NHKマイルカップ2025予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

      2024/05/07

NHKマイルカップ2025予想で知っておかないと大損するかもしれない馬券的中のポイントを挙げていきます。

データ分析の質は競馬予想力に比例する!最も基本となる過去レース分析に焦点を当てた統計分析を行います。

NHKマイルCデータ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~2番人気が勝ちやすい
  2. 2ケタ人気の激走も少なくない
  3. 牝馬の好走率が高く重視できる
  4. 逃げ馬が約4倍も有利という結果
  5. キャリア3~6戦の好走率が高い
  6. 枠順は5・8枠と外めが好結果

データ該当馬

学習中

馬券の買い方を絞るレースラップ診断

NHKマイルカップ2025予想

NHKマイルカップのラップウェーブを比較すると、G1レースにしては息が入りやすいレースだと分かる。

1~2回ほど息を入れるシーンがあるため、終盤のレースラップは、加速力が必要な流れになりやすい。

17年はフラットなレースラップになったが、ラスト1ハロンの失速は平均的なものとなっている。

過去のレースにおいて1000m通過が最大の緩みポイントになっていることも理由としてあるだろう。

この点から、余裕のあるレース展開になるため、スピードを維持しつつ、さらに加速する性能が求められてくる。

この一気の加速戦に対応できる逃げ馬であれば残ることは難しいことではないのも道理にかなっている。

また、瞬発力で勝る牝馬が好走する傾向も同じことが言える。この2点は馬券構築で意識しておきたい。

逃げが残るなら内枠が有利になりそうなものだが、8枠の好走が多いのはラップイメージと食い違っている。

スムーズな競馬ができることが利点としてあるが強力なものではなく、あまり過度に考える必要はないのかもしれない。

時計の出方はおおむね2勝クラスと言えるため、3勝している馬や2勝でも重賞レース好走経験がある馬を重視するのがセオリーになる。

NHKマイルカップ2025予想まとめ

前期クラシック中間点に存在するG1レースらしく、桜花賞または皐月賞で5着以内に入っていた馬は重視する価値を秘めていることが多い。世代のトップクラスが集うクラシックレースで掲示板に載っていた馬は信頼できそうだ。

前走がクラシックレース以外だった馬を比較する場合は、上位人気に支持されたうえで連対していた馬に注目するといいだろう。

安田記念の優勝馬であるダイワメジャーの産駒、また海外のKingman産駒やFrankel産駒といった内外のマイルに強い種牡馬が活躍している。マイラー血統を持つ馬は信頼度が1つ上がると考えて良さそうだ。

前走が芝1800~2000メートル出走馬は好走率の数値も高くなりやすい。基本的にはマイル実績を信頼しつつも、前走から距離を短縮してきた馬の逆転劇が起こる可能性を頭に入れておくと好配当につながる。


勝ち馬は1~2番人気が勝つ傾向にあるが、6~9番人気からの激走もポツポツ起きてる。
2~3着になると2ケタ人気からの激走が増えてくるため手広く買うのがセオリーと言えそうだ。
人気馬を中心としたヒモ荒れが珍しくないレースで1つ狂えば大波乱の可能性も秘めている。

■今週の重賞レース
京都新聞杯新潟大賞典

URA競馬新聞

 

競馬で勝てる、たった1つのロジック

競馬予想で勝つ方法はこれしかありません。それは【現在」をデータ分析すること。

過去データを見て予想が上手くいくわけないのです。なぜかって!?そのシンプルな理由を今から解説します。

それは、省略された過去データで予想しているからです。現在を構成する情報が何か考えてみてください。気温や風の変化、馬場や競走馬の変化、調教師や騎手の心理的な変化もお互いに作用しています。

それなのに、ギリギリまで削り取られたデータだけで予想するのだから上手くいくわけがない。つまり、その逆をいけば競馬で勝つことができるわけです。

そう誰も手をつけられなかった当日のデータ分析で変化に沿って馬券を構築すること。現在を知るデータ分析のハードルは高いです。なぜなら、理論から構築する必要があるからです。

あえて前人未踏の地に踏み込むことにしました。そのために1億円と10年の研究を必要としました。そして、ついにAIを取り込んだアプリを完成させることができました。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

詳しくは下記サイトをご覧ください。あなたがもし、このシステムを使いこなすのであれば、再現性のあるリターンを手にすることができるでしょう。

中央競馬サイト【Umapp】スマホAI攻略速報アプリはこちら

 - 競馬予想AI

error: 操作することができません!