青葉賞2018予想データで穴馬的中!

   

どうもデータ部の蒼井です。いよいよクラスター分析が始まり、今までにない次世代競馬の布石になるだろうという手ごたえをつかんでいます。

馬券の回収率を最大化するためには、競走馬を緻密にクラスタリングして、その走りを予測し、的確な購入アクションへとつなげる必要があります。

そのために正確な格付けの評価基準が必要なのですが、競馬には明確な基準というものが存在しません。競馬は1着になることを競うのであり、時計の速さを競いあっているわけではない。

そこが評価を難しくしている所で、これがないため競馬予想はカンタンにならないのです。これが出来れば予想時間を短縮しながらも回収率を底上げすることができる!

今まで成しえなかった超効率的データランクを投資競馬で実現させることで新しい可能性を切り開いていきます。

青葉賞データ傾向

青葉賞は、東京競馬場の芝2400mで行われるダービートライアルレースになります。

過去の青葉賞レースラップを比較してみると瞬発力が必要なレースであることが分かります。そこまでペースが上がるケースは少なかったのですが、近2年はタイトなペースになり地力が問われる展開でした。

そういった点からスタミナと瞬発力が求められるレースになりやすく、しっかりとした脚を最後まで残すことができなければ上位決着に顔をだすことはできません。

あまり日本ダービーへと結びつかないイメージですが、後続に2馬身以上の差をつけた馬は好走しやすいこから内容を吟味したいレースです。

青葉賞の予想見解

2018年のレースラップをAI予測してみましたが、青線を見ていくと例年のように瞬発力が必要な流れになりそう。

前半も極端に遅くなることはなさそうで、決着は2分25秒前後になるとAIは予測しています。まだデータが出そろった保証がない3歳レースなので、しっかり穴馬を吟味していく予定。

もし、青葉賞の有力な穴馬が分かればトップページかツイッター上で公開するかもしれないのでチェックしてね!

JRA-VANネクスト+人工知能=投資競馬

よく読まれている記事

no image 1
競馬必勝法はあなたの中に存在する - 勝ち組5%の法則

10年プラス収支を公開証明した投資競馬は【投資の原則】【成功の法則】【人工知能( ...

 - G2予想

最速30日間で身につく究極マインドセット【無料購読】


競馬予想力だけで勝とうとするほど負けてしまうのには科学的な根拠があった!

絶対的な差がつく『究極の思考』を手にいれて最終的には今なでになかったAI搭載の投資競馬システムを活用した最新の競馬予想を習得していただけます。

どのような情報か確認する