「やるなら今でしょ!」ドン底から這いあがった最強の成功術

    2021/04/12

いまだテレビでロングブレイクを果たしている「いつやるか?今でしょ!」の林修が教えるドン底からの成功法を対談式でまとめてみました。

いま1億円とも言われている年収を稼いでいる人が、人生における選択ミスを何度もしてきたという。林修氏はこう断言している。

全国模試で1位を取りましたし頭は良かった。世の中バブルで好景気だったのにドン底を味わったようにマインドは重要です。過去に失敗したおかげで今があるんです。

友達が会社を作るといっては参加したり、投資をやったり、もう何でも首を突っ込んだり、競馬で生活していた時期もあり借金は1800万円にまでふくらんだ。

この絶望的にしか映らない状況の中でも不安はなく自信に満ち溢れていたと語っている。

なんで、そんなに自信満々でいられるんですか、ってよく言われますけど、そもそも、自信なんて根拠のないものなんですよ。

彼は無意識のうちかは分からないが自信というものを脳科学的にとらえていたことがドン底⇒成功のスピードを早めていたようだ。

過去にこういうことができたから、未来はこうなるなんて保証はない。どんな状況でも何とでもなると思える人が、結局勝ちを呼ぶんです。

人は気分が沈んでいても笑顔に似た表情を作るだけで気分が上がってくるという話は有名だ。それは脳が現実であるかを判断していない証拠とも言えるだろう。

つまり、たとえ思い込みであっても、それを脳は現実化しようとする。偽薬であっても効くと信じることで薬効を得られるプラシーボ効果のように。

その根拠なき自信を得るために必要なことは何かあるのだろうか。その自信があれば人生を一変させることができるかもしれない。

実際に失敗してみることです。ほとんどの人は失敗しないことが成功だと考えている。だから、いつまでたっても恐れるばかりで自信が持てないんです。

自信を持ちたかったら失敗しろ!これほど強烈な成功者のメッセージはないだろう。

たくさん失敗したら、自分の負けパターンがわかってくる。そしたら、そうならないように先手が打てるようにもなります。

負けることに対処できるようになれば自信はついてくる。シンプルだがおいそれとできないのは感情的な理由によることが多い。

人生や勝負ごとに勝ちたかったら、たくさん失敗して、そこから学んでいくしかない。これ以外は邪道であり損して得を取ることが成功者の法則だと悟りました。これは何にでも言えることで、まず自分が損することで相手からの信頼を得ることにつなげることにも使えます。

誰だって負けたくはない。しかし、現代社会は負け続けてたとしても、たった1勝するだけで再起することは十分可能である。

人生はギャンブル、至高の勝利のみが安定をもたらす

学生時代から家庭教師を山のようにやって評価されていたことで人に教えることに自信があった林修氏。

予備校って厳しい世界でね。1年契約ですから、結果が出せない人間は、すぐに切られてしまう。

生徒には楽しい授業に見えても、その舞台裏では熾烈を極める競争があったようだ。

毎回、授業の準備はものすごくしましたよ。何日も寝ずに東大の過去問を分析したりね。原動力は借金でした。借金は性能のいいエンジンみたいなもの。

ここまで追いこまれながらも成功へと花開かせることができた理由は何だったのだろうか。

人生はギャンブルで運も必要。だけど、その勝率を上げる方法を今まで意識してきました。それは『勝てる場所で誰よりも努力すること』です。

これは戦争で言えば「ゲリラ戦術」と言える。たとえ相手が強大であっても時と場所を選んで攻撃することで一矢報いるチャンスが生まれてくる弱者の戦術である。

東進の人気講師の授業をすべて見て回ったんです。その結果、自分が勝てると確信したのが、好きな数学ではなく現代文でした。

信長が絶望的な戦力差を桶狭間でひっくり返せたのは雨を最大限に利用したからだった。その後を決めた1勝は最後まで望みを捨てず冷静に分析していたからこそ得ることができた。

決して好きな教科ではなかったのですが。でも、現代文なら勝てる。そんな場所で人の何倍も努力したら、間違いなくトップに立てると。

どんなに追いこまれていたとしても自分に味方するたった1つの何かを見つけることで人生は一変させられる。

勝てる場所を見つけるには、いろいろと、少しでもいいから手を出してみる。どっかに必ず『あれ?うまくいくな』というものがある。常に自分を客観的に見て分析していたら、すぐにピンとくるはずですから。

人は好き嫌いで判断するクセがある。そうではなく、自分にとってプラスになるかで判断しなければならない。

僕は、常に目を動かします。周りを見て、勝負するのはきついなと思うレースなら参加しない。

自分の強みを最大限に生かそうと思えば自然と勝てる場所を探すようになる。

どんな大企業だって最初は1つの業態で成長する。頑張っているのにうまくいかない人の大半は参加すべきレースを間違えているんです。

いろいろと探して、ここぞと決めたら1つに絞る。教えるポテンシャルを生かすための決断。

みんな、できることを増やそうとするけど、それが間違いなんです。できることは、1つでいい。後はみんなできなくていい。僕の周りで成功している人は、みんなそうですよ。できることじゃなくて、できないことを増やしていくことが大切なんです。

確固とした、自分の核となるものが1つでもあれば、それに集中してどんどん磨いていけばいい。

ありとあらゆる本を読んで名言を研究し、心に残る言葉を分析しました。今の仕事を好きだと感じるようになったのは、ここ3年くらいです。それまでは大嫌いでした。

たとえ嫌いなことでも勝てるようになれば面白くなっていくもの。逆に言えば、すべて感情的に判断しているとチャンスはやってこないというメッセージにも見えてくる。

受験にはフライングもスピード違反もない。授業でよく言う言葉なんですが、仕事も同じですよね。明日とか考えてないで、すぐやらなきゃ。そして全力で走らなきゃ。結果には責任が持てなくとも、プロセスには責任を持つことができるでしょう? そうやって耐えていれば、いつか必ずいい流れがやってくるものなんですよ。

ある意味では競馬ほど誰に対しても平等なものはない言えるだろう。彼の馬券手法はどうだったのだろうか。

僕の競馬は、やりたいレースを見送って、『これは堅い』というレース選んで単複1:2くらいの比率で買ってプラスでした。

借金はあっても競馬では負けていないのはマインドセットが正しかったからだろう。きちんと時代にあった勝ちやすい手法を選んでいるのはさすがだ。

でも、今は楽しんで買っているので負けてますね。そういうレジャー感覚の人が多いからこそ中には勝てる人がいるのは自然なことだと思います。

いまや年収1億とも言われるだけにテレビ一本に集中しているようだ。稼げる所に時間を投資するからこそ競馬は勝てなくなったのだろう。いまなお、視聴者の関心が薄れないのはマインドセットが正しく機能しているおかげかもしれない。

人間の脳はスキあらばラクしようとして、つい学んだことを忘れてしまう。私は今でも結構やらかしているんですよ。そのくらい人間が本来もっている認知というバイアスは強力に働くんです。その影響を抑えるためにマインドセットの確認を毎週1回はやることをオススメします。

ここでも見えてくる成功者のマインドセット

ここまでマインドセットを実践してきたあなたなら、今まで学んできたことが散りばめられていることに気づいたのではないでしょうか。

林先生は、ゼロからは何も生まれないが、マイナスからは生み出せるものがあるという哲学を経験を通して語ってくれました。

時にリスクはマイナスを生み出すものですが、そのことから学ぶことができれば、それ以上の利をもたらすことがある。自己成長をうながすピンチは同時にチャンスにもなるというわけです。

本当の負けとは「失う」ことではなく「何も対処せず放置する」ことであり諦めなければ挽回以上のチャンスがやってくる。

そのためには「負け」を感情的に処理することなく、次につながる情報の1つとして扱うことが利を引き寄せるのだと信じて行動することが大切です。

もし失敗がなければ平凡な人生を歩んでいたかもしれません。情熱的に毎日を過ごし自分自身の強みを育てることに没頭する。それは疲れる作業ですが、いま振り返ると清々しい気持ちで一杯になります。みなさんの成功を応援しています、一緒に頑張りましょう!

高配当

 

人生一変の超高配当が当たったTOP5

68,990,600円【2008年 有馬記念】

ロボアドバイザー技術の前身である【精度分析法】から得た軸馬・穴馬情報を得て構築された馬券。レースに沿った適切な買い幅を提案するから穴馬券でさえ厚く買えてしまう。だから、あなたにも取れる高配当がきっとあるはずです。
メンター伊藤
メンター伊藤
投資競馬の始め方 無料競馬予想AI

 -マインドセット

error: 操作することができません!