札幌記念2020予想データ傾向分析

    2020/05/18

札幌記念2018予想オッズ1番人気は!?データ傾向を読み取り適切な軸馬や穴馬を選べるようになろう。

札幌記念データ傾向

洋芝と言えば芝が深めで傷みやすいという点が挙げられます。そのため走破タイムが遅くなりやすいというのが一般的なイメージでした。

しかし、近年では芝の改良も進んだためか、開幕週では十分に速いタイムが計時されることもしばしば。

オールドファンほど昔とのギャップに苦しんでいるかもしれません。それほど芝はイメージが変わってきています。

それでも稍重で行われた2016年は中盤ラップが例年よりも大きいにも関わら上がりの時計が掛かっていました。

洋芝という特性は雨が降るとタフさが表れやすいと言えるかもしれません。地盤は緩めという影響もありそう。

こうした点から差しの穴馬が漁夫の利を得ることも少なくないため、思わぬ高配当を演出することもあるようです。

札幌記念を当てる重要なポイント

あまり3ハロンの上りが落ち込むことないため基本的には持続戦のレースになります。

そのため中距離以上のG1レース好走馬がしっかり馬券圏内に収まりやすい。

2015年のようにG1馬が飛んで波乱になるのは夏競馬ゆえ。しっかりと走れるデキにあるかもチェックしておく必要がありそう。

直線が短くコーナーが近い小回りコースなので良馬場であればロスの多い外枠は不利になることも。

逆に雨が降ると内がぬかるみ外芝の方が走りやすいこともあります。どこが走りやすいかに注目して馬券を買ってみて下さい。

 -競馬予想データ傾向分析