ダービー卿チャレンジトロフィー2021競馬予想AIオッズ診断と厚く買うためのラップギアデータ傾向

  

ダービー卿CT予想オッズ1番人気は?どんな馬が穴馬となって配当を押し上げるのかデータ傾向を見ていこう!



馬名予想オッズ
1--
スマイルカナ2.2
2--
カラテ3.9
3--
ウインカーネリアン6.1
4--
ルフトシュトローム11.1
5--
カテドラル13.6
6--
ウインイクシード14.9
7--
ボンセルヴィーソ21.9
8--
テルツェット23.5
9--
トーラスジェミニ33.9
10--
ソーグリッタリング43.2
11--
レイエンダ46.6
12--
トライン79.3
13--
マイスタイル96.6
14--
アユツリオヤジ109.9
15--
エメラルファイト120.2
16--
メイショウチタン121.3

ダービー卿の好走馬を絞り込む過去データ傾向

[box style="tip"]
  • 上位人気馬が好走の中心を占める。
  • 4~5歳馬が好走の中心を占める。
  • 4~5番人気の妙味が高い傾向が見られる。
  • 追い込み脚質はやや不利となっている。
  • 前走3勝級から参戦する馬の好走率が高い。
[/box]

基礎データ該当馬

テルツェット、カテドラル、ウインカーネリアン、ルフトシュトローム、スマイルカナ、ダノンチェイサー

レースの質が分かるラップウェーブAI分析

ダービー卿CT2021

基本的には中盤レースラップの緩みが少ない持続戦になりやすい。ただ、緩みが大きいと坂のある中山コースでも加速戦の傾向が見られた。

中盤のレースラップは、緩んで息が入ることがあれば、逆に息が入らずに終盤へと向かうこともある。逃げ馬の出方による影響は甚大と言えよう。

中山競馬場にはゴール前に2m超えの急坂があるにも関わらず、最後の1ハロンは失速するケースが意外と見られない。

なかには加速ラップを示すものもあるため、やはり逃げや先行馬など前にいく脚質のサラブレッドを馬券の軸馬とすることを考えるべきだ。

息を入れるチャンスはあるが、その入り方は早かったり遅かったりするため、ラップ変動への適応力が高い馬を選ぶべきだろう。

バリバリのマイル馬だけでなく1400mに実績のあるタイプでも対応できるし、時には有利となることも十分に考えられる。

高配当

 

人生一変の高配当TOP5

68,990,600円【2008年 有馬記念】

AIアドバイザーがリアルタイムにパドック診断。10万馬券だって当たり前にように拾い上げる!あなたの配当を最高にする激走馬をエージェントと一緒に見つけないか?
メンター伊藤
メンター伊藤

10万馬券連発!?激走パドック診断Liveはこちら

 -競馬予想AI

error: 操作することができません!