京都新聞杯2018穴馬予想のデータ傾向

   

一般的な競馬予想では競馬新聞やJRA-VANといった一次情報が利用されます。

これは、ただ煩雑に情報が並べられている状態ですので、一度整理しなければ情報としての価値が発揮できません。そのまま利用するのは単純に不利ということになります。

投資競馬は、これらをデータ分析して、どのレースに価値があるか、信頼できる軸馬はどれか、買う価値が高い穴馬はどれかなど分類できるためムダな出費をせず回収率を高めることに成功しています。

今の時代は混沌としているレースが多く、あれもこれもと買い目は多くなりがちです。あまりに買い目が多いと当たった時に利が薄く、ハズレた時に損失が大きい、いわゆる損大利小の馬券から抜け出せない人も多いのではないでしょうか。

一次情報を分析するには多くの時間と確かな技術を必要とします。この部分は、私のようなデータ分析屋に任せた方が低コスト高効率の資金管理が実現しやすくなりますよ。

京都新聞杯のデータ傾向

京都新聞杯は、京都競馬場の外回り芝2200mで行われるG2重賞レースになります。

近年は緩やかな持続ペース傾向になりやすく、その分だけ決め手が求められてきます。しっかりと好位で位置取りできるタイプが優位にレースを運びやすく追いこみになると厳しいかもしれません。

前半で息の入らない流れにならない限り、近年の先行優位は覆らないと見ていいでしょう。

京都新聞杯の予想見解

人口知能による予測を青線で表示してみました。今年も緩やかなペースで流れそうで、それなりに速い上がり3ハロンタイムが欲しいところ。

決着時計は2分13秒前後となっており、しっかりと折り合いのつく先行馬を絞り込んでいきたいですね。

京都新聞杯の穴馬がいればツイッターで公開するかもしれないのでフォローアップよろしく!

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - G2予想