安田記念2020予想データ傾向分析

    2019/10/01

今週から2歳戦が始まります。それに合わせてエージェント新馬診断を無料配信しますので登録してね。

独占提携しているエージェントは一口馬主の無料診断で確かな実績を残してきました。今年の二冠牝馬アーモンドアイを始め重賞3勝ウインブライトやサングレーザーが現役で大活躍!

パドックは、優れた馬を見つけられる最終場所。このパドックで確かな情報を伝えられるのは競馬関係者でも早々いないですって。

すでにレジまぐで無料配信してきた通り、そこでも実力の片鱗を感じ取ってもらえたんではないかな。

パドック診断は長期戦略の一環でもあり、すぐに効果を期待するとガッカリするかもしれません。しかし、うまくかみ合った時には信じられない配当をお届けできる可能性もあるんです。

実際の配信例で見ると良化したと診断されたトーセンロザリオは、その時は結果をだせなかったものの、次の初ダート替わりでは7番人気で2着に入り、なんと馬連80倍超を演出しちゃった。

同じくデキが良化したと診断されたライナスは、次走8番人気で1着となり馬連75倍なんてスゴくない!?

これは競馬新聞をにらめっこしても狙い撃ちなんかできないよ!


トーセンロザリオ⇒馬連80倍
ライナス⇒馬連75倍

パドックの穴馬に好走率8割を占める1~5番人気を絡めるだけで儲かるかもしれないルーティンができちゃった!どう?こういった長いつきあいで配当を得られるのがパドック馬の面白さなんだね。

エージェントさんと懇意になれば良いことがあるかもなんで応援してあげよう!一口馬主の無料診断は4keiba.comを利用してね。重賞オーナーになる可能性がグッと高くなるはずだよ。

いますぐクリック!

安田記念データ傾向

安田記念は、東京競馬場の芝1600mで行われるG1レースになります。

過去のレースラップを比較すると、極端にラップが乱れることはなく綺麗なウェーブを描いています。ペースが遅くなった2016年は上がり3ハロンタイムが速くなることでバランスが取れてますね。

近年だけでみれば良馬場だと1.31.5~32.0で決着しておりスローになることは少ない様子。高速馬場で前意識が高くなっていることがレースラップ安定につながっているのかもしれません。

こういった点から前年からのリピート好走傾向の理由が分かってきましたね。

安田記念の予想見解

九条あいん(AI)が2018年のレースラップを予測(青線)したところ1.32.0前後が決着タイムでした。データ傾向から昨年3着したレッドファルクスは、今年は穴馬として期待できるかもしれません。

今年は中距離でG1ウイナーとなったスワーヴリチャードが参戦してきました。マイル経験のない馬の参戦は珍しく、過去では2・3着だったショウナンマイティがいます。

レベルが高くなりやすい中距離路線からの参戦は侮らない方がいいでしょう。ただ、マイル専門の馬にしてやられるシーンは考えておいても良さそうです。

ファイルダウンロード

 

JRA-VAN NEXTデータファイル

7兆円の資産を形成した最強の投資法「バリュー投資」で投資競馬を始めるためのJRA-VAN NEXT専用データファイルはこちら!

JRA-VAN NEXTはこちら

▼インストール方法
メニューの右側にある「設定」⇒「バックアップ・復元」からファイルを選び復元して下さい。

“JRA-VAN NEXTデータ分析ファイル” をダウンロード JRA-SecretFile.bak – 15909 回のダウンロード – 2 MB

更新のお知らせ

メールアドレスを登録しておくとファイル更新などを通知します。

スプリンターズS的中!重視して買える喜びの声ゾクゾク

 -競馬予想データ傾向分析