ダービー卿チャレンジトロフィー2020予想データ傾向分析

    2020/05/18

ダービー卿CT予想オッズ1番人気は?どんな馬が穴馬となって配当を押し上げるのかデータ傾向を見ていこう!

馬名予想オッズ
プリモシーン2.1
マイスタイル5.8
レイエンダ5.9
ジャンダルム6.2
ストーミーシー12.9
ケイアイノーテック15.7
エメラルファイト19.3
カツジ20.9
クルーガー27.7
ペプチドバンブー40.1
トーラスジェミニ46.0
ボンセルヴィーソ55.5
ドーヴァー58.2
ムーンクエイク160.4
ブラックムーン166.5
ナインテイルズ413.2

ダービー卿CT2020攻略データ

競馬予想に役立つ基本的なデータを検証してまとめてみました。

過去データ傾向分析

過去レースのデータ傾向から押さえておきたい重要ポイントはこちら。

人気馬は昇級馬がベター

4~5番人気あたりが最もバリューを得やすい傾向。昇級初戦のフレッシュな上がり馬が好走しやすい。

オープンで停滞しているような馬は狙いづらく信頼性においてもイマイチなだけにヒモまでが妥当。

その中で良好なのは前走1400~1800mからの参戦馬。速い決着タイムになることも影響しているようだ。

4~5歳馬が好走の中心

世代交代の相が強くでているレースで勢いのある4~5歳馬を狙うのがセオリーになる。

小回りコースの中山競馬場らしく逃げ先行が残りやすい。牡馬に比べ牝馬の活躍も目立っていた。

上がり馬が優勢なので該当するような馬がいれば好配当に結びつくことも考えられる。

レースラップから見る激走タイプ

ダービー卿CT

基本的には中盤レースラップの緩みが少ない持続戦になりやすい。ただ、緩みが大きいと坂のある中山コースでも加速戦の傾向が見られた。

この点から見てもレース展開のパターンが絞り込めないため、このレースの馬券を当てようと思うのなら相応の買い目数が必要になる。

波乱になることも少なくないことから偶発的要素に任せた買い方をしてみるのも賢明な戦術と言えそうだ。

基本的に絞り込みが難しいレースなため手広く買いつつも利益になるシーンを想定して重視する買い目を決めておくと的中した時の爆発力は大きくなる。

あれこれと迷いのあるレースになることは間違いなく、上がり馬が好走するデータ傾向からも軸馬を決めるよりボックス馬券が現実的な勝ち筋と言えるだろう。

エージェント激走馬診断

有力情報を一手に担うエージェントと独占契約を実現!ロボアドバイザーと併用することで回収率1000%オーバーの爆発力を証明してきました。

ノーザンファーム統括エージェントが責任をもって役立てる情報を発信していきます。よろしくお願いします。
エージェント
エージェント

プリモシーン

前走はとても気合い乗りが良くて走る気力を取り戻せたことが大きかった。メンタリティの維持だけですね。

マイスタイル

マイルチャンピオンシップ後に燃え尽きたと言われても仕方のない成績。前走の仕上がりは良かったですよ。

レイエンダ

秘めたるポテンシャルは相当高いのだけれど、やはり気性面でムラがありすぎる現状。常に一変警戒は必要ですね。

ジャンダルム

内枠の方が集中力が高くよく走っている。ただ、気性によるところが大きいので過信はできないですね。

 -競馬予想データ傾向分析