ラジオNIKKEI賞2020予想に役立つ激レアデータ傾向分析

  

ラジオNIKKEI賞予想に役立つデータをピックアップ。ロボアドで馬券を当てるだけじゃない最高の配当を目指そう!

馬名予想オッズ
パラスアテナ2.8
グレイトオーサー4.4
ルリアン4.7
サクラトゥジュール6.3
パンサラッサ7.7
ディープキング15.6
バビット16.9
コンドゥクシオン19.8
アルサトワ28.3
コスモインペリウム35.3
ベレヌス40.6
アールクインダム98.7

ラジオNIKKEI賞データ傾向

競馬予想に役立つ過去のデータ傾向をまとめてみました。

1~3番人気の勝率が高い

1~3番人気が仕事をするレースで波乱の目は少ないようだ。実績馬を順当に評価したい。

その一方で2勝馬にもチャンスがあるため、素質だけでなくノビシロの有無にも注目してみよう。

関東馬が優勢

5番人気以下だと関東馬の優勢が色濃くなる。距離短縮、距離延長馬どちらにもチャンスがある。

ただし、勝率や連対率になると距離短縮馬の方が優勢になることは覚えておいても損はなさそうだ。

小回りコースの福島らしく好位タイプの好走が王道。レース運びや立ち回りの上手さも評価したい。

ラジオNIKKEI賞 予想での本命候補

今年は分かりやすい実績馬は不在で波乱が起きても不思議ない組み合わせ。

データ傾向から面白いのがダイワメジャー産駒コンドゥクシオン。拾っておいて損はしないタイプと言える。

キャリア3戦内の馬は連対率が高い傾向を利用するならノヴェリスト産駒グレイトオーサーから決め打ちするのも面白い。

レースラップが教える大金をもたらすレア激走条件

ラジオNIKKEI賞

ラジオNIKKEI賞は、福島競馬場の芝1800mで行われる。過去のレースラップを比較して激レアデータを発掘していきたい。

過去の平均レースタイムは1.46.8前後なので小回りコースでクリアしている馬は素直に重視しておくべきだろう。

基本的には淀みのない流れになりやすく極端に緩むことは少ない。そういった点から距離短縮タイプが勝ちやすいのも頷ける。

ただ、スピードの裏付けも必要なことを考えるとスローペース経験ばかりならマイルでのハイラップ経験を重視したい。

関係者が参考にするエージェントの仕上がり診断

サラブレッドを外側から見ることに情熱を注いできたエージェントが教える激レア情報とは!?


 -競馬予想データ傾向分析