京王杯2歳ステークス2017予想データまとめ

      2017/09/28

東京競馬場の芝1400m戦らしく前半スローペースからの後傾ラップになるケースが多い。近年は1番人気が勝っていないことから大荒れが期待できる2歳限定の重賞レースと言える。

この京王杯2歳Sは、最後の直線から逆算した上がり3ハロン時計が33秒台を叩きだす馬が多く、前半スローからの直線でヨーイドンからの瞬発力勝負が近年のスタンダードになっている。

そのため内枠有利の傾向が強くなりやすく枠順の影響力が大きい。基本外枠は割り引いて考えるべきだが、2016年は例年より内の芝が荒れてきているためJRA造園課が固めてこなければ外が伸びるといたこともありそうだ。

逃げ先行馬が穴をあけるパターンが多いことから前走で逃げ先行で競馬していた馬はマークしておきたい。

京王杯2歳Sベースラップ

12.5 - 10.9 - 11.7 - 11.7 - 11.7 - 11.5 - 11.8

京王杯2歳S2017予想

keibasite.comベースラップ理論で算出したラップでは、2016年の今年はスローペースにならず持続戦になる可能性が高いとでている。もちろん直線が長い東京競馬場なので必要以上に騎手が抑え込む可能性はあるが極端なスローペースまでは考えにくい。

快速戦となった小倉2歳ステークスを楽勝で制したレーヌミノルが予想オッズで1番人気に支持されている。この馬で考えるべきことは緩むペースの対応力があるかどうかだろう。今回は関東への初輸送ということもあり懸念材料は少なくない。

折り合いのセンスはありそうだが前走の急流を制してのの距離延長となるだけに引っかかる想定はしておいた方が良さそうだ。ダイワメジャーにタイキシャトルという血統背景はベースラップが示す持続戦に適合することから勝つまでのポテンシャルは秘めているものと考えられる。

2番人気になりそうなのが2戦2勝のヴィクトワールピサ産駒コウソクストレート。新潟・東京競馬場の芝1400mで2連勝とベースラップで見ても適性の高さはナンバーワン。脚質もセンスのいい好位タイプで安定感のあるレース運びが期待できるだけに無難に攻めるならマイナス要素のないこちらという選択肢もある。

函館2歳ステークス2着馬モンドキャンノは3番人気。仕上がり早の多いキンシャサノキセキ産駒でサフィロスが好走しているように血統的に向いた条件と言える。前走は引っかかるシーンがあっただけに距離延長が課題となりそうだ。素質の高さはうかがえるだけに折り合いさえつけばチャンスはある。

他に函館2歳ステークスを制した外国馬レヴァンテライオン や2連勝中のディバインコードなどスピードにあふれたメンバーが集結している。ハイレベルなレースになるようなら穴馬の出番はなさそうだが少しでも馬券妙味を考えて予想公開していくつもりだ。

予想オッズ

掲載までおまちください

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - 競馬予想2017