最悪の損失を生みだす感情を利益へと導く方法

    2021/04/12

子どもも大人も関係なく誰もがマインドセットを持っていて、その中身は主に「固定思考」と「成長思考」の2つに分けられます。

たとえば失敗してしまったとき、ずっと落ち込んで諦めてしまうのが「固定思考」の人。どこがいけなかったのか反省点を見つけて、次につなげる努力をするのが「成長思考」の人です。

または誰かが成功したときに「あの人にはできたけど私にはできない」と考えるのが「固定思考」の人。「あの人ができたなら私もできる」と行動を起こせるのが「成長思考」の人です。

成長思考の人は、「挑戦に失敗はつきもの」というスタンスでいるため、躊躇することなく色々なことに挑戦していきます。

その結果、めざましく成績が伸び好成績を残したりすれば、さらに自信がついて次の挑戦へと迷わず向かっていく成功と成長のサイクルが機能するようになります。

一方で、固定思考の人は、「どうせやってもダメだろう」「失敗したら恥ずかしい」という思いが強いため、本当は活躍できたかもしれない貴重な機会を逃してしまいます。

仮に挑戦できたとしても固定思考のままでは、失敗した場合そこで挫折してしまう負のサイクルに捉われることでチャンスを生かすことができません。

実りあるプロセスに注目しよう

大事なのは結果ではなく「プロセスが正しいか」どうか。営業職のように極端な成果主義から正しいプロセスにたどりつく人もいますが大半の人は挫折してしまいます。

過去の日本社会では、散々どなられ人格をけなされ、まさに根性で耐え抜き見つけることができた人だけが成果を上げることができました。

現代日本では、そのような会社は「ブラック会社」と呼ばれるようになりましたが、まだまだ存在しており自殺者をだすなど社会問題になることもあります。

どうすれば悲惨な事態を避けて「正しいプロセス」を見つけられるのか。そのための手法は1つしかありません。

ここではマイペースで取り組んでも大丈夫。ゆっくりでも一歩ずつ進んでいくと決心できれば望んだものへと確実に近づくことができます。

ただ、いつのまにかダラダラとやってしまうことが私にはありました。特に集中力が続かない人は興味が違う方向にいかないようにするなど注意が必要です。

あなたを監視する目はありません。だからこそ、しっかりと自分自身に厳しくなれるかが成功の分かれ目になると言ってもいいでしょう。

後悔から反省のマインドセットへ

投資の世界では、短期間で月いくらの利益を出したい人であふれています。そういう要望に応えるような金融商品はハイリスクなため、すぐに全財産を溶かす人も珍しくない。

それは競馬でも同じでとにかく当てることを優先する人ばかり。たしかに馬券を当てなければ一見ノーチャンスに見えるため感情的には正しいように思えます。

その結果、当てるために予想力がいるという結論にいたるのですが、長いスパンで見ると人気の組み合わせしか当たらず馬券の買い過ぎによる「利小損大」の収益構造になってしまい損するだけなことが多い。

そういう当てるための買い方は、そこそこ的中率があるため挽回できてしまうようなイメージを持ってしまうこともドツボにハマる原因になっています。

ここで大事ポイントは「たとえ的中率が低くても資金管理(マネーマネジメント)ができているなら挽回の余地が生まれてくる」ということ。

長期戦略は途中で紆余曲折しつつ8割は勝ったり負けたりを繰り返すため非常に退屈に思えます。

しかし、一般人が永続的に気づかないで行っている長期的に見てマイナスな馬券を買い続けるというケースは確実に避けられます。

また、しっかりと長い時間をかけて経験を積んでいけるため、自分なりの成功パターンが見えてくることもあるでしょう。

長期的な戦略は短期的な戦略を包括することができるため、まずは長期で成果を上げてから短期戦略を考える方がリスク面から見ても安全です。

この長期的な戦略にもとづきプロセスを模索していく過程でやってしまいがちなのが「後悔」してしまうこと。

その「後悔」は深ければ深いほど後の判断に迷いを生じさせます。それは、自分の投資ルールを崩壊させることにもつながるため非常に危険です。

まず投資において正しいプロセスを踏んだとしても、いつでも確実に1つの正しい結果に行き着くなんてことはありません。

その結果の再現率が高くなくても、破綻なく利益をもたらすのであれば、それは何が起ころうとチャレンジするべきプロセスと割り切るべきなのです。

しかし、投資の初心者ほど1つの結果に行き着くような確実な手法を欲しがります。こうしたら確実にこの結果が得られないとダメなんだ!と。

残念ながら0と1というシンプルなコンピューターの世界でさえ「バグ」という予測不可能な事象が起こり続けています。

この「バグ」を「失敗」という視点でとらえる人がほとんどでしょう。だから、完璧でなくては利益が生まれてこないという狭い視点になりやすいのです。

じゃあ、どうすればいいのか?じっくりネットを観察していくと「バグという失敗」を利用して利益を得る人たちがいることに気づかないでしょうか。

つまり、失敗に焦点を当て対策を講じることができれば上手く利益へと変えられる。そして、それは完璧を目指すコストよりも圧倒的に安く効率がいい。

それを台無しにするのが「後悔」という感情です。それを抑えるためには「反省」のマインドセットに切り替えねばなりません。

後ろ向きの「後悔」より、あなたを確実に成長させる「反省」というマインドセットを選んでください。

しっかりと過去を振り返ることで新しいパターンが見えたり、こうすればもっと良いのでは?という利益を生み出すタネを見つけられるようになります。

最初のうちは無理やりにでも「自分のやり方や仕事ぶりは、必ずしも最善のものではなかった」という前提を置いてみてください。

そうすることで自動的に「反省」がうながされ、あなたの成長PDCAサイクルが機能し始めるようになります。

高配当

 

人生一変の高配当TOP5

68,990,600円【2008年 有馬記念】

AIアドバイザーがリアルタイムにパドック診断。10万馬券だって当たり前にように拾い上げる!あなたの配当を最高にする激走馬をエージェントと一緒に見つけないか?
メンター伊藤
メンター伊藤

10万馬券連発!?激走パドック診断Liveはこちら

 -マインドセット

error: 操作することができません!