フローラステークス2022予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

      2022/07/05

フローラS予想の基本的なデータ傾向を解説します。この傾向に沿うことで馬券が絞れ重視目に絞った馬券の買い方を意識してみてください。

フローラSデータ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 1~2人気馬が好走しやすい
  2. 勝ち馬は1~5人気からでやすい
  3. 2ケタ人気の激走が見込める
  4. 追い込み脚質は不利となっている
  5. 2勝馬を重視する
  6. 1枠が好走しやすい

1~5番人気から勝ち馬はでやすいが2着以降は2ケタ人気が飛び込む波乱の余地があるレース。
そういう面から荒れ方が範囲が広いため、どう馬券を買うべきか悩ましいかもしれない。
基本ケースバイケースで対応して最善を尽くすしかないだろう。シンプルに買うことも考えたい。

データ適合率が高い馬

ルージュエヴァイユ、シンシアウィッシュ、マイシンフォニー、ラスール、ヴァンルーラー

2勝馬が好走しやすいのか?

オークストライアルということで実績馬ほど本番直行するため、2勝馬に優位性があるのは自然な流れと言える。

さらに好走率の高いキャリア3~5戦に該当する馬であれば期待値が高いと考えても良さそうだ。

内枠が好走しやすいのか?

開幕週に行われるという点から、内枠のバイアスが強くでても不思議はなさそうだ。

エアレーションをしても、あまり十分な効果がでていないのかもしれない。とらえず土曜の競馬で判断しておきたい。

前走で1800m以上の距離を経験している馬が有利なのか?

マイルに適性のある馬が、そもそも出走しにくいという見方ができる。翌週にはG1レースNHKマイルCがあるからだ。

層の薄い所から出走してきても好走が見込めないのは当然と言えるだろう。必然的に中距離経験馬が好走を占めるはずだ。

上がり3ハロンタイムが速い馬が有利なのか?

あまりペースが上がるイメージの薄いレースだけに、ラスト3ハロンタイムは速いに越したことはない。

直線も長いコースという点から追い込みが決まり1着になることも珍しいことではなかった。

レースの質が分かるラップウェーブAI分析

フローラS2021

過去のラップウェーブから分かることは、前半のペースはゆったりになりやすいということ。

レース中盤で大きめにペースが緩むため、後半はゴールに向けて瞬発戦の色合いが強くなっていく。

どちらかと言えば体力的な面よりも速力が問われやすいレース構成になっていると言えそうだ。

脚質では、先行と差しが有利になりやすく、逃げは一瞬で抜かれることで抵抗しにくいぶん好走率が目に見えて低い。

基本的にはデータ傾向に沿って馬券を構築していくのがセオリーになる。

シン・競馬新聞

 

AI競馬新聞なら自分の能力で勝てる

いまのネットマーケティングでは、ラクして儲けようとする人たちが一斉にカモられるようになりました。

そういう導線の広告を出すことがカンタンになっており、悪質業者が後を絶ちません。

そういう負の連鎖にハマるとカンタンには逃れられないのがターゲティング広告の恐ろしさと言えるでしょう。

私もかつてはカモの一員でした。何百万円と失ったからこそ分かった学びがあります。それは、

努力の成果を最大化するものなら存在する

ということでした。

この世界で本当の成果を生み出しているのは、「0を1にする」ようなものではなく、「1を2にも3にもする」ものだったのです。

少しの努力で最大の成果を得る。これが最も理にかなった優良サービスに巡り合うためのコツと言えるでしょう。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

競馬予想はデータ分析の質に比例することが分かってきました。しかし、今日まで99.9%の競馬予想はデータ分析が行われていません。

自動でデータ分析をしてくれるAI競馬新聞があれば、初心者でもUMAJOでも少しの努力で最大の成果を得ることも可能になりました。

AI競馬新聞には、業界最高エージェントが競走馬のデキや適性を助言してくれたり、プラス収支を達成しているメンターの見解を知ることができます。

このようなクラウドの仕組みを持つAI競馬新聞は、多くの専門家が質の良い情報を共有することで品質を高めてきました。

競馬の税金裁判になった高額的中に結びつくアルゴリズム化に成功した唯一のサービスになります。

シン・競馬新聞 - 専門紙を補完する予想サポート

 - 競馬予想AI