阪神カップ2024予想ポイント!10年プラスの過去データ傾向やレースラップの特徴まとめ

      2023/12/24

阪神カップ2024予想で知っておかないと大損するかもしれない馬券的中のポイントを挙げていきます。データ分析の質は競馬予想力に比例する!最も基本となる過去レース分析に焦点を当てた統計分析を行います。

データ攻略

データ傾向から分かった傾向を羅列していきます。

データポイント
  1. 2~5番人気が好走しやすい
  2. 1番人気の信頼性は低め
  3. 関東所属馬が優勢
  4. 3~6歳馬が中心
  5. 追い込みはハマり待ち
  6. 前走グレードは高い方が有利
  7. 中4週以上の出走間隔がベター

データ該当馬

ママコチャ、アグリ、グレナディアガーズ、ララクリスティーヌ、ウイングレイテスト、エエヤン、ロータスランド、ピクシーナイト

馬券の買い方を絞るレースラップ診断

阪神カップ2024予想
過去のレースラップを比較ではスタートから200m走ると坂を下るためスローペースにはなりにくいためか好位からの差しタイプが好走していた。ハイペースの頻度は多くなくミドルからやや速めのペースが主流となっているため追い込みが届きやすいというわけでもなさそうだ。

できれば4コーナーまでには9番手以内に収まっていないと差し損ねる可能性があるため脚質タイプは重視したい。逃げ残れるのはスローからミドルペースまでとなっており、どちからと言えば残りにくいレースであると言えるだろう。

やはり3~4番手あたりの好位グループが一番得をするポジションであることが分かっており軸馬では意識しておきたい。

阪神カップ2024予想まとめ

近年は1番人気が苦戦。6番人気以下の台頭が平然と起こっている様子を見ればカンタンにはいかないことが分かる。上位人気でお買い得になりやすいのが3番人気馬で勝率・連対率ともにトップ。1番人気にピントこない時は決め打ちで買っておくことも考えておきたい。

競馬データの特性から穴馬を狙って当てることは容易にはいかない。なぜなら、強い馬を見極めるためのデータということが前提にある。上位人気が理解できないレースでは、当然ながら下位人気馬はもっと理解することができない。

この時期にしては年齢による好走の幅が広くヒモは広めに取ることをおすすめしたい。この時期は馬場によるバイアスが働きやすいこともある。変則開催であれば重視したいポイントだ。荒れやすいと言ってもG1連対歴のある馬は好走率が高く逆らわない方が賢明でケースバイケースで考えたい。

過去に好走いたリピーターが目立つレースでもあり、該当馬は無条件で馬券に入れておくのがいいだろう。基本的に定量戦であるため実績馬が優位に立ちやすい。その点を踏まえてオッズメリットのある馬を重視しよう。

■今週の重賞レース
有馬記念

URA競馬新聞

 

競馬で勝てる、たった1つのロジック

競馬予想で勝つ方法はこれしかありません。それは【現在」をデータ分析すること。

過去データを見て予想が上手くいくわけないのです。なぜかって!?そのシンプルな理由を今から解説します。

それは、省略された過去データで予想しているからです。現在を構成する情報が何か考えてみてください。気温や風の変化、馬場や競走馬の変化、調教師や騎手の心理的な変化もお互いに作用しています。

それなのに、ギリギリまで削り取られたデータだけで予想するのだから上手くいくわけがない。つまり、その逆をいけば競馬で勝つことができるわけです。

そう誰も手をつけられなかった当日のデータ分析で変化に沿って馬券を構築すること。現在を知るデータ分析のハードルは高いです。なぜなら、理論から構築する必要があるからです。

あえて前人未踏の地に踏み込むことにしました。そのために1億円と10年の研究を必要としました。そして、ついにAIを取り込んだアプリを完成させることができました。

2年目の初心者が3連複 2,211,300円を的中

詳しくは下記サイトをご覧ください。あなたがもし、このシステムを使いこなすのであれば、再現性のあるリターンを手にすることができるでしょう。

中央競馬サイト【Umapp】スマホAI攻略速報アプリはこちら

 - 競馬予想AI

error: 操作することができません!