大阪杯2018予想データまとめ

      2018/03/28

競馬で勝つこと自体は難しいことではありません。

もし回収率が90%あるのであればマネーマネジメントの力で100%を超える可能性が高いと言えます。

なぜなら、この回収率90%という数字は控除率がなければプラスになっている数字だからです。つまり実力に問題はない!

私の経験から言えば、専門誌とにらめっこする一般的な予想ではなくレース選定・買い目の点数や投入資金を見直す方が100%への到達は早いでしょう。

そして、それと並行して自分の負けパターンを見つけ合理的な行動を取れるように意識すると可能性はさらに高まります。

ほとんどの人間には本能的な認知によるマイナス因子を抱えており、たとえ期待値の高い情報を利用してもプラスにできないことは色々な検証を通じて明らかにされてきました。

ですから、そこを改善できているかどうかで勝ち負けのラインが引かれると言っても過言ではないのです。

その対処ノウハウは競馬の世界では手に入らないため、そこを改善することで最も手軽にアドバンテージを築くことができてしまう。

もしかしたら、そこを改善するだけで競馬必勝法ができてしまう人がいるかも!?それくらい人間には非合理な決定をする生き物なのです。

この努力をできない人が負け側に立たされていることになります。ほとんどの人は何をすれば良いかも分からないでしょう。

そこで役立つのが投資理論になります。このノウハウは長くなるため簡潔に述べさせていただくと競馬にある事実、つまり確率という数字を

軸にして全体を見ていくことが負ける行動を抑制することにつながります。

しっかり数字が分かっている人は優位性のない単なる穴狙いは無謀なものだと分かるでしょう。

そして、的中率100%を目指すほど控除率の影響が高くなることで回収率が下落することも理解できるようになります。

なら的中率90%ならいいかって?私なら目指さない領域ですね。なぜなら、追い詰められるほどの努力が必要な割に利益が小さいからです。

安定していれば良いってものではない!そう考えられるようになれば期待値を生かした馬券の買い方が身に付くのは時間の問題になります。

さらに私の投資競馬のシステムとノウハウを利用すれば10年必要な経験を今すぐ身に着けることができるでしょう。

大阪杯のデータ傾向

分析中につきお待ちください。

競馬理論:ナマの関係者情報は使えない!?

競馬関係者の情報と言ってもピンキリなのだが、よく詐欺に使われる八百長関係を信じるのはネットを使わない年配の人だけだろう。

それを除いても関係者情報は有用だろうと考える人はいまだ多い。だが、そのほとんどは使いものにならないのではないだろうか。

もし、トレーニングセンターに入厩して軽めの追いきりが続いたら怪しいと気づく。だから、なんの裏付けもないマイナス情報は鵜呑みにはできない。

いまの競馬サークルは馬を見る目がないと調教師であふれている。調教師リーディング常連の矢作厩舎は競馬記者から情報で使うレースを決めていることは知られている通りで関東の名門である藤沢和厩舎でも馬を見れないと公言している。

では、誰が本当の価値を有しているのか。それは【仲介者】と呼ばれる、いわゆるエージェントと呼ばれる人たちである。エージェントには大別して2種類ある。

1つは、騎手に騎乗馬を手配する人こちらは有名だろう。2つめは、あまり知られていない馬主に競走馬を手配する人がいる。

競馬は【馬7割、人3割】と言われるようにサラブレッドが主役である。私が目をつけたのは後者のエージェント情報だった。後者はトラックマンではなく言うなればノイズの多い関係者情報をクリアな良質なものへと変換するフィルタの役割をしている。

その情報を唯一扱う4keiba.comはパドック診断や一口馬主の出資サポートを無料で行っている心強い味方になってくれるサイト。その情報をいち早く独占して重用してきたkeibasite.comにおいて9年プラス収支を達成できたのは自然の摂理と言えるだろう。

その情報を用いて行うデータ分析の価値は今まで明らかにしてきた通り。他では絶対に得ることができない情報をもとに勝つ競馬を実践しみて欲しい。

無料競馬講座

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - 競馬予想2018

error: セキュアシステムにより選択できません!