NHKマイルカップ2021予想 - AIデータ分析で判明した買いポイント

  

NHKマイルC2021競馬予想で稼ぐ方法! それは、AIデータ分析で判断量を減らし重要な判断だけを絞り込むこと。

投資競馬の理論を実践していくことで、利益を生み出す重要なポイントを理解できるようになります。



馬名予想オッズ
18
グレナディアガーズ2.6
215
シュネルマイスター4.1
34
バスラットレオン4.8
413
ホウオウアマゾン6.3
53
ルークズネスト12.4
618
ピクシーナイト15.3
710
ソングライン19.1
87
タイムトゥヘヴン22.6
92
アナザーリリック34.2
1012
ランドオブリバティ38.8
115
リッケンバッカー48.5
1211
ヴェイルネビュラ96.9
131
レイモンドバローズ106.8
1416
ロードマックス132.5
1514
ショックアクション142.1
1617
グレイイングリーン175.3
176
シティレインボー242.0
189
ゴールドチャリス366.2

NHKマイルCの基本データ傾向

・1~2番人気馬の連対率が高くでている
・牝馬の好走率が高く重視できる
・逃げ馬が約4倍も有利という結果
・前走5着以内の堅調な馬から選ぶのがセオリー
・キャリア3~6戦の好走率が高い
・枠順は8枠が良く、次いで5枠と外めが好結果

データ該当馬

バスラットレオン、グレナディアガーズ、シュネルマイスター、アナザーリリック、タイムトゥヘヴン、リッケンバッカー

レースの質が分かるラップウェーブAI分析

NHKマイルC2021

NHKマイルカップのラップウェーブを比較すると、G1レースにしては息が入りやすいレースだと分かる。

1~2回ほど息を入れるシーンがあるため、終盤のレースラップは、加速力が必要な流れになりやすい。

17年はフラットなレースラップになったが、ラスト1ハロンの失速は平均的なものとなっている。

過去のレースにおいて1000m通過が最大の緩みポイントになっていることも理由としてあるだろう。

この点から、余裕のあるレース展開になるため、スピードを維持しつつ、さらに加速する性能が求められてくる。

この一気の加速戦に対応できる逃げ馬であれば残ることは難しいことではないのも道理にかなっている。

また、瞬発力で勝る牝馬が好走する傾向も同じことが言える。この2点は馬券構築で意識しておきたい。

逃げが残るなら内枠が有利になりそうなものだが、8枠の好走が多いのはラップイメージと食い違っている。

スムーズな競馬ができることが利点としてあるが強力なものではなく、あまり過度に考える必要はないのかもしれない。

時計の出方はおおむね2勝クラスと言えるため、3勝している馬や2勝でも重賞レース好走経験がある馬を重視するのがセオリーになる。

高配当

 

人生一変の超高配当が当たったTOP5

68,990,600円【2008年 有馬記念】

ロボアドバイザー技術の前身である【精度分析法】から得た軸馬・穴馬情報を得て構築された馬券。レースに沿った適切な買い幅を提案するから穴馬券でさえ厚く買えてしまう。だから、あなたにも取れる高配当がきっとあるはずです。
メンター伊藤
メンター伊藤
投資競馬の始め方 無料競馬予想AI

 -競馬予想AIデータ傾向

error: 操作することができません!