桜花賞2024予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

      2023/04/12

桜花賞2024予想で知っておかないと大損するかもしれない馬券的中のポイントを挙げていきます。

データ分析の質は競馬予想力に比例する!最も基本となる過去レース分析に焦点を当てた統計分析を行います。

桜花賞データ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 2番人気の強さが目立つ
  2. 前走1着馬の1~3番人気は好走率が高い
  3. キャリア4戦以下の素質馬に注目
  4. 関西馬が好走しやすい
  5. 追い込み馬の活躍が見込める
  6. 前走3着以内を重視
  7. 内枠の好走は少ない傾向

データ該当馬

ライトクオンタム、リバティアイランド、シンリョクカ、コナコースト、ドゥアイズ、シングザットソング、モズメイメイ

馬券の買い方を絞るレースラップ診断

桜花賞2024予想

過去レースのラップウェーブを比較してみると、阪神競馬場のマイルらしく中盤に息を入れてから終盤に加速していく傾向が見られる。

雨が降り馬場が悪くなると、フラットでタイトなペースを刻む傾向が見られるが理由は不明。消耗戦らしく1ハロンは大きく減速していた。

基本的に良馬場であれば、中盤に息れを入れてから終盤に加速戦に入るのが例年のパターンと考えて問題なさそうだ。

息が入ると言っても、どちらかと言えば持続戦の様相であるため、タイムレースになりやすいことは念頭に入れておきたい。

そういった点で追い込みが利くという点に間違いはないが、15年のようにスローペースになれば一定のリスクがあることが分かる。

G1レースらしく資質が問われやすいが、良馬場であればラスト1ハロンは緩みにくいこともあり、追い込み一手を過信しない方がいいだろう。

これからは競馬予想をしていればいい時代は終わりを告げる。すでに中国産AIが猛威を奮っており対策なしに利益を掴むことはできない。

そのためには早いうちに競馬を投資にするための考え方を身に着けたい。競馬の勝ち方は「直感に反する」ため、ただ予想する人ほど養分となる。

AIを正しく使いこなすための教育を受けることが競馬で勝つための最短距離であることは言うまでもない。

桜花賞2024予想まとめ

桜花賞の近年において1番人気が勝ちあぐねるシーンも見られるが、2歳G1レースから続く王道路線を歩んできている実績馬であればまず信頼できる。

阪神ジュベナイルフィリーズから約4カ月の間に2歳の力関係が変わってくることもあるが能力差がある時ではそうカンタンに覆るようなことはない。

確かな軸馬がいる場合は、2~3着の入りが穴目であっても流し馬券によるカバーにより配当がつかないケースも散見される。

そういった点では、ただ漫然に軸馬から流していると的中しても大してプラスにならないケースがでてくるはずだ。

ただ、馬券を当てるだけでなく最大リターンを得るために重視するべき馬をさらに考察していくことが重要になってくる。

■今週の重賞レース
ニュージーランドトロフィー阪神牝馬ステークス

URA競馬新聞

 

競馬で勝てる、たった1つのロジック

競馬予想で勝つ方法はこれしかありません。それは【現在」をデータ分析すること。

過去データを見て予想が上手くいくわけないのです。なぜかって!?そのシンプルな理由を今から解説します。

それは、省略された過去データで予想しているからです。現在を構成する情報が何か考えてみてください。気温や風の変化、馬場や競走馬の変化、調教師や騎手の心理的な変化もお互いに作用しています。

それなのに、ギリギリまで削り取られたデータだけで予想するのだから上手くいくわけがない。つまり、その逆をいけば競馬で勝つことができるわけです。

そう誰も手をつけられなかった当日のデータ分析で変化に沿って馬券を構築すること。現在を知るデータ分析のハードルは高いです。なぜなら、理論から構築する必要があるからです。

あえて前人未踏の地に踏み込むことにしました。そのために1億円と10年の研究を必要としました。そして、ついにAIを取り込んだアプリを完成させることができました。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

詳しくは下記サイトをご覧ください。あなたがもし、このシステムを使いこなすのであれば、再現性のあるリターンを手にすることができるでしょう。

中央競馬サイト【Umapp】スマホAI攻略速報アプリはこちら

 - 競馬予想AI

error: 操作することができません!