ファンタジーステークス2020予想データ傾向分析

    2019/11/13

ファンタジーステークスは、京都競馬場の外回り芝1400mで行われる2歳牝馬限定の重賞レース。あまり2歳G1レースの阪神ジュベナイルフィリーズとは結びつかないと言われている。ここで賞金を加算したい短距離馬が多く出走するのが原因だろう。

近年はスローペースへのシフトが目立ってきており瞬発力勝負なる傾向が強まってきている。簡単には前が止まらないということもあって逃げ先行馬の活躍が目立つ。スピードタイプが穴をあけることがおい。

昨年はディープインパクト産駒が上位を独占しており血統的な優位が見られることから、2016年のファンタジーステークスでも忘れずに見逃さないようにしたい。

近年で関東馬が勝ったのは2011年のアイムユアーズぐらいで関西馬が圧倒的に有利なレースと言える。

ファンタジーS2019予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1マジックキャッスル2.6
2シャレード3.1
3ヤマカツマーメイド6.1
4レシステンシア7.0
5ケープコッド12.3
6ラヴォアドゥース20.4
7ペコリーノロマーノ21.9
8モズアーントモー25.9
9クリアサウンド32.6
10レジェーロ38.7
11エレナアヴァンティ59.5
12パドゥヴァルス62.0
13テリオスヒメ109.2
14ベッラヴォルタ137.0
15ヒルノマリブ169.2
16カイトレッド182.6
17エールヴィオレ320.7
18アポロニケ496.3

ファンタジーS2019予想まとめ

keibasite.comベースラップ理論での算出によると、ややスローペースから持続戦に推移する可能性が高そうだ。

もちろん2歳馬ということで気性が若かったりすれば想定以上のペースは考えられるが、ここ2年はスローペースで進んでおり速くなる可能性は低いと考えたい。

スピードに対応して瞬発力を引き出すのは、むしろスプリンター色が強い馬の生業とするところ。逆に天性のスピードで圧倒するケースも少なくない。

個人的には適性を見るなら今回は負けてくれた方が先々の楽しみはあるんじゃないかと思っている。ここはしっかりと賞金加算しておくべきレースと位置付けており2着なら負けても評価を下げることはしない。

このレースで穴馬の好走があるなら、それは展開の利を得て好走する穴馬の可能性が高いと考えている。

関連レース:阪神ジュベナイルフィリーズ

 -競馬予想データ傾向分析