函館記念2022予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

   

函館記念予想で知っておかないと大損するかもしれない馬券的中のポイントを挙げていきます。

データ分析の質は競馬予想力に比例する!最も基本となる過去レース分析に焦点を当てた統計分析を行います。

函館記念の完全データ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~5番人気が勝ちやすいが好走精度は低い
  2. ヒモ荒れが当たり前で手広く狙いのが前提のレース
  3. 前走の巴賞は6番人気以下の好走率が高い
  4. 4歳馬が馬券の中心も7歳以上の好走率も高い
  5. 牝馬の連対例がなく割引感は否めない
  6. 逃げ・先行の脚質が中心。マクリが決まることもある
  7. トップハンデ馬は前走3着以内で買い
  8. 斤量54~56kgの実績馬から馬券の中心馬を探すべし

1~5番人気馬が勝ちやすいが馬券圏内という点では信頼性はかなり低い。
頭は1~5番人気馬を無条件に据えてヒモ荒れを狙うべきレースと言えるだろう。
タフな洋芝ということもあり牝馬の好走はカンタンにはいかないようだ。
パワーが必要な点からスピードが衰えた高齢馬の一変に注意したい。

データ傾向の考察

上位人気馬は勝ち切ってはいるものの好走精度は高くないのがネック。

とにかく手広く買わないと波乱には対応できないと見るべきだろう。予算がなければ小額馬券にしよう。

あまり裏付けのあるデータがない点から、自分の推し馬から入るのもアリ。

北海道限定の洋芝コースなので、その適性差を把握できないことが波乱の要因と見るべきだろう。

このレースに確実性などないので、その点を理解して馬券を買って欲しい。

データ該当馬

アラタ、サンレイポケット、マイネルウィルトス、アイスバブル、ギベオン、スカーフェイス、モンブランテソーロ

1位アラタ(予想オッズ2番人気)

ジリッぽいと脚を使うため、レースを作りにいく立ち回りが合っているようだ。4コーナーからペースを上げてどれだけ粘れるかというレース。

以前のレースでは、トモをぶつけられたり、満足に追えない場面もゴール前で見せていた。早めの競馬をしたい馬と言えるだろう。

2位サンレイポケット(予想オッズ1番人気)

高速馬場で(前が)止まりづらいというのは分かっていたようだが、前につけられるスピードがなかったようで理想の立ち回りとならず。

インコースを通れる枠で、もう1、2個前のポジションが取れないことで相手なりの走りになりやすい。

3位マイネルウィルトス(予想オッズ3番人気)

前走スタートはあまり良くなかったが、ペースが遅い中で少しずつ上がっていって、最後まで頑張っていた。

東京コースも距離も合っていたので、その条件から小回りコースで距離短縮となると立ち回りがイメージしづらい所がある。

4位アイスバブル(予想オッズ13番人気)

昨年2着を見るかぎり洋芝は合っている。内枠で本当はもう一つ前の位置を取りたかったようだが、脚が溜まった分、良い脚を使っていた。

この点から死んだふりで脚をタメることに徹して決め打ちした時にレース展開がハマると激走することもあったりする。

5位ギベオン(予想オッズ8番人気)

競馬を止めるような所があったものの、最近はうまく走っているようにも見える。

やはり理想はストレスフリーで気持ち良く逃げることだろうが重賞ともなればそう上手くはいかない。

レースラップ解析から分かること

最新AIレーストレーシングに使われているラップウェーブ解析でレースの性質を明らかにします。

ラップウェーブ解析

函館記念

函館記念のラップウェーブを見るとカオス具合が一段と良く分かる。

スタートからペースアップする持続性向の強いレースから中盤に大きく緩むレースラップまで多岐に渡る。

この点から好位から中団で競馬できるレースラップ適応力の高いタイプを重視したい。

小回りで洋芝の好走歴があれば、とりあえず抑えておくのが鉄則。

基本的に意味の分かるレースではなく機械的に宝くじ感覚で買うくらいの気持ちが必要だ。

シン・競馬新聞

 

AI競馬新聞なら自分の能力で勝てる

いまのネットマーケティングでは、ラクして儲けようとする人たちが一斉にカモられるようになりました。

そういう導線の広告を出すことがカンタンになっており、悪質業者が後を絶ちません。

そういう負の連鎖にハマるとカンタンには逃れられないのがターゲティング広告の恐ろしさと言えるでしょう。

私もかつてはカモの一員でした。何百万円と失ったからこそ分かった学びがあります。それは、

努力の成果を最大化するものなら存在する

ということでした。

この世界で本当の成果を生み出しているのは、「0を1にする」ようなものではなく、「1を2にも3にもする」ものだったのです。

少しの努力で最大の成果を得る。これが最も理にかなった優良サービスに巡り合うためのコツと言えるでしょう。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

競馬予想はデータ分析の質に比例することが分かってきました。しかし、今日まで99.9%の競馬予想はデータ分析が行われていません。

自動でデータ分析をしてくれるAI競馬新聞があれば、初心者でもUMAJOでも少しの努力で最大の成果を得ることも可能になりました。

AI競馬新聞には、業界最高エージェントが競走馬のデキや適性を助言してくれたり、プラス収支を達成しているメンターの見解を知ることができます。

このようなクラウドの仕組みを持つAI競馬新聞は、多くの専門家が質の良い情報を共有することで品質を高めてきました。

競馬の税金裁判になった高額的中に結びつくアルゴリズム化に成功した唯一のサービスになります。

シン・競馬新聞 - 専門紙を補完する予想サポート

 - 競馬予想AI