関屋記念2024予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

      2023/08/15

関屋記念2024予想で知っておかないと大損するかもしれない馬券的中のポイントを挙げていきます。

データ分析の質は競馬予想力に比例する!最も基本となる過去レース分析に焦点を当てた統計分析を行います。

関屋記念データ攻略

AIデータ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1番人気が好走する
  2. なかでも4番人気は盲点になりやすい
  3. 7番から外めの枠はプラスポイント
  4. 7歳以上になると期待値が低下する
  5. 直線が長くとも逃げ残りやすい
  6. 2ケタ人気の穴馬は出現率が低い

データ該当馬

ロータスランド、ディヴィーナ、カワキタレブリー、サクラトゥジュール、セルバーグ、ビューティフルデイ、ララクリスティーヌ

馬券の買い方を絞るレースラップ診断

関屋記念2024予想

過去のラップウェーブを比較すると多少のゆらぎはあるがフラットラインを描いており持続性向が強めにでている。

この点からマイル実績馬が優位に立ちやすいのは合点がいく。このウェーブも独特で新潟コースに実績があれば重視したい。

逃げ・先行馬はラップが緩んだぶんだけ得をする。逃げは単騎の形が理想。そういう実績のある馬を重視してみるのも面白そうだ。

負荷の高いレースになりやすいという点からローテーションを気を配りたい。明け2戦目のフレッシュさがあれば安心できる。

関屋記念2024予想まとめ

逃げ・先行馬は長い直線を意識しているため、前半から極端に飛ばしていくことはない。

4角通過順を見ると、勝ち馬を重視するなら4コーナー5番手以内につけられる馬が理想的と言える。

直線の長いコースであるため前半ペースは落ち着きやすくハイペースで流れない限りは逃げ・先行馬が有利なレースと考えておきたい。

スピードが必要な点は距離延長してきた馬の好走率が良いことからも裏付けられる。折り合いに問題なければ積極的に狙う手もある。

中京記念と関屋記念では同じ左回りのマイル戦であっても、求められる適性が大きく違う。

中京記念は勝ちタイム・上がりが掛かりやすいレースであるのに対して、関屋記念は時計・上がりともに速くなる傾向がある。

レースにおける適性の違いが着順の逆転現象を生む最大の要因といえるだろう。


近年の1番人気は好走率が80%以上で堅実な成績を収めておりヒモ荒れを狙いたい。
直線の長いコースでも逃げ・先行が残りやすいことを念頭に入れて馬券構築しよう。
ただ、前走で逃げていた馬は凡走しているケースが多く典型的な逃げ馬は厳しいようだ。
意外にも前走ヴィクトリアマイル組がパッとしない。夏の牝馬をアテにするのはやめておくべきだろう。

■今週の重賞レース
小倉記念

URA競馬新聞

 

事前と直前のデータ分析で激走馬に迫る

本命から大穴まで人気を問わない激走馬が馬券になるデータ分析の紹介です。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

無料パートの直前データ分析ライブは穴馬の抽出に強く、ありえない高確率で激走したことも!

当日のリアルタイムな分析を世界で初めて実現したことで競馬予想はシンに完成するようになりました。

いまだに多くの人が行っている不完全な競馬予想とオサラバしよう!

https://live.4keiba.com/

 - 競馬予想AI

error: 操作することができません!