函館2歳ステークス2017予想まとめ

      2018/06/28

2016年の函館2歳ステークスの予想ポイントをまとめています。

1戦1勝馬が勝ちやすい

1戦目で勝ち上がった馬が重賞レースで勝ちやすいのは、初戦で負けるような馬では伸びしろが少ないからだろう。

例外的に地方馬は好走するケースもあるが、芝適性が未知数なことが多く狙うのは容易ではない。

差し馬はアテにならない

直線の短い函館競馬場だけに好位勢でレースを進めるタイプが上位を占めている。

少なくとも4コーナーでは前をとらえられる位置にいないと期待値は低そうだ。

函館芝1200mの経験馬が有利

キャリアが浅い2歳戦だけに同条件でのレース経験は大きな強みになるようだ。

輸送を挟んでくる他場の勝ち馬が滞在馬より不利に働くのはやむを得ない話と言える。

1億円を稼いだ馬券師のブラウザ革命はじまる!

1億円をかせいだ馬券師が作った最強情報ブラウザがいよいよ始動!

手堅い人気馬から2ケタ人気の穴馬まで少ない点数でビシっと的中。いまのメディアにはない独自情報ルートを開拓し続けています。

特に競走馬エージェントとタッグを組んだ新馬情報はツイッター上にも公開しており、人気にとらわれない数々の好走馬を予見してきました。

今までにない視点からの情報を専用ブラウザにて配信!無料アカウント配布は、すでに殺到のため予約まちになっています。

それまでは、ここで公開される予想だけで我慢して下さい・・・

■無料IDの発行
メールにて無料IDの発行いたします。ただいま、時間がかかっていますのでご了承ください。
[subscribe2]

6,899万円の払い戻し

3,700万円の払い戻し

函館2歳S2016予想

いまのところキンシャサノキセキ産駒モンドキャノンが1つ抜けた人気なっている。

開幕週で持ち時計は速いものの傷みやすい洋芝は時計がかかりやすくアテにしすぎない方がいいだろう。

ただ、それだけでなく初戦で負かした相手は次々と勝ち上がっており素質は十分ありそうだ。

荒れやすいレースだけに穴馬から入るのも面白く検討を進めていきたい。

エージェントの狙い馬:ガーシュウィン

2歳馬にしては充実したトモが目についた馬。1000mながら直線だけで突き放す競馬ぶりで確かな素質を証明してくれました。1000mデビューと言っても終いだけの競馬ですから距離の心配はしていません。

keibasite.comの狙い馬:バリンジャー

データ的に買う余地は少ないものの馬体を併せてからの喰ってかかるような走りにステイゴールド産駒らしさがあふれていた。

最近は、繁殖の質が上がったせいなのかステイ産駒の短距離シフト目立ってきている。そういったトレンド変化や調教・レースが軽めの内容から大きく変わり身が期待できる。

基本の買い目

ワイド:6、8、15 BOX

無料競馬講座

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - 競馬予想2017

error: セキュアシステムにより選択できません!