金鯱賞2018予想データ

   

競馬予想は実力勝負と言われていますが、そこまで大きな差がつかないのが予想能力だそう。

ほとんどの人が馬柱データからイメージ化して予想しているわけで、そこから正攻法で利ざやを稼ぐという発想だけでは十分とは言えません。

意外にも大きな差がつくのは競馬を構成するファクターだったりします。この知識が深いほど人とは違った視点でレースを見ることができる。

ファクターは相関関係があるため、まずは1つのファクター専攻に選び、次に補強するサブファクターをいくつか選択するのが良いでしょう。

たとえば、当エージェントであれば馬体がメインファクターとなり、サブファクターには血統・パドック・調教が関係してきます。

まずはメインファクターをじっくり選び、そのあとで相性が良いサブファクターを1~3つぐらいで自分の強みを発揮できるファクターが出来上がると思います。

ただ、馬柱を見てする競馬予想ではあまり効果は発揮しません。どの馬を重視すべきか軸馬・穴馬の把握が容易ではないからです。

馬柱を一次データとするなら、そこから分析された二次データがベストチョイス。メディアにでているプロ予想家でもやってますが一次データと自分が得意とするファクターを絡めて予想するのは正しくありません。

しかし、有用な二次データはまず見かけることがありません。そのデータ作成には個人ではだせない高額な技術開発が必要になるからです。できるかも分からない上に採算が取れない可能性の方が高いためやりたがる人はいません。

そこで3,500万円をかけて開発したのゴールドマイニング技術になります。投資競馬の核であり軸馬・穴馬を分けるにも絶対に必要になります。

投資競馬にアドバンテージがあることはツイッター上で証明しており今後も結果をだし続けていくでしょう。

金鯱賞データ傾向

金鯱賞は、中京競馬場で行われる芝2000mのG2重賞レース。3月に施工時期が変わっているため馬場状態の違いから時計の出方は違ってくるでしょう。

金鯱賞のレースラップを比較すると、前半は息を入れつつ後半から動き出し残り4ハロンから加速していくのがスタンダードだと分かります。

前半は息が入りやすいことで先行馬がラクできる展開が期待できます。そのため4コーナーでは7番手以内にいないと馬券圏内には入りづらいでしょう。

しっかいと先行・好位グループで脚をためてレースできる馬を中心に馬券を組み立てていくのがセオリーになります。

まあペースにもよるのですが差し・追い込み脚質には不利と言えることから割り引いて考えておくのがいいでしょう。

この金鯱賞で1着になった馬はG1レースでも好走した馬が多くG1レースへと昇格した大阪杯の重要なステップレースとして重要性が増しています。

何か分かったことがあればメール配信でお知らせするかもしれません。

金鯱賞2018予想データまとめはこちら

10連続プラス!無料の軸穴馬情報はこちら

自分だけのオッズゾーンで高配当をつかめ!

1.ツイッターをフォロー

2.メールアドレス登録でお得情報ゲット!
無料競馬情報の詳細

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - G2予想