金鯱賞2020予想データ傾向分析

    2020/05/18

金鯱賞 予想オッズ1番人気は?どんな馬が穴馬となって配当を押し上げるのかデータ傾向を見ていこう!

馬名予想オッズ
サートゥルナーリア1.5
ロードマイウェイ3.9
ラストドラフト6.1
ギベオン15.6
ニシノデイジー17.0
サトノガーネット20.0
ダイワキャグニー33.9
サトノソルタス40.2
ブレスジャーニー52.5
ケイデンスコール71.2
マイネルファンロン200.6
ジュンヴァルカン543.1

金鯱賞データ傾向

金鯱賞は、中京競馬場で行われる芝2000mのG2重賞レース。大阪杯に繋がるステップレースで3月に施工時期が変わっているため馬場状態の違いから時計の出方は違ってくるでしょう。

金鯱賞のレースラップを比較すると、前半は息を入れつつ後半から動き出し残り4ハロンから加速していくのがスタンダードだと分かります。

前半は息が入りやすいことで先行馬がラクできる展開が期待できます。そのため4コーナーでは7番手以内にいないと馬券圏内には入りづらいでしょう。

しっかいと先行・好位グループで脚をためてレースできる馬を中心に馬券を組み立てていくのがセオリーになります。

まあペースにもよるのですが差し・追い込み脚質には不利と言えることから割り引いて考えておくのがいいでしょう。

この金鯱賞で1着になった馬はG1レースでも好走した馬が多くG1レースへと昇格した大阪杯の重要なステップレースとして重要性が増しています。

 -競馬予想データ傾向分析