七夕賞2024予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

      2024/05/27

七夕賞2024予想で知っておかないと大損するかもしれない馬券的中のポイントを挙げていきます。

データ分析の質は競馬予想力に比例する!最も基本となる過去レース分析に焦点を当てた統計分析を行います。

七夕賞の完全データ攻略

データポイント
  1. 1~5番人気が好走する
  2. ヒモ荒れも警戒したい
  3. 3番人気内の関西馬が強い
  4. 4~6歳が主力
  5. 前走2~5着以内を重視する
  6. 先行・差し脚質の勝率が高い
  7. 距離延長馬は苦戦傾向

データ傾向からの激走候補馬

ガロアクリーク、フェーングロッテン、エヒト、ヒンドゥタイムズ、サンレイポケット、セイウンハーデス、バトルボーン

馬券の買い方を絞るレースラップ診断

七夕賞2024予想

過去のレースラップを比較すると、基本的には序盤からペースを刻みゴール前で加速が止まる消耗戦になりやすいことが分かる。

ただし、過去には中盤レースラップが緩んだことで瞬発力が求められるレースになることもあったように展開の影響を考えることも必要だろう。

その割には追い込みが利いていないのは、前がカンタンには止まらない馬場であることを示しているとも言えそうだ。

その点を考慮すればローカルレースでの速いタイム決着に実績のある先行・差し馬を選んでいくのがセオリーになる。

実績十分で重めのハンデが課せられていたとしても軽視せずに馬券のヒモに加えておくのが賢明と言えるだろう。

七夕賞2024予想まとめ


1~3番人気馬は、ハンデキャップ斤量が重い方が好走する傾向がある。
2ケタ人気馬になると55kg以下でないと好走できないように人気馬と穴馬では傾向が違っていた。
小回りコースということもあり追い込み一辺倒の脚質では馬券圏外になるシーンの方が多かった。
前走1着馬は自己条件だと価値が低いと言える。それならオープン以上の2~5着馬に注目するべきだ。

七夕賞は、福島競馬場で行われる芝2000mのG3重賞レース。夏の風物詩である波乱のハンデキャップレースとして有名。

オッズ傾向として、5番人気内の関東馬は信頼しやすく、6番人気以下の関西馬が穴馬になりやすいようだ。

前走オープンクラスで6着以下に敗れていた6歳馬の巻き返しが配当的に美味しくなりやすい。

勝ち負けを期待する馬は実績が重要になる。芝1800m以上での重賞ウイナーであることが望ましい。

意外にも勝ち切るまでなら実績が必要になる点は考慮しておくべきだろう。逆にヒモはかなり荒れやすい。

■今週の重賞レース
プロキオンステークス

URA競馬新聞

 

競馬で勝てる、たった1つのロジック

競馬予想で勝つ方法はこれしかありません。それは【現在」をデータ分析すること。

過去データを見て予想が上手くいくわけないのです。なぜかって!?そのシンプルな理由を今から解説します。

それは、省略された過去データで予想しているからです。現在を構成する情報が何か考えてみてください。気温や風の変化、馬場や競走馬の変化、調教師や騎手の心理的な変化もお互いに作用しています。

それなのに、ギリギリまで削り取られたデータだけで予想するのだから上手くいくわけがない。つまり、その逆をいけば競馬で勝つことができるわけです。

そう誰も手をつけられなかった当日のデータ分析で変化に沿って馬券を構築すること。現在を知るデータ分析のハードルは高いです。なぜなら、理論から構築する必要があるからです。

あえて前人未踏の地に踏み込むことにしました。そのために1億円と10年の研究を必要としました。そして、ついにAIを取り込んだアプリを完成させることができました。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

詳しくは下記サイトをご覧ください。あなたがもし、このシステムを使いこなすのであれば、再現性のあるリターンを手にすることができるでしょう。

中央競馬サイト【Umapp】スマホAI攻略速報アプリはこちら

 - 競馬予想AI

error: 操作することができません!