ユニコーンステークス2022予想ポイント!役立つ過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

   

ユニコーンS予想で知っておかないと損する馬券的中のポイントを挙げていきます。

ユニコーンSの完全データ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~3番人気が好走する
  2. ヒモ荒れも警戒したい
  3. 3番人気内の関西馬が強い
  4. 前走4着以内を重視する
  5. 先行・差し脚質の勝率が高い
  6. 距離延長馬は苦戦傾向

1~3番人気内の上位馬で収まる傾向の強いレースで堅い決着がよくあるレース。
数少ない中央3歳ダートレースだけに強豪が集まりやすいという背景がある。
まだ底割れしてない馬もいるためヒモ荒れも見られるだけに警戒しておきたい。
関東馬は頑張っているが関西馬がやや優勢な印象があり人気馬なら信頼できる。

ユニコーンSデータ傾向

競馬予想に役立つ過去のデータ傾向をまとめてみました。

1~3番人気で堅い決着

この時期になると能力序列がハッキリしていることが多く、あまり波乱は期待できそうもない。

主に2勝級以上の実績馬は好走しており、1勝級までの明らかな格下では好走率が激減している。

こうした点から穴馬買いに走るよりは堅実に人気馬の組み合わせ馬券で高利益を狙うべきだ。

ただ、中6週内での出走でない馬は圏外に飛ぶケースが目立つので気を付けておきたい。

血統データ傾向

雨が降りやすい時期でスピードが求められやすいせいか芝実績のある馬の好走が目立つ。

サンデーサイレンス系中心もスピードダートが得意なアメリカ外国産馬がいれば重視することも考えたい。

データ該当馬

ハセドン、リメイク、ヴァルツァーシャル、バトルクライ、コンバスチョン、スマートラプター、セキクウ

1位ハセドン(予想オッズ3番人気)

スクリーンヒーロー系モーリス産駒。前走は後方ポツンからの直線一気の脚で度肝を抜くレースだった。

その3ハロン上がりタイムは34.3秒と芝並みの破格であり近年でも類を見ない末脚を披露している。

ダート界に新星誕生の可能性が高いものの直線一気のレースぶりという点からレース展開ありきな点は否めない。

2位リメイク(予想オッズ2番人気)

タピット系ラニ産駒。前走はこのレースを睨んだレース運びで完勝と先につながる競馬をしていた。

キャリアを積んで良くなってきた馬で父とは違い地道に経験を積み上げている点は好感が持てる。

まだ荒削りな馬も将来性を感じさせる所がありマイルにも適応できる下地はありそうだ。

3位ヴァルツァーシャル(予想オッズ9番人気)

ドバウィ系マクフィ産駒。砂を嫌がる性格だが直線でキックバックがなくなると一気に走りが変わる馬。

自分から勝ちに行くほどの強さはないものの、キャリアを積んでいけば資質が開眼する余地がある。

レースラップが教える大金をもたらすレア激走条件

ユニコーンS

ユニコーンSは、東京競馬場のダート1600mで行われるG3レース。大金をもたらすレースラップ傾向が見えてきた。

過去のレースラップを見ると中盤レースラップは1回緩めてからのラストスパートになりやすい。

前半のペースが緩むと後半の上がり3ハロンタイムが速くなる傾向がみられる。

ワンペースになりがちな1400m以下の経験馬より距離短縮組の方が最後の足は残しやすいだろう。

ダートのマイルレースは東京競馬場にしかなく適応能力という点で担保されることから重視すべきだ。

2017年のように加速レースラップを示すことまる。逃げ・先行有利の傾向から良い位置でレースが運べる馬が理想。

シン・競馬新聞

 

10年プラス収支プロ御用達ツール

市販されている競馬新聞は100年も変わってない。もしかしたら、もう時代遅れもいいところなのでは!?

あなたがそう考えるのならゲームチェンジがもたらす今世紀最大の利益を受け取れる可能性は高いと言えます。

近未来の競馬予想を提案するために【シン・競馬新聞】は開発されました。

独自AI技術とエージェント相馬技術を融合。レースを可視化するグラフィカルな表示は多くのチャンスを引き寄せています。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

能力カンタン比較、AI解析による好走馬の特定するから少ない点数での馬券構築ができる。

徐々にステップアップして最終的には現プロを凌ぐシン予想家を目指してみないか!?

シン・競馬新聞 - 専門紙を補完する予想サポート

 - 競馬予想AI

error: 操作することができません!