秋華賞2021予想 - AIデータ傾向分析で判明した買いポイント

  

秋華賞2021予想に関するデータ傾向を探っていく上で価値あるデータだけを絞り込んでいきます。

AI基本データ攻略

AIデータ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~5番人気で決まりやすい
  2. 勝ち馬は1~3番人気から
  3. 関西馬の勝率が高い
  4. 前走6着以下は割引
  5. 前走自己条件組は2着以内
  6. キャリア4~8戦が最適

データ予想ポイント

三冠牝馬レース最後ということもあり実績馬が強いという順当な傾向が示されている。

特別な理由がない限り上位馬の総崩れは考えにくい。過去は大波乱もあるが狙って獲るのは難しいだろう。

基本は人気馬から軸馬を設定してヒモ荒れを狙い程度までに留めておくのが吉だ。

基本データ該当馬

ソダシ、ユーバーレーベン、ファインルージュ、アカイトリノムスメ、アンドヴァラナウト、スルーセブンシーズ、フィガロ

予想オッズ(単勝)


馬名予想オッズ
1ソダシ1.6
2アンドヴァラナウト6.2
3ファインルージュ6.4
4アカイトリノムスメ7.0
5ユーバーレーベン8.0
6アールドヴィーヴル29.3
7アナザーリリック45.2
8スルーセブンシーズ80.9
9エイシンヒテン81.7
10クールキャット85.6

>> すべて表示

激走ビームで比較する

AI視点をグラフィカル表示。どの馬を重視しているか確認してみよう!
秋華賞S激走ビーム

レースラップからの重視ポイント

秋華賞は、京都競馬場の内回り芝2000mで行われる3歳牝馬限定のG1レース。近年は、異常な高速タイムでの決着になっている。

過去のレースラップを見ていくと3ハロンと6ハロン目で息の入るパターンが確認できる。

2015年のように1回のパターンも確認できるが、そうなると上がり3ハロンの時計が遅くなるようにタフさが増すようだ。

2016年のようなラクなペースになれば瞬発力が必要となるため、2パターンの馬券を用意してもいいかもしれない。

道中は中団からレースを進める馬が好走しやすいことから前過ぎず後ろ過ぎずがウィナーズポジションと言えそうだ。

この時期は高速馬場で開催されるのと京都競馬場の内回りは直線が短いコースの影響が強いことを頭に入れておきたい。

過去10年で1~3番人気の勝率が圧倒的な数字を残しており、まずは上位人気から軸馬を決めるのがセオリーになる。

ローズS組から好走馬の多くを輩出していることから、この中から検討する方が最短で答えに近づけるだろう。

内枠から外枠まで好走馬がでており内外はイーブンに近いデータ傾向を示している。

穴馬なら8番人気以内から探すのが効率が良い。大穴は1番人気オッズが3倍後半となる混戦レースで狙う方が良さそうだ。

競馬予想ポイント

秋華賞の決着走破タイムの予測は1.57.5前後。あまりにも速い決着になるため時計勝負に対応できるかもポイントになりそうだ。

基本はローズS組から馬券を組み立てることになるが、しっかりとパフォーマンスを残している上がり馬に気づけるかも重要になる。

重賞レースになってからは、紫苑ステークスからの馬券絡みが近年は増えていることにも気を付けたいところ。

高速馬場の影響でタイトなペースでも前が残るシーンが見られるため、前に行って残せる持続力タイプに注目したい。

秋華賞AI予想の激走馬

人気上位馬に大きな差はなくレース展開や仕上がり次第でコロッと変わる可能性がある。

あえて軸馬を決めずにオッズバリュー重視で馬券を構築してみると面白いかもしれない。

激走馬ランク1位

ファインルージュ

激走馬ランク2位

ソダシ

激走馬ランク3位

アカイトリノムスメ

高配当

 

人生一変の高配当TOP5

68,990,600円【2008年 有馬記念】

限定情報 競馬関係者からのダイレクト情報を無料で手に入れる方法

 -競馬予想AI

error: 操作することができません!