桜花賞2020予想データ傾向分析

    2020/05/18

先週は2重賞の穴馬を公開的中!競馬を攻略できるとしたら投資競馬の考え方だけ。

さあ、今週も最大利益を手にするために激走するのはどの馬か今回も考えていこう!

馬名予想オッズ
レシステンシア2.8
サンクテュエール4.8
マルターズディオサ5.9
リアアメリア6.4
デアリングタクト6.8
クラヴァシュドール6.9
ミヤマザクラ14.8
マジックキャッスル23.5
ウーマンズハート64.8
ヤマカツマーメイド81.1
スマイルカナ98.3
エーポス153.2
ギルデッドミラー168.0
インターミッション308.1
イズジョーノキセキ331.7
ケープコッド530.9
チェーンオブラブ611.1
ナイントゥファイブ759.1

桜花賞データ傾向

桜花賞は阪神競馬場の外回り芝1600mで行われる牝馬限定のクラシックレース。阪神ジュベナイルフィリーズからトライアルレースと同じ舞台で続くため能力差がハッキリしている時は荒れにくい傾向があります。

基本的にマイルではラップがブレにくいものですが、最近の桜花賞のレースラップを比較してみると極端なスローペースになった2015年などスロー化の傾向が見て取れます。

長い目でみれば、この年のレースは例外的と見るべきで、未勝利でも起こらないようなペースになるとデータ外の決着となるため荒れた配当になるのは当然でしょう。

近年は4ハロン目が落ち着きやすくなっており良馬場では瞬発力がより必要になってきます。その点を踏まえると中団あたりの差し馬が軸馬として最適ではないかと判断できます。

枠は内より外めの方が走る傾向があり、実力があれば外枠でも不利にはなりません。

桜花賞の予想見解

無敗の2歳女王オルフェーヴル産駒のラッキーライラックを軸とせざるを得ない状況。

週末が良馬場ならデータ的に見てドンデン返しは期待しづらい状況と言えるでしょう。

2番人気に支持されそうなロードカナロア産駒アーモンドアイが未知数な面があり面白い存在とは言えます。

スタート出遅れたシンザン記念ではバツグンの末脚を披露しての楽勝だけに底を計ることができません。

今のところ狙うならヒモ荒れといった雰囲気であり序列が崩れなけば堅い決着で終わることも十分に考えられます。

 -競馬予想データ傾向分析

error: 操作することができません!