ラジオNIKKEI賞2024予想ポイント!役立つ過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

      2023/07/05

ラジオNIKKEI賞2024予想で知っておかないと大損するかもしれない馬券的中のポイントを挙げていきます。

データ分析の質は競馬予想力に比例する!最も基本となる過去レース分析に焦点を当てた統計分析を行います。

ラジオNIKKEI賞の完全データ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~2番人気が好走する
  2. 近年はヒモ荒れも起きている
  3. 牝馬の好走はレア
  4. 逃げ・先行脚質の連対率が高い
  5. 前走1~3着馬が好走しやすい
  6. 距離短縮組が好走しやすい

データ該当馬

パルサムノート、レーベンスティール、グラニット、スズカハービン、アイスグリーン、ウヴァロヴァイト、セオ

馬券の買い方を絞るレースラップ診断

ラジオNIKKEI賞2024予想

ラジオNIKKEI賞は、福島競馬場の芝1800mで行われる。過去のレースラップを比較して激レアデータを発掘していきたい。

過去の平均レースタイムは1.46.8前後なので小回りコースでクリアしている馬は素直に重視しておくべきだろう。

基本的には淀みのない流れになりやすく極端に緩むことは少ない。そういった点から距離短縮タイプが勝ちやすいのも頷ける。

ただ、スピードの裏付けも必要なことを考えるとスローペース経験ばかりならマイルでのハイラップ経験を重視したい。

ラジオNIKKEI賞2024予想まとめ


馬券圏内の半数が6番人気以下であることから人気馬の信頼性は相対的に低い。
前走G1組の勝利がなく前走1着の自己条件上がりかオープン3着以内から選ぶのがベター。
G1大敗からの参戦は過小評価されやすいため馬券のヒモには入れておきたい。

1~3番人気の勝率が高い

1~3番人気が仕事をするレースで波乱の目は少ないようだ。実績馬を順当に評価したい。

その一方で2勝馬にもチャンスがあるため、素質だけでなくノビシロの有無にも注目してみよう。

関東馬が優勢

5番人気以下だと関東馬の優勢が色濃くなる。距離短縮、距離延長馬どちらにもチャンスがある。

ただし、勝率や連対率になると距離短縮馬の方が優勢になることは覚えておいても損はなさそうだ。

小回りコースの福島らしく好位タイプの好走が王道。レース運びや立ち回りの上手さも評価したい。

ラジオNIKKEI賞の激走血統

今年は分かりやすい実績馬は不在で波乱が起きても不思議ない組み合わせ。

データ傾向から面白いのがダイワメジャー産駒。拾っておいて損はしないタイプと言える。

キャリア3戦内の馬は連対率が高い傾向を利用するならノヴェリスト産駒から決め打ちするのも面白い。

■今週の重賞レース
CBC賞

URA競馬新聞

 

競馬で勝てる、たった1つのロジック

競馬予想で勝つ方法はこれしかありません。それは【現在」をデータ分析すること。

過去データを見て予想が上手くいくわけないのです。なぜかって!?そのシンプルな理由を今から解説します。

それは、省略された過去データで予想しているからです。現在を構成する情報が何か考えてみてください。気温や風の変化、馬場や競走馬の変化、調教師や騎手の心理的な変化もお互いに作用しています。

それなのに、ギリギリまで削り取られたデータだけで予想するのだから上手くいくわけがない。つまり、その逆をいけば競馬で勝つことができるわけです。

そう誰も手をつけられなかった当日のデータ分析で変化に沿って馬券を構築すること。現在を知るデータ分析のハードルは高いです。なぜなら、理論から構築する必要があるからです。

あえて前人未踏の地に踏み込むことにしました。そのために1億円と10年の研究を必要としました。そして、ついにAIを取り込んだアプリを完成させることができました。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

詳しくは下記サイトをご覧ください。あなたがもし、このシステムを使いこなすのであれば、再現性のあるリターンを手にすることができるでしょう。

中央競馬サイト【Umapp】スマホAI攻略速報アプリはこちら

 - 競馬予想AI

error: 操作することができません!