スワンステークス2017予想データまとめ

      2017/09/28

Pocket

近年のスワンステークスでは後半の時計が速い後継ラップが多いことから逃げ残りやすいレースになっている。昨年は差し馬で決まったが2016年の今年は逃げ馬を警戒しておいた方がいいかも知れない。

逃げそうな出走予定馬はいるものの中距離から参戦するメイショウナルトの逃げだと頼りなくスピードの違いで他が逃げる展開もありそう。逃げ残りを狙っても思い通りにはいかないかも知れない。

昨年優勝したアルビアーノがスワンSから復帰する。予想オッズでは3番人気になっているのは昨年と比べて斤量が3kg増量するからだろう。それでも高松宮記念3着とG1レースでも崩れてない点から複勝での人気は高くなる見込み。

高速馬場の京都だけ内有利の競馬が続いているが、昨年のスワンSでは外からの差し馬で上位を占めているように馬場傾向の変化に気を付けたいところ。

上位人気が予想されるサトノアラジンフィエロといった末脚自慢が参戦してくる。それだけに堅い決着という可能性もそれなりにあり買い目の決定に悩みそうだ。

このスワンSの予想を発走前に公開するかも知れない。

スワンS予想オッズ

安定感と成長を加味してサトノアラジンが1番人気おされている。2番人気フィエロ、3番人気アルビアーノといずれもG1レースで健闘している実績馬が3強を形成しそうだ。

1 サトノアラジン 2.6
2 フィエロ 3.6
3 アルビアーノ 4.7
4 ダンスディレクター 6.5
5 エイシンブルズアイ 11.2
6 バクシンテイオー 13.5
7 サンライズメジャー 25.9
8 サトノルパン 29.3
9 エイシンスパルタン 34.6
10 ミッキーラブソング 37.6
11 ブラヴィッシモ 77.3
12 ティーハーフ 126.2
13 テイエムタイホー 138.3
14 ムーンクレスト 232.9
15 メイショウナルト 344.2
16 ラインハート 476.2
17 ペイシャフェリス 592.0
18 ランドクイーン 1038.4

競馬予想の公開から10年プラス達成しました。

システムアナリストとして独自のデータ分析手法【ゴールドマイニング】を開発し能力の高い馬をリスト化。そこに競走馬エージェントの馬体適性理論を組み合わせることで回収率の向上に成功しました。

独自理論から生まれたアナログとデジタル手法の双方向から競馬の利益につながる情報を提供します。

Pocket

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

今から話すことは長らく勝ち組の間で秘密にされてきた【シークレット】の一部である。 ...

2
小嶋陽菜(こじはる)が競馬予想で勝てる理由

小嶋陽菜が2年連続で収支プラスを達成できたのは偶然ではない。深い競馬の知識なんか ...

 - 競馬予想2017