドセットを持つことが成果へとつながります。

馬券で負けて騎手を批判したところで何も変化は起こせません。

それよりも何かしら対処する方法があったのではないか?と考えることで思わぬ気づきがもたらされることがあります。

そのような経験を一度でもすると「他責のマインドセット」など時間のムダであることが実感できるようになります。

上手くいくことより上手くいかないことの方が多い世界でいちいち誰かのせいにして成長を止めていたら成功は遠のいていくばかり。

すべての責任は自分にある。そう考えて行動することで得られるアドバンテージは少なくないはずです。

 

人のせいにする人の特徴

人のせいにする心理は、「心の弱さ」が元になっているようです。しかし誰でも弱い部分はあります。

自分自身で対処できることもありますので直せる所は直しておくと人生の展望は明るくなってきます。

1.自分に自信がない

人のせいにする人は「責任を負う能力が欠けている」ともいえるでしょう。

なんとなく自分でも、責任を負って対処することが難しいと感じているので、責任から逃れようとします。

この背景にあるのは自信のなさ。自分の能力があまり高くないことを薄々自分で気づいているので、責任を回避しようとするのです。

対処:自信は作るもの

自信は花や木のように自ら育てていくもの。マインドセット1を参考に自信づくりを実践してください。

> 最も重要な第一原則「あなたが成功できることを疑う余地がない」

2.反省をしない

人のせいにする人は自分で責任をとらないように動くので、あまり反省をしない傾向にあります。

反省をしないと自分にフィードバックがないので行動が改善されません。

同じ失敗を繰り返す人は反省をしないことが多く、それは人のせいにする人の特徴でもあります。

対処:反省が成功への糧になる

反省は質の良い燃料です。これを行うだけで次のステップが分かるのですからやらないのは大損なだけ。

後悔はする必要ないですが反省はしっかりとが成功するための基本です。

3.言い訳が多い

人のせいにしづらい時に言い訳をすることが多いのも特徴です。その場限りの対処をすることが多いでしょう。

とにかく責任を負わないためにいろいろと手を尽くすので、人のせいにしたり、言い訳をしたり、表面上だけ取り繕ったり、ウソをついたりといろいろと面倒なことをしてきます。

対処:言い訳してもいい

心に溜めているくらいならドンドン吐き出していきましょう。それで冷静になったら次のステップを実行して下さい。

そのうち時間のムダと思えるようになれば成功に近づいている証拠です。

高配当

 

人生一変の高配当TOP5

68,990,600円【2008年 有馬記念】

AIアドバイザーがリアルタイムにパドック診断。10万馬券だって当たり前にように拾い上げる!あなたの配当を最高にする激走馬をエージェントと一緒に見つけないか?
メンター伊藤
メンター伊藤

10万馬券連発!?激走パドック診断Liveはこちら

 -マインドセット

error: 操作することができません!