天皇賞秋2021予想 - AIデータ傾向分析で判明した買いポイント

  

天皇賞秋2021予想に関するデータ傾向を探っていく上で価値あるデータだけを絞り込んでいきます。

基本データ攻略

AIデータ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1番人気馬が堅調
  2. 5番人気馬に妙味あり
  3. 4~5歳が好走の中心
  4. 牝馬の連対精度が高い
  5. 脚質は先行・差しが安定
  6. 4~5枠の中枠に優位性あり

データ予想ポイント

1番人気馬が堅調で特にG1レース4勝以上を挙げている馬は逆らう余地があまりない。

前走G1レースからの好走がスタンダードになり、以前のようなG2レースからの激走は影を潜めている。

連対馬で見ていくとG1レース勝ちで占めており、このあたりの実績から選ぶのがセオリーと言えそうだ。

その中でも層の厚い1800~2000mでの中距離実績を重視していきたい。東京実績があるとなおいい。

基本データ該当馬

コントレイルグランアレグリアエフフォーリア、ワールドプレミア、カレンブーケドール, ヒシイグアス

予想オッズ(単勝)


馬名予想オッズ
1コントレイル2.3
2グランアレグリア2.6
3エフフォーリア2.9
4カレンブーケドール14.0
5ワールドプレミア32.1

>> すべて表示する

激走ビームで比較する

AI視点をグラフィカル表示。どの馬を重視しているか確認してみよう!
アルゼンチン共和国杯の激走ビーム

レースラップからの重視ポイント

天皇賞秋のレースラップは、例年の傾向からは大きく外れることはないことがグラフで確認できる。

序盤から中盤に小さく息を入れる程度で極端に緩むことなくラスト1000~800m地点からペースアップが開始され直線へと向かっていく。

最後は上がりを要することからスタミナもそれなりに必要とされるレースと言えそうだ。

8枠は好走できないと言われ続けたが近年は馬場いじりの成果あって激走のチャンスも増えてきている。

基本的には中距離実績を重視するしかなく人気馬を中心にした馬券にならざるを得ないレースと言えるだろう。

激走馬の暫定ランク

最終的にエージェント評価を加味して仕上げていきます。
 

激走馬ランク1位

エフフォーリア [120]

激走馬ランク2位

グランアレグリア [114]

激走馬ランク3位

ヒシイグアス [110]

AI競馬新聞

 

AI競馬新聞 - 競馬を投資にする必須ツール

AI競馬新聞は、激走馬を絞り込むことで配当アップに貢献します。

軸馬だけでなく穴馬だって特定してしまう。

たとえ馬券がハズレても小額で爆発力のある馬券を買うことを可能にする。

68,990,600円【有馬記念2008】

手堅い本命馬だけでなく穴馬の特定もおまかせください。

馬柱データをグラフ化したことで出走馬の比較をカンタンにします。

さらに世界初の逆解析レーストレーシング技術で買うべき馬に集中することができる!

なんと、この勝ち組ツールが基本無料で利用できます。

無料版では、レース発走30分前から約10分間隔で順次情報公開中。

10年以上プラス収支を継続したノウハウを体験してください。

そして、最後には業界トップエージェントのパドック診断まで抜かりなし!

その一部は、ツイッターでも公開しているので要チェックですよ。

今までの競馬予想を過去のものにする革新的な近未来ツール。

あなたの馬券だけでなく人生をも変えるかもしれません。

AI競馬新聞 & パドック診断

 -競馬予想AI

東京11アルゼンチン共和国杯


error: 操作することができません!