【京都牝馬ステークス2019予想】データ傾向と対策

      2019/03/27

京都牝馬S予想オッズ1番人気は?どんな馬が穴馬となって配当を押し上げるのかデータ傾向を見ていこう!

京都牝馬Sデータ傾向

京都牝馬Sは京都競馬場の外回り芝1400mで行われる牝馬限定G3重賞レース。ヴィクトリアマイルにも影響を与えるレースだ。

2016年から芝1600m⇒芝1400mに距離が変更されている。そのため過去のレースラップは使えなくなったので注意したい。

2016年は重馬場で緩みないペースとなったため差しが決まる消耗戦に。冬の枯れた芝に雨が降れば体力も必要とされるため実績馬が好走しやすかったようだ。

2017年は良馬場なら芝1400mのラップ傾向から瞬発力が問われる可能性が高いだろう。

年齢で見ると好走の主力は4~6歳馬で関西馬が有利となっている。そのせいか関東馬が上位を占めた2015年は3連単286万円馬券の大波乱となった。

過去のデータ傾向からいえば度外視できる一戦といって良く、まずは関西馬から馬券の軸馬にふさわしい馬を選ぶほうが的中に近づけるはずだ。

また、斤量52kgの人気馬は勝率が高いことに注目しておきたい。

京都牝馬S予想まとめ

1番人気馬の好走率は高く基本的には堅めの決着が多い。ただ、たまに大波乱という結果が牝馬レースに多いことから高配当を狙うなら穴馬のデータ分析は欠かせない。

サンデーサイレンスとミスタープロスペクター系が好走血統になる。ポツポツとノーザンダンサー系が穴をあけており、特にクロフネ産駒が出走していたら馬券に入れておくべきだろう。

JRA-VANネクスト+人工知能=投資競馬

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - G3予想