菊花賞2020予想データ傾向分析

    2019/11/13

菊花賞 予想オッズ1番人気は?みんなの投資競馬AIクラスリビルドを役立てるためのデータ傾向を検証していこう!

菊花賞2019データ傾向

菊花賞2019予想

菊花賞は、京都競馬場の芝3000mで行われるG1レース。三冠ラストのクラシックレースに指定されている。

過去のレースラップを見ていくと、馬場が悪くても基本的に波形が変わることはないようだ。

道中7~8Fで大きくペースダウンし一息ついてからゴールに向かって加速していくレースが多い。

2014年は、異様とも言えるフラットに近い形をしているスタミナレースとなったが、それでもラストのハロンタイムは大きく落ち込んではいない。

それだけ馬場が高速であるため、相当馬場が悪化しない限りスタミナ優位にならないと考えるべきだろう。

時計が速くなっているからこそスタミナ優位なレースにならない難解さがこのレースの色と言える。

基本的に距離が長くなったからと言って何か特別な素養が必要となるわけではない。

その点からレベルが高くなりやすい神戸新聞杯組の好走が中心になるのは当然と言えそうだ。

ここで能力を発揮する馬というよりも折り合い難で自滅しない馬が穴馬になりやすい。

そこから派生するペースや位置取りで恩恵のあった馬が高配当をもたらすだろう。

過去10年で1番人気は連対率が7割と回収率も好調。ただ、関東馬の好走は1回のみで気を付けたい。

近年は良馬場になると1~2枠の勝率が高くなっているのも穴馬を見つける重要なポイントになる。

菊花賞2019出走馬と予想オッズ

取得中

菊花賞2019競馬予想ポイント

菊花賞の決着タイムを予測は3.03.5前後。長距離戦はブレやすいので1秒のズレは想定しておきたい。

ここで実力を上げてきた馬というより、この舞台で実力を損なわない馬に注目していきたい。

神戸新聞杯やセントライト記念での序列が変わるとすれば、レース道中での折り合いから引き起こされるペースや位置取りの方が影響力は強くでる。

長距離になるほどレアケースの競走になる点がデータの稀少さと相まって馬券の当てやすさに直結していると考えたい。

基本的にはオッズが許す限り手広くが基本。有力馬が負けるケースを想定して馬券を構築するのが良さそうだ。

三冠対象レース

皐月賞日本ダービー

 

業界トップエージェント秘密基地


気になるあの馬のデキは?馬体を見るだけで呼ばれる人気エージェントのワケがあって表にだせないシークレット情報はこちら!


悪質競馬予想の詐欺対策

1
JRA-VANデータマイニングに価値はあるのか

JRA-VAN NEXTは、1日110円で利用できデータが豊富なことから、JRA ...

2
Youtube動画詐欺が流行る理由 - 情報弱者ビジネスの闇

Youtube動画の視聴者数が伸びており、これから懸念しなければいけないのが詐欺 ...

3
馬ログは詐欺誘導?@競馬予想口コミサイト検証

競馬予想の口コミサイト『馬ログ』は、不当表示による優良誤認させているのでは?とい ...

4
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

もくじ 競走馬の能力を理解しない限り馬券効率は上げられない!競馬新聞で分かるのは ...

5
競馬初心者が最初に競馬予想を学んではいけない理由

競馬は当てるために馬券を買うんじゃないんですよ。こう言うと驚かれるかもしれないで ...

 -競馬予想データ傾向分析