マイラーズカップ2022予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

      2022/07/05

マイラーズC予想の基本的なデータ傾向を解説します。この傾向に沿うことで馬券が絞れ重視目に絞った馬券の買い方を意識してみてください。

マイラーズCデータ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~5人気馬が好走しやすい
  2. 4~5歳馬が好走の中心も7歳以上でも激走している
  3. 2~5番人気の妙味が高い傾向が見られる
  4. 追い込み脚質はやや不利となっている
  5. G1レースで掲示板に入った馬がいれば重視する

上位でも1~5番人気が好走しており9番人気までなら十分なチャンスを感じさせる。
ただ、2ケタ人気は絶望的であるため、まずは上位人気の組み合わせからオッズバリューを求めたい。
6番人気以降に狙い目の馬がいれば配当妙味の高いレースになるだろう。

データ適合率が高い馬

カラテ、エアファンディタ、ホウオウアマゾン、ケイデンスコール、ヴィクティファルス、エアロロノア、ファルコニア

前走が芝マイル戦だった馬は分が悪いのか?

重賞レースで見ていくと、G3の東京新聞杯やダービー卿CTなど手薄になりがちなレースが多いことが分かる。

基本的にはレースレベルの問題と考えるべきだろう。G2レースの実績馬に太刀打ちできないのも無理はない。

ケースバイケースで見ていくべきで、分かりやすい上がり馬が出走した時など柔軟に対応するのがベターだ。

近走で1着がある馬が好走しやすいのか?

G2レースと言っても、実績馬ばかりで出走が埋められるわけではない。最近はG1レースへ直行という選択肢もあるからだ。

その点から近走で勝ちあがってきた上がり馬のように勢いがある馬が引き続き好走するケースは少なくない。

ある意味では自然な流れとも言えるため、それほど注目に値するデータとは思えない。

下位人気にもチャンスがあるのか?

1~5番人気の好走が堅調であるため、あくまでメンバー構成で見ていくべきだろう。

上位がアテにしづらいような構成になれば下位人気にもワンチャンスが生まれてくる。逆に堅そうなら無理するべきでない。

レースの質が分かるラップウェーブAI分析

マイラーズC2021

過去のレースラップを比較すると、タイム差は見られるものの、ラップウェーブの波形は安定しているのが分かる。

基本的には、一息入れてからの4ハロン戦で段階的に加速していくため、末脚に定評のある馬を狙いたい。

19年くらいペースが緩むと追い込み馬にとっては厳しいレース展開になってしまう。

そこまでラスト1ハロンも落ちることがない点から、中団くらいには位置取りたいレースと言えそうだ。

シン・競馬新聞

 

AI競馬新聞なら自分の能力で勝てる

いまのネットマーケティングでは、ラクして儲けようとする人たちが一斉にカモられるようになりました。

そういう導線の広告を出すことがカンタンになっており、悪質業者が後を絶ちません。

そういう負の連鎖にハマるとカンタンには逃れられないのがターゲティング広告の恐ろしさと言えるでしょう。

私もかつてはカモの一員でした。何百万円と失ったからこそ分かった学びがあります。それは、

努力の成果を最大化するものなら存在する

ということでした。

この世界で本当の成果を生み出しているのは、「0を1にする」ようなものではなく、「1を2にも3にもする」ものだったのです。

少しの努力で最大の成果を得る。これが最も理にかなった優良サービスに巡り合うためのコツと言えるでしょう。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

競馬予想はデータ分析の質に比例することが分かってきました。しかし、今日まで99.9%の競馬予想はデータ分析が行われていません。

自動でデータ分析をしてくれるAI競馬新聞があれば、初心者でもUMAJOでも少しの努力で最大の成果を得ることも可能になりました。

AI競馬新聞には、業界最高エージェントが競走馬のデキや適性を助言してくれたり、プラス収支を達成しているメンターの見解を知ることができます。

このようなクラウドの仕組みを持つAI競馬新聞は、多くの専門家が質の良い情報を共有することで品質を高めてきました。

競馬の税金裁判になった高額的中に結びつくアルゴリズム化に成功した唯一のサービスになります。

シン・競馬新聞 - 専門紙を補完する予想サポート

 - 競馬予想AI