京王杯2歳ステークス2024予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

      2023/11/07

京王杯2歳ステークス2024予想で知っておかないと大損するかもしれない馬券的中のポイントを挙げていきます。

データ分析の質は競馬予想力に比例する!最も基本となる過去レース分析に焦点を当てた統計分析を行います。

基本データ攻略

AIデータ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 波乱含みのレース
  2. 6番人気以下は関西馬から
  3. 関西馬の好走率が高め
  4. 逃げ・先行馬が主力で追込は期待薄
  5. 休み明けの馬が好走する
  6. 1勝級以下の距離延長は軽視

基本データ該当馬

ミルテンベルク、コラソンビート、アスクワンタイム、アグラード、ロジリオン、ゼルトザーム

馬券の買い方を絞るレースラップ診断

京王杯2歳ステークス2024予想

過去のレースラップを見ると前半はペースが上がらず後半の上がり3ハロンタイムを競うレースであることが分かる。

直線の長い東京競馬場であっても前がバテない以上、逃げや先行馬が残りやすいのは当然のことと言えるだろう。

上がり3ハロンタイムは33秒台前半と速いこともあり追い込み一手では直線での挽回は厳しくなる。

前走レースで速い上がりタイムを持っている馬をまずは重視しておきたい。外回り経験も有利に働くはずだ。

ローカルの小回りコースのスプリントで勝ってきた馬の信頼性は低めにでるのも脚タメ未経験が影響している。

京王杯2歳ステークス2024予想ポイント

重賞レース連対馬かオープン勝利馬から馬券を組み立てるのがセオリー。新馬戦からの連勝は資質的に十分であるか検討したいところ。

距離延長からの好走は目立つがスローペースになりやすいため折り合いの確認はしておきたい。

休み明けの馬が走るのは資質的に優れた馬に多い傾向ということもありマイナスになる可能性は低いだろう。

関西馬の回収率が高いため馬券構築に迷ったら所属重視で買ってみるのも馬券戦術になる。

■今週の重賞レース
ファンタジーステークスアルゼンチン共和国杯みやこステークス

URA競馬新聞

 

競馬で勝てる、たった1つのロジック

競馬予想で勝つ方法はこれしかありません。それは【現在」をデータ分析すること。

過去データを見て予想が上手くいくわけないのです。なぜかって!?そのシンプルな理由を今から解説します。

それは、省略された過去データで予想しているからです。現在を構成する情報が何か考えてみてください。気温や風の変化、馬場や競走馬の変化、調教師や騎手の心理的な変化もお互いに作用しています。

それなのに、ギリギリまで削り取られたデータだけで予想するのだから上手くいくわけがない。つまり、その逆をいけば競馬で勝つことができるわけです。

そう誰も手をつけられなかった当日のデータ分析で変化に沿って馬券を構築すること。現在を知るデータ分析のハードルは高いです。なぜなら、理論から構築する必要があるからです。

あえて前人未踏の地に踏み込むことにしました。そのために1億円と10年の研究を必要としました。そして、ついにAIを取り込んだアプリを完成させることができました。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

詳しくは下記サイトをご覧ください。あなたがもし、このシステムを使いこなすのであれば、再現性のあるリターンを手にすることができるでしょう。

中央競馬サイト【Umapp】スマホAI攻略速報アプリはこちら

 - 競馬予想AI

error: 操作することができません!