京都牝馬ステークス2023予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

      2023/01/24


京都牝馬Sで知っておかないと大損するかもしれない馬券的中のポイントを挙げていきます。

データ分析の質は競馬予想力に比例する!最も基本となる過去レース分析に焦点を当てた統計分析を行います。

京都牝馬Sデータ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1番人気は堅調ヒモ荒れ警戒
  2. 1番人気の関西馬は勝率が高い
  3. 10番人気内の前走1着馬の激走に注意
  4. 追い込み馬は不利
  5. 4~5歳馬が好走する
  6. 前走1~2着の好調馬が買い
  7. 関東馬の上がり馬は好走率が高い傾向

基本データ該当馬

更新中

買い目の質を上げるレースラップ診断

京都牝馬Sの過去レースを比較したラップウェーブがこちら。

京都牝馬S2021

京都牝馬Sは京都競馬場の外回り芝1400mで行われる牝馬限定G3重賞レース。ヴィクトリアマイルにも影響を与えるレースだ。

2016年から芝1600m⇒芝1400mに距離が変更されている。そのため過去のレースラップは使えなくなったので注意したい。

2016年は重馬場で緩みないペースとなったため差しが決まる消耗戦に。

冬の枯れた芝に雨が降れば体力も必要とされるため実績馬が好走しやすかったようだ。

2017年は良馬場なら芝1400mのラップ傾向から瞬発力が問われる可能性が高いだろう。

年齢で見ると好走の主力は4~6歳馬で関西馬が有利となっている。

そのせいか関東馬が上位を占めた2015年は3連単286万円馬券の大波乱となった。

過去のデータ傾向からいえば度外視できる一戦といって良く、まずは関西馬から馬券の軸馬にふさわしい馬を選ぶほうが的中に近づけるはずだ。

また、斤量52kgの人気馬は勝率が高いことに注目しておきたい。

京都牝馬S予想まとめ

1番人気馬の好走率は高く基本的には堅めの決着が多い。

ただ、たまに大波乱という結果が牝馬レースに多いことから高配当を狙うなら穴馬のデータ分析は欠かせない。

サンデーサイレンスとミスタープロスペクター系が好走血統になる。

ポツポツとノーザンダンサー系が穴をあけており、特にクロフネ産駒が出走していたら馬券に入れておくべきだろう。

シン・競馬新聞

 

自己最高配当を更新する人が続出する理由

シン・競馬新聞は独自AI技術によりレースを指数で視覚化しました。

アテになる指数として開発されたことでオッズを動かすこともあるんです。

さらに直前情報までカバーすることで馬券に重要な馬がまる分かりに!

ギリギリまで攻めるから小額で万馬券を獲ることも珍しくありません。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

競馬予想はデータ分析の質に比例することが分かってきました。しかし、今日まで99.9%の競馬予想はデータ分析が行われていません。

自動でデータ分析をしてくれるAI競馬新聞があれば、初心者でもUMAJOでも少しの努力で最大の成果を得ることも可能になりました。

AI競馬新聞には、業界最高エージェントが競走馬のデキや適性を助言してくれたり、プラス収支を達成しているメンターの見解を知ることができます。

このようなクラウドの仕組みを持つAI競馬新聞は、多くの専門家が質の良い情報を共有することで品質を高めてきました。

競馬の税金裁判になった高額的中に結びつくアルゴリズム化に成功した唯一のサービスになります。

AIデータ解析による競馬新聞はこちら

 - 競馬予想AI

error: 操作することができません!