桜花賞2021競馬予想AIオッズ診断と厚く買うためのラップギアデータ傾向

    2021/04/16

桜花賞2021競馬予想はAI【デジタル】とエージェント【アナログ】の分析力を生かして賢く正しく稼ぐ側になろう。



馬名予想オッズ
14
ソダシ2.8
218
サトノレイナス2.9
35
アカイトリノムスメ6.3
48
メイケイエール8.0
510
アールドヴィーヴル12.5
613
エリザベスタワー12.7
716
ソングライン20.7
815
シゲルピンクルビー24.4
92
ファインルージュ26.4
107
ククナ62.2
1112
ヨカヨカ68.0
1217
ホウオウイクセル79.8
136
ストゥーティ92.0
1411
ジネストラ122.0
159
エンスージアズム141.7
1614
ミニーアイル173.4
171
ストライプ187.6
183
ブルーバード383.8

桜花賞の基本データ傾向

[box style="tip"] ・2番人気の強さが目立つ。
・関西馬が好走しやすい。
・追い込み馬の活躍が見込める。
・キャリア4戦以下の素質馬に注目。
・内枠の好走は少ない傾向にある。
[/box]

データ該当馬

近年1番人気は勝ちあぐねている。約4カ月の間に2歳の力関係が変わってくるからだろう。実績馬を評価しつつ新星に期待してみる手もある。

サトノレイナス、ソダシ、メイケイエール、アカイトリノムスメ、ファインルージュ

レースの質が分かるラップウェーブAI分析

桜花賞2021

過去レースのラップウェーブを比較してみると、阪神競馬場のマイルらしく中盤に息を入れてから終盤に加速していく傾向が見られる。

雨が降り馬場が悪くなると、フラットでタイトなペースを刻む傾向が見られるが理由は不明。消耗戦らしく1ハロンは大きく減速していた。

基本的に良馬場であれば、中盤に息れを入れてから終盤に加速戦に入るのが例年のパターンと考えて問題なさそうだ。

息が入ると言っても、どちらかと言えば持続戦の様相であるため、タイムレースになりやすいことは念頭に入れておきたい。

そういった点で追い込みが利くという点に間違いはないが、15年のようにスローペースになれば一定のリスクがあることが分かる。

G1レースらしく資質が問われやすいが、良馬場であればラスト1ハロンは緩みにくいこともあり、追い込み一手を過信しない方がいいだろう。

これからは競馬予想をしていればいい時代は終わりを告げる。すでに中国産AIが猛威を奮っており対策なしに利益を掴むことはできない。

そのためには早いうちに競馬を投資にするための考え方を身に着けたい。競馬の勝ち方は「直感に反する」ため、ただ予想する人ほど養分となる。

AIを正しく使いこなすための教育を受けることが競馬で勝つための最短距離であることは言うまでもない。

高配当

 

人生一変の高配当TOP5

68,990,600円【2008年 有馬記念】

限定情報 競馬関係者からのダイレクト情報を無料で手に入れる方法

 -競馬予想AI

error: 操作することができません!