桜花賞2022予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

      2022/07/05

桜花賞予想の基本的なデータ傾向を解説します。この傾向に沿うことで馬券が絞れ重視目に絞った馬券の買い方を意識してみてください。

桜花賞データ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 2番人気の強さが目立つ
  2. 前走1着馬の1~3番人気は好走率が高い
  3. キャリア4戦以下の素質馬に注目
  4. 関西馬が好走しやすい
  5. 追い込み馬の活躍が見込める
  6. 前走3着以内を重視
  7. 内枠の好走は少ない傾向

近年1番人気は勝ちあぐねている。約4カ月の間に2歳の力関係が変わってくるせいだろうか。
2着3着であれば6~9番人気馬にもチャンスがありヒモの入り次第で好配当も見込める。
ただし、最近の競馬は研究されまくっているためヒモ荒れでやっと万馬券くらいの認識でいたい。

データ該当馬

ラブリイユアアイズ、サークルオブライフ、ナミュール、ナムラクレア、アルーリングウェイ、プレサージュリフト、ライラック

1位ラブリイユアアイズ(予想オッズ6番人気)

ローエングリン系ロゴタイプ産駒。阪神ジュベナイルフィリーズでは2着に好走も久々のぶん嫌われたか。

小さめの馬格から仕上がりは早く成長を促したいという意図も感じられるため一概にマイナスとは言えない。

逆に目論見がうまくハマることがあれば予想以上の激走というシーンがあることも考えておくべきだろう。

2位サークルオブライフ(予想オッズ2番人気)

シンボリクリスエス系エピファネイア産駒。阪神ジュベナイルフィリーズの優勝馬でチューリップ賞は3着だった。

ただ、2歳時の持ちタイムは更新しており悲観する内容でもない。ここが限界と見えるか、それとも更に上昇すると見るかで評価が分かれる。

確かに1番人気には推しにくい負け方という点で予想オッズ2番人気は妥当と言えそうだ。

3位ナミュール(予想オッズ1番人気)

2歳時はレースぶりがチグハグな面を残していたが、前走チューリップ賞ではスムーズなレース運びで成長を見せつけての優勝。

G1馬を抑え込んでの勝利だけに1番人気に支持されたとしても不思議ではない。同じようなレースができれば十分に期待できる。

とんでもない決め手を持つ馬なので良馬場の方が合っている。しっかりと天候を味方につけらえるかが第一関門になるだろう。

4位ナムラクレア(予想オッズ7番人気)

ディープインパクト系ミッキーアイル産駒。前哨戦にフィリーズレビューを選ぶ勝ちにきたはずが2着に終わっている。

血統的にマイルでも大丈夫だが成長力という点で不安を露呈したとも言えるだけに馬券はヒモまでに留めるのが良さそう。

激走があるとするなら無欲の追い込みが上手くハマった時だろう。弱者と割り切るからこそできる戦法での一発に注意したい。


今年は実績が分散している点から思わぬ馬の好走は例年よりもありそうだ。
王道路線を歩む馬が中心になるのは間違いないが、上位のハマりには柔軟に対応したい。

買い目の質を上げるレースラップ診断

桜花賞2021

過去レースのラップウェーブを比較してみると、阪神競馬場のマイルらしく中盤に息を入れてから終盤に加速していく傾向が見られる。

雨が降り馬場が悪くなると、フラットでタイトなペースを刻む傾向が見られるが理由は不明。消耗戦らしく1ハロンは大きく減速していた。

基本的に良馬場であれば、中盤に息れを入れてから終盤に加速戦に入るのが例年のパターンと考えて問題なさそうだ。

息が入ると言っても、どちらかと言えば持続戦の様相であるため、タイムレースになりやすいことは念頭に入れておきたい。

そういった点で追い込みが利くという点に間違いはないが、15年のようにスローペースになれば一定のリスクがあることが分かる。

G1レースらしく資質が問われやすいが、良馬場であればラスト1ハロンは緩みにくいこともあり、追い込み一手を過信しない方がいいだろう。

これからは競馬予想をしていればいい時代は終わりを告げる。すでに中国産AIが猛威を奮っており対策なしに利益を掴むことはできない。

そのためには早いうちに競馬を投資にするための考え方を身に着けたい。競馬の勝ち方は「直感に反する」ため、ただ予想する人ほど養分となる。

AIを正しく使いこなすための教育を受けることが競馬で勝つための最短距離であることは言うまでもない。

シン・競馬新聞

 

AI競馬新聞なら自分の能力で勝てる

いまのネットマーケティングでは、ラクして儲けようとする人たちが一斉にカモられるようになりました。

そういう導線の広告を出すことがカンタンになっており、悪質業者が後を絶ちません。

そういう負の連鎖にハマるとカンタンには逃れられないのがターゲティング広告の恐ろしさと言えるでしょう。

私もかつてはカモの一員でした。何百万円と失ったからこそ分かった学びがあります。それは、

努力の成果を最大化するものなら存在する

ということでした。

この世界で本当の成果を生み出しているのは、「0を1にする」ようなものではなく、「1を2にも3にもする」ものだったのです。

少しの努力で最大の成果を得る。これが最も理にかなった優良サービスに巡り合うためのコツと言えるでしょう。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

競馬予想はデータ分析の質に比例することが分かってきました。しかし、今日まで99.9%の競馬予想はデータ分析が行われていません。

自動でデータ分析をしてくれるAI競馬新聞があれば、初心者でもUMAJOでも少しの努力で最大の成果を得ることも可能になりました。

AI競馬新聞には、業界最高エージェントが競走馬のデキや適性を助言してくれたり、プラス収支を達成しているメンターの見解を知ることができます。

このようなクラウドの仕組みを持つAI競馬新聞は、多くの専門家が質の良い情報を共有することで品質を高めてきました。

競馬の税金裁判になった高額的中に結びつくアルゴリズム化に成功した唯一のサービスになります。

シン・競馬新聞 - 専門紙を補完する予想サポート

 - 競馬予想AI