京成杯オータムハンデキャップ2020予想データ傾向分析

      2019/10/01

京成杯AH予想オッズ1番人気はグルーヴィット!?人工知能(AI)クラスリビルドを役立てるためのデータ傾向を検証していこう!

京成杯AHは荒れやすい

ここから秋のマイル路線へと駒を進める3歳馬もいて富士ステークスへステップアップをしていくパターンが多い。

近年になると1番人気が好走するなど低めの配当も見られるが混沌としやすいマイル路線だけに出走馬次第と言える。

重賞ハンデキャップレースでありオッズが割れやすいため難易度の割に配当がつかないということもありそうだ。

中山競馬場の高速馬場化で急坂の存在感が失われており、あまり意識する必要はないだろう。

関東馬が優勢

新潟競馬場で行われた2014年こそ関西馬が勝ったが中山開催での勝率は関東馬が圧倒している。

近年は中山コース軽視の風潮があり関西馬の経験値が少ないことが影響しているのかも知れない。

馬券の軸馬を決めるなら関東馬から選ぶのが無難であり馬券攻略のセオリーになると言えそうだ。

関東騎手が活躍

おむすび型の中山競馬場はトリッキーと評されるように経験の少ない関西騎手は苦手な傾向が強い。

近年では、田辺裕信が3勝していることから思い切りの良いタイプとの相性が良い傾向が見られるようだ。

トリッキーなコースには、トリッキーな対応力がある横山典弘などのベテラン騎手も活躍が見込める。

京成杯AHレースラップ傾向

決着タイム予測:1.32.3(良)

京成杯AHは、中山競馬場の芝1600mで行われるハンデキャップのG3重賞レース。

例年のレースラップ傾向から持続ペースになりやすく速いタイムが計時されることが珍しくない。

それでいて速い上がり3ハロンタイムも速くなることから決め手も必要となりオールマイティな能力が問われる。

近年は決め手があれば差し脚も利くようになっており、以前のように先行力だけで乗り切ることができない。

雨が降るとガラリとデータ傾向が変わることもありそう。データが少ないため雨が降るほど予測しづらくなる。

京成杯AHの穴馬パターン

2~3番人気が勝ちやすい点で高配当が見込めるレースだが、そのぶん狙いは絞りづらいレースと言えるだろう。

開幕週に行われることから穴馬はコースロスなく回ってくる内~中枠から選んでいきたい。

基本的に若い馬たちの好走が目立つが7歳馬が激走することもあり過小評価では拾うのが吉。

京成杯AH予想まとめ

低調なマイル路線ということでファクターの影響度で決着順位が決まってきます。

ただ強いという視点のみならず、どの馬に恩恵がもたらされるかに注目しましょう。

競馬には強さを示す指標がありませんので強い弱いで判断していくと本質を見失いかねません。

関連レース:富士ステークス

ファイルダウンロード

 

JRA-VAN NEXTデータファイル

7兆円の資産を形成した最強の投資法「バリュー投資」で投資競馬を始めるためのJRA-VAN NEXT専用データファイルはこちら!

JRA-VAN NEXTはこちら

▼インストール方法
メニューの右側にある「設定」⇒「バックアップ・復元」からファイルを選び復元して下さい。

“JRA-VAN NEXTデータ分析ファイル” をダウンロード JRA-SecretFile.bak – 15907 回のダウンロード – 2 MB

更新のお知らせ

メールアドレスを登録しておくとファイル更新などを通知します。

スプリンターズS的中!重視して買える喜びの声ゾクゾク

 - 競馬予想データ傾向分析